「ボヘミアン・ラプソディー」観に行かなくちゃ | 目からウロコの異文化交流

目からウロコの異文化交流

―日本語教師のつれづれ日記―


テーマ:

シンガポールのDさんから連絡があり、今日のレッスンがキャンセルになりました。

 

さて、空いた時間をどうしようか腕組み

話題の映画「ボヘミアン・ラプソディー」を観に行こうかな。

 

大好きなQueenだけど、映画に出てるソックリさんを観てもねぇ。

テレビで見たフレディ役は、ちょっとミックジャガーが入ってるきゃぁ~

 

でも、彼らのストーリーをもっと知りたい。

それに音楽は本物だから、やっぱり観に行くことにしよう。

 

過去のブログにこんな記事を書きました。

以下、抜粋です。

 

私が本当にQueenを好きになったのはコンサートに行ってからです。
もちろん、その前から知っていましたが…

ずっと前から思っていました。
イギリスのグルーブが女王陛下を名乗るとはアップ叫び見上げた根性だとウィンク

「Queenは最高ドキドキ
と職場の仲間が騒いでいましたが、私はあまり関心がありませんでした。
やがて私は職場を去り、スペインのマドリッドへ。

ここで語学学校に通いスペイン語を勉強しました。
学校では仲間たちと毎日楽しくやっていました。

ある日みんなでQueenのコンサートに行きました。
なんせスペインですから、盛り上がる盛り上がる!!

みんなでタバコはスパスパ、どこからか酒が回ってきてはラッパ飲み爆笑
こんなの初めて叫び

Queenの演奏とフレディ・マーキュリーの歌声に魅了されました。
完全にやられました。
ボヘミアン・ラプソディのときは涙が出そうに。

コンサートが終わってからは、なぜかみんなはスペイン語ではなく英語でしゃべってましたね。
ブリティッシュロックのあとはやっぱね~ウィンク

"He is so sexy!!"
とはしたないことを口走っていた私、しかもデカイ声で。

だってね、はじめフレディはシャツを着てたんだけど、それを脱いで上半身ハダカ。
これ、彼のトレードマークみたいなものですね。

そして真っ白いタオルを首にかけて歌う姿はカッコいいったらないきらきら
 

…というわけで、やっぱり映画観に行かなくちゃね。

 

ペタしてね

きみえさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス