初めての店で飲む | 目からウロコの異文化交流

目からウロコの異文化交流

―日本語教師のつれづれ日記―


テーマ:
ハロウイン当日、道玄坂の塚田農場という居酒屋で飲みました。
何度も看板を目にしているのに入るのは初めて。
 
店のウリは宮崎は日南の料理。どうりでお通しに鶏だしスープが出てきたわけだ。

 

ということで店一押しの鶏の炭火焼

image

レアなのは鮮度に自信があるからか。

 

ごぼうチップスはクセになります。

 

私はコロナビールを注文。

夫は焼酎のお湯割り。

 

注文しなかったけど、妙なネーミングの料理がメニューにありました。

アヒージョにチーズが入って、アチージョだってきゃぁ~

 

山せみという名の料理。

image

えのき茸の上につくね、そして卵の黄身。

 

店のオネエさんがこんなふうに切ってくれます。

シャキシャキして美味しいけど、えのき茸が歯に挟まるんですよね汗

 

 

 

肉巻きおにぎりもつ煮込み

 

スイーツは特製プリン

驚くほど濃厚な味でした。
 
表面がパリパリで夫曰く
サラリーマン 割れたワイングラス食べてるみたいだねぇ
 
私 食べたことないくせに、よく分かるねぇ
と返したものの、実は私、前日にお気に入りの赤ワイングラスを割っちゃたんです。
 
夫が私への当てこすりで言ったのは分かっております。はいおじぎ

 

ペタしてね

きみえさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス