つくづく遅れてるなぁ | 目からウロコの異文化交流

目からウロコの異文化交流

―日本語教師のつれづれ日記―


テーマ:

今年はJLPT(日本語能力検定)を受ける生徒さんが3名います。

 

その昔、受験の申し込みは郵送でした。

書店で買った願書(確か500円ぐらい)を買って生徒さんに渡していました。

 

添付する写真は撮らなくちゃならないし、そのサイズがどうのこうの。

受験料は郵便為替(だったような)にして、願書と一緒に封筒に入れ、宛名を書き、切手を貼って出さなくちゃならない。

 

めんどくさいったらありゃしない!!

って生徒さんが自分でするんですけどねウィンク

 

最近はネットで申し込みができるので楽チンです。

写真だってスマホの自撮りがそのまま使えます。

 

以前は生徒さんが願書一式を持ってきて「これで大丈夫?」と聞かれることもありました。

でも、今は私が手助けすることは、めったにありません。

便利になりました合格

 

今年は願書受付の締め切りが例年より早くなり、生徒さんに知らせるのがギリギリでした汗

12月に受験するのはN1、N2、N3が1名ずつです。

 

リスニングは聴解力がある生徒さんには教材を渡して各自でやってもらいます。

ところが、これがいまだにCDなんですよ叫び

 

現在、受験する生徒さんでCDプレイヤーを持ってる人はいません。

昔は本とCDを渡すだけでよかったんですけどね。

 

リスニング音声は全て私のPCに入れてあるので、同じ級を受ける人が複数人いるときはコピーCDを作りました。

けれども今は生徒さんからUSBメモリを預かって私のPCから吸い取って(?)います。

 

ところが、生徒さんの持ってくるものが容量不足で入れられないことも。

そんな場合は私がSDカードに入れて持っていき、生徒さんがPCに取り込みます。

 

今どきCDはないだろうむかっと思うのは私だけかしらん。

ネット上で簡単にダウンロードできるようになったら楽チンなのに。

 

というわけで、つくづく遅れてるなぁと感じる今日この頃でございます。

 

ペタしてね

きみえさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス