イカの軟骨? | 目からウロコの異文化交流

目からウロコの異文化交流

―日本語教師のつれづれ日記―


テーマ:

今年は例年に比べて本当に寒いさむい。

 

でも子どもの頃はもっと寒かったような。

静岡県出身の私

私 水たまりに氷が張って、バリバリ踏んで遊ばなかった?

 

島根県出身の夫

サラリーマン オレたちのとこじゃが積もるんだぞ!!

右上矢印なぜかエラそうにきゃぁ~

 

サラリーマン 晴れてなきゃそんなことできないじゃんむかっ

 

冬の山陰は極端に日照時間が少ないのに、太平洋側は天気がいいのは不公平だと夫は常々言っております

これで税金が同じなのはおかしいとまで。

 

でも、思い直して

サラリーマン だけど、たまに氷踏んで遊んだな。水分が地面に沁みて氷の下はスカスカでさ

 

私 ううん、私のとこは氷が薄いから下は水だったよ。ヘタすると靴がびしょびしょになる

 

サラリーマン 氷の表面にはイカの軟骨みたいなのがあってさ

 

私 うんうん、細くて白い亀裂が入ってたね

 

サラリーマン そのイカの軟骨を取り出して手に持って遊んだよ

 

私 そんなに厚い氷じゃなかったから、そんなことできなかった汗

 

夫はなぜか嬉しそう、冬は寒い方が勝ちだと思っているようです。

私の小中高時代には教室にはストーブがなかったから寒かったなぁ。

 

でも、職員室だけは石炭ストーブでガンガン温めていたっけ。

今はどうなんだろうか腕組み

 

な〜んてことを朝ご飯を食べながら二人で話しておりました。

 

ペタしてね

きみえさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス