淡路島のお宿 | 目からウロコの異文化交流

目からウロコの異文化交流

―日本語教師のつれづれ日記―


テーマ:

先日淡路で泊まったのはホテルニューアワジ 別邸「夢泉景」でした。

 

ニューアワジは関西では有名らしい。
神戸にいる息子が毎週欠かさず観ている「吉本新喜劇」でCMが流れるとか。
 

お風呂がそれぞれテーマに沿ったデザインで楽しいんです。

私は「くにうみの湯」「棚田の湯」に入り「天空の雫」からは日の出を拝みました。
 
さてさてホテルの夕食もよかったですよ。
まずは淡路の地ビールで乾杯。
{30381143-7C02-45CB-BBB0-2FC5C751846D}
左は古代米で作った食前酒。
 
酢の物と冬の旬菜取り合わせ。
{646FFDE9-7D31-4434-87D6-71A5D9C226AA}
しっかり明石タコや鳴門金時が使われてますね。
 
淡路牛のしゃぶしゃぶ。
{A1E3538C-2221-4389-9771-83A1F22D167A}
 
淡路鯛の姿造り、豪華でしょ。
{43A4AFEC-A348-4090-A109-E8CA50CD083C}
カンパチ、太刀魚、サザエも。
 
野菜の炊合せは優しいお味。
{8088A524-FAC2-40AB-90BB-FF91D8288DB0}
 
熱々の天ぷら。
{12AAFBCE-B8AC-4AD2-A215-14876A1D8F06}
淡路玉ねぎは夫に食べてもらい、鳴門金時とレンコンは美味しくいただきました。
 
鯛一匹丸ごと使った贅沢な一品、海鮮宝楽焼き。
{AA2B62FD-0E5A-4DBC-B75D-1F8F2F38A03F}
鯛の身が驚くほどふっくら、しっとり合格
 
〆のご飯は淡路産の鮎原米。
{8A1317DC-7195-4C6C-98F8-26D46E362331}
そして香物、赤出汁、そしてフルーツ。
 
地元の食材を活かした美味しいお料理の数々でした。
こんなにいっぱい食べちゃ、体重も増えるはずだわ腕組み
 
ペタしてね

きみえさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス