さてロシア紀行後半戦は、サンクトペテルブルクからモスクワへ、特急列車で移動していきます。

サンクトペテルブルクの「モスクワ駅」へと向かいます。モスクワ駅?
実はロシアでは、列車の行き先ごとに駅が存在するようなのです。サンクトペテルブルクからモスクワへ向かう駅は、サンクトペテルブルク市内にある「モスクワ駅」なんですね。逆にモスクワからサンクトペテルブルクへ向かう駅は、モスクワ市内にある「レニングラード駅(サンクトペテルブルクのソ連時代の旧名)」なのです。
変なんですけど、ロシア人にとってはこれが当たり前の感覚らしいんです。
ピョートル大帝の胸像です。
 
欧州特急かっこいいですねえ!
こちらの方の列車に乗っていきます。
女性の車掌さんがいますが、切符とパスポートのチェックをします。荷物のセキュリティチェックは事前に行っています。
セキュリティは面倒ですけど、爆弾で列車ごと吹き飛ばされるよりはいい。日本も新幹線のセキュリティぐらいはした方がいいんでしょうけど。平和ボケしてるから、根拠なく平和と安全が続くと思い込んでいるからね。
4時間ほどの列車の旅です。見事に一直線w
とにかく景色は雄大ですね!
空が広い!雲も広い!
 
 
時々停車します。
雲と太陽がすごいね。
 
 
 
 
 
 
 
ちなみにサンクトペテルブルグで買ったお土産は、プーチンマトリョーシカでした。
中からはメドヴェージェフが出てきました。前大統領ですね。プーチンの手下です。
次はエリツィン、次はゴルバチョフ、次は多分ブレジネフだな?チェルネンコアンドロポフはなかったことにされたかw
これはペテルブルグの土産物屋さんの画像。やはりマトリョーシカは多種多様でした。
そしてプーチンも人気w 「強いロシア」を復興させた大統領として、ロシア人のナショナリズムに訴えるものがあるんでしょうねえ。
 
 
ということで、ロシアの首都モスクワに到着!
やはり大都会です。サンクトペテルブルクが京都なら、モスクワは東京ですね。
 
 
 
カラシニコフ銃を持つカラシニコフの銅像があったよ。

 

バスの中から偶然見かけたのは、「チェーホフの家博物館」です。ロシアの文豪チェーホフが、1886年から1890年の若き日を過ごした家です。

ちょっとでも撮影出来て良かった!

チェーホフはこの後、メーリフォヴォからヤルタと移り住み、歴史的な名作を生み出していきます。

 

モスクワ・オリンピックのスタジアムです。工事中かな?

 

さてモスクワ市内の観光をしていきます。
世界遺産「ノヴォデヴィチ修道院」へと向かいます。
 
公園を通りますが、この公園はチャイコフスキーが毎日のように散策した公園だそうです。
 
この池が「白鳥の湖」をイメージした場所だとか?白鳥、今はもう居なくなったっぽいね。
「ノヴォデヴィチ修道院」を遠望します。ネギ坊主の聖堂が、ノヴォデヴィチの中心の「スモレンスキー聖堂」です!
ここはピョートル大帝の異母姉にして、最大の政敵だったソフィア・アレクセーエヴナが幽閉された場所です。
怖すぎw
ソフィアは、ピョートル大帝幼少時から何度も抹殺を企み、一時は摂政として事実上ロシア初の女帝に君臨しました。(ソフィアは自分を刻んだコインまで発行させている)
 
しかしピョートルが身長2メートル以上にして、英明の堂々たる男に成長すると、形勢は逆転。ソフィアは修道院送りとなり、ここで失意のうちに人生の幕を下ろします。
 
 


ブログを読んでくださり、ありがとうございます!ポチッと応援よろしくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村