今朝、おばさんは3時に目が覚めてしまいました。

いろいろと複数の案件を抱えていて

夢の中でも仕事をしているようです。ショボーン

 

う~~~~ん、もう眠れない。

こんな時には「料理」をします。

煮込み料理とか、お菓子作りをします。

今朝はカレーを作りました。エビとしめじのカレーです。

 

実は昨日の夜

10月の始めから就職した青年に電話をしました。

発達の特性があると思われる彼のお仕事応援です。

彼にも仕事開始前に教えたことがあります。

「カレーライスシュミレーション」

段取りを教えるのに、おばさんが用いる教え方です。

 

やり方は簡単

「目の前にガス台だけあります。

今からカレーを作ります。何を準備しますか?」と尋ね

紙に書き出します。

「では、想像で作ってみましょう。」と言い

手順を順番に従って話してもらいます。

 

すると

「あ、水がなかった!」

「あ、お米を炊くのを忘れた!」

「あ、皿がない!スプーンがない!」

などなど、忘れ物が出てきます。

 

多くの人は、実際にカレーを作ったことがあります。

各家庭で中身にこだわりがあっても

このシュミレーションでは、具は気にしません。

 

終わってから

「仕事もシュミレーションだよ。

まず、準備するものを考える。書き出す。

頭の中でやっているところを想像し

忘れものがあったら準備する。

そうすれば、うまくできる可能性が高まるよ。」

と教えます。

 

発達の特性がある方は

段取りは苦手です。ここから先の想像力も苦手です。

でも、こうやって練習すれば、少しずつできるようになります。

 

カレーライスシュミレーションは

我ながら、なかなかいい考えだと思います。

 

そして、昨日の彼と

「前にカレーライスシュミレーションを教えたよね。

では、今の仕事で考えてみようか。」

と、ふたりで考えてやってみたのでした。

 

その影響が残っていたのか

今朝は作るなら「カレーだ!」と思ったのでした。

暗いうちからおばさんの家の換気扇からは

美味しそうなカレーの匂いがしていたはずです。

 

みなさんもお試しあれ爆笑