山田敏夫先生の特別講義を行いました。 | 目白ファッション&アートカレッジのブログ

目白ファッション&アートカレッジのブログ

学校での出来事や、ちょっとしたファッションニュースを発信するブログです(ර⍵ර)✧


テーマ:

 

先日、ファッションブランドファクトリエ代表・山田敏夫先生にお越し頂き、特別講義を開催しました😄

 

 

 

まず、ファクトリエさんについてご紹介します😊

ファクトリエさんの服は日本製に拘っており、

流行と関係なくずっと着られるようなベーシックなデザイン作り手の想いを大切にしています✨

それにより、愛着を持って本物の丈夫な良いものを長く使ってもらうとこととなり、

それがやがて環境日本の工場・そして技術とそこで働く人々を守ることにつながっていくからです🌼

それこそが「日本のものづくりが本当の意味の世界のブランドになる」ということなのですね😍

 

 

 

 

そういった、様々な想いのこもった会社を創り上げられた山田敏夫先生!

それはいったいどういう経緯だったのでしょうか!?(^v^)

ご紹介します✨

1917年創業の老舗婦人服店のご子息として誕生し、

日本製の製品に囲まれて育った山田先生。

そして大学在学中にフランスへ留学されました
ところが留学した初日にスリにあい、なんと一文無しに💦

普通はそこで泣き寝入りして日本に帰ってしまうところですが、山田先生は違いました🌟

何度もアルバイトの面接に行き有名高級ブランドのパリ店でアルバイトとして採用。

最初は地下のストック整理・ギフトラッピングなどの末に店舗に立つことができました🔥💪

その際、「日本製か?著名な高級ブランドも本物は工房から生まれた。なぜ日本は表層だけを気にしてどこ製かを重視しないのか」

と問われ、これが大きな転機となり、「日本のものづくりから本物のブランドを作りたい」と思うようになったそうです✨

 

 

そして様々な困難を乗り越えて会社を発展させる中で

大切にされていたことについて、お話ししてくださいました(*^-^*)

その中でぜひ学生の皆さんに参考にしてもらいたいのは

「人間の唯一コントロールでき事は行動だ。行動を放棄したら人生を誰かに委ねてしまうことになる」という言葉!

製作や課題、勉強、早起きまで…色々と目標を立てて決意していても、三日坊主という言葉があるように

「まー、1日くらい良いかぁ。明日やろう」っとなってしまう事ありますよね?!(^^)!

でも後で「やっとけば良かった」後悔してしまうもの・・・( ;∀;)

山田先生は会社を立ち上げた頃、4万の家賃の家を借りてアルバイトもし・・・という生活が1000日間続いたそうです💦

その期間中のなんと全1000日間、どんな時でも欠かさず手紙を書くことを続けました!!

決めたことをやり抜くという事は本当に大変なことですが、やり切ることでそこから人脈がうまれたとのこと😃

ぜひぜひ見習いたいですね(≧▽≦)

 

↑真剣な表情!!👀

 

 

その他にも様々な実体験を踏まえて

「温度を上げていくためは、どんな環境を選ぶか。」

「生きるためにお金を稼ぐのではなく、生きることは目的に対する手段であり、人生は命を使ってどれだけ幸せになれるか。」

「リスクはあいまいな言葉で、やるリスクだけでなくやらないリスクがあることを知らない人が多い。やるリスクは計算できるが、やらないリスクは人生をゼロにしてしまうので、やらないリスクの方が大きい。」

「人と比較してはいけない。比較することが不幸の始まり。」

などなどファッションの仕事や人生全体においても

知っているか知らないかで大きく変わる様々な本当に大切なことを教えてくださいました✨(≧▽≦)

 

学生も話に引き込まれ、目を輝かせ、時に驚きながら聞き入っていました✨✨

感動でウルウルしていた学生も(*´ω`*)

たくさんの学生の心に深く響いたようです\(^o^)/

 

 

 

 

貴重な講義を本当にありがとうございました!!

 

ファクトリエのホームページはこちらをクリック☆彡

さらに山田敏夫先生 著書 『ものがたりのあるものづくり ファクトリエが起こす「服」革命』

も大好評発売中です♪(*^▽^*)

 

 

目白ファッション&アートカレッジさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ