ヤマトクローラー インプレ | メイユーの北部九州バス釣り探究記(筑後・柳川クリーク、佐賀、熊本、大分など)

メイユーの北部九州バス釣り探究記(筑後・柳川クリーク、佐賀、熊本、大分など)

福岡・佐賀を中心とした北部九州で釣りをしています。
バス釣りは9割がオカッパリです。

メインフィールド
・筑後〜柳川周辺のクリーク
・野池、ダム
・筑後川、宝満川
・熊本〜大分

・トラウト釣行記
・タックルレビュー
など

こんにちは。

 
 
今日は2016年シーズン中に使い始めたルアーの中で最もホットだった、ヤマトクローラーについて書いていきます。
 
 
最近、このルアーへの注目度が高まっていまして。
検索ワードにもヒットしたり、質問なども頻繁にいただくようになったため、現時点で自分が感じていることを書いてみます。
 
 
いつものように個人の感想・自論ですので、参考までにお願い致します。
 
 
またどちらかと言うと、このルアーを知らない方や使ったことがない方向けの内容で書いていきますので、既に持っていて実績をあげている方に対しては参考にならない内容かと思います。その点もご了承ください。
 
 
 
○ヤマトクローラー(愛称:ヤマクロ)とは
 
 
 
{5D9D86EF-1BC8-43EE-AB5E-B488622FED68:01}

 
 
 
ヤマトクローラーとは、
四国の釣具屋・ヤマト屋さんが九州のハンドメイドルアーメーカー・スキルフルさんと企画・製作したクローラーベイトです。
 
ヤマト屋店長さんのブログによりますと、
アカシブランド×ノリーズの作品である「ウォッシャークローラー」を叩き台として作られたのが始まりのようです。
このウォッシャークローラーはウッド製ですから、やはり高価な上に大量生産できず、欲しいときに買えないという弱みがあったようです。
ウォッシャークローラーの凄まじい釣獲力を再現しつつ、ウッドに代わる別のもので考えたのが始まり。
それがスキルフルさんが持つ素材技術である発泡ウレタンだったわけですね。
スキルフルさんのファンでクランクベイトを多用している方々(主に九州のクリークや東北八郎潟などに多数いる、クランクオタクと呼ばれるような方々)はお分かりのように、この発泡ウレタンが作り出すアクション性能は、浮力を活かしたウッドに近いレスポンスと波動。
むしろウッドにもプラスチックにも出せない特殊な波動であることはご存知の通り。
※この話をするとこれだけで長文になるため、ここでは割愛させていただきます。良かったらスキルフルさんのホームページなどで読んでみてください。
 
 
 
○アクションの性質・方向性
 
ヤマトクローラーが目指したのは、ウォッシャークローラーの強みを継承した、巻きで使った時に最も魚を寄せる力があるクローラーベイト。
フィネス的な小技を効かせるような味付けを考慮した方向性ではないということです。
巻くことで真価を発揮するルアーであると言えると思います。
 
前述の発泡ウレタンを用いたボディからくるレスポンス、に加えて個人的に効果的でだと感じているのが、ロールアクション。
他のクローラーベイトを使い込んでいないためはっきりとは言えませんが、アクションを見る限りではクローラーベイトでここまでロールアクションが入るものは他にない(少ない)と思っています。
バーニングヒロシこと山﨑 大プロがJB九州の北山戦をこのルアーで制したのは記憶に新しいところですが、その山﨑さんもファーストインプレッションで「ロールが入るのが効いてる気がする」と書いていたのを覚えています。
この絶妙なロールアクションと発泡ウレタンの波動こそが、他の羽根モノとの違いなのではないかなと現時点では感じています。
 
また、デッドスロー専用を謳う機種が台頭する中で、
ヤマクロはスローでもファストでもしっかりアクション性能を損なうことがなく引いてこれるのも強みです。
手早くチェックするときはノーマル〜ファーストスピードのリトリーブ、ピンをしっかり見せたい時はスローリトリーブという使い分けで実際に結果が出ています。
 
 
 
{85B4712B-966A-46E4-A4AA-F7DE4E8D4E6B:01}
参考:
近距離ピン撃ちで出した、プリの2キロフィッシュ
 
 
 
ただおそらく、アベンタクローラーGTなどの、いわゆるデッドスローリトリーブで羽だけが微妙に動くようなアクションは少し難しいです。
この狙いをしたい方は、アベンタ系を使用したほうがいいかもしれません。
 
 
 
○サウンド
 
サウンドは、羽のカポカポ音と後部に装着されたペラのカショカショ音の複合サウンド。
このペラは主張しすぎない程度にサウンドに干渉してくれるのと、引き波に変化を与えてくれているように思います。
ペラがメインのルアーではないため。
発泡ウレタンゆえにボディ自体はサイレント。ラトル入りのポンパドールがノイジー寄りなのに対して、どちらかと言えばフィネス寄りな感じです。
 
 
 
○使いどころ
 
バスがいるところなら全て…と言いたい所ですが(笑)
私が現時点で特に結果が出ているのは、近距離のピン撃ちです。
ちょっとした変化のある地形や、杭や立木の際、オーバーハングの下、護岸のエグレなどのピンスポットを短距離で狙い撃ちする釣り方。
魚がついていれば一撃で浮かせて食わせる力を持っています。更にそういう場合は、一級スポットに陣取る最大サイズから先に引き出せている印象が強いです。
ただ、これは私がクリークをメインにしているからということもあるかもしれません。
大規模なダムや大場所、フラットを広く探る釣りでも…上記アクション性能とサウンド性能から来る遠くの魚まで寄せる力で、結果が出ているようです。
時間の都合上、私自身はまだダムなどでは検証ができていませんが。
クリークでも、大規模な筋を広く探る釣りでも結果は引き出せています。
 
 
 
そういうわけで、現時点で私がヤマクロについて感じていることを簡単にまとめてみました。
 
 
このインプレを見て、欲しい、使ってみたい、という方がいれば幸いです。
 
 
そうそう、一番大事なのは、信じることです。
私はこのルアー、初めて使った時から疑ったことがありません。毎キャスト、出るんじゃないかな〜と思いながら引いてます(笑)
そうすると出なくてもドキドキが楽しめますし。楽しくバス釣りができます。
信じて使った人にはきっと結果がついてくるルアーだと思いますよ。
 
 
まあこれは、ヤマクロに限らず他のルアーにも言えることかもしれませんが^ ^