公立高校入試-数学 | 個別指導 明徳学館 千鳥教室 オフィシャルブログ  

個別指導 明徳学館 千鳥教室 オフィシャルブログ  

古賀市にある個別指導明徳学館千鳥教室での
日々の出来事や学習法、お知らせなどをお伝えしていきます!!


テーマ:

古賀市の個別指導学習塾、明徳学館です。
一人ひとりを大切に古賀市内で21年
個別指導一筋で行っています。

 

 

こんにちは、Hです流れ星

 

先日行われました、公立高校入試についてお話ししようと思いますメモ

 

前回のブログでも少し触れましたが

数学の問題では、過去問には無かった問題が出題されていたので

その問題についてお話しします。

 

 

今までは大問1で計算問題、

大問2で連立方程式を扱う問題でしたが、今回は「確率」が出ましたえっ

 

 

今ちょうど中学2年生の皆さんが習ってる分野ですねにひひ

 

よく耳にする確率と言えば、降水確率がありますね耳

 

0~100%から表わされるもので、0%は絶対に起こらなくて

100%だと必ず起きる、という事を示していますメモ

 

 

 

今回の問題では、問題文をしっかり読み

2つの取り出し方の違いが理解できると解けたのかなと思います走る人

 

ただ、その違いは「確率」の分野でとても大事なので

「確率」が苦手な生徒や、2年生の皆さんには

ぜひ解いて欲しいです!!

 

 

問題は、袋の中に2種類の色のボールが

異なる個数(赤2個、白1個)で入っており

そこからボールを1個取り出し、それを2回行い

取り出したボールの色が異なる確率を比較する問題でしたサーチ

 

 

ボールの取り出し方により①、②と分けられていました

 

①では、取り出したボールを確認して、袋の中に戻す

 

②では、取り出したボールは袋に戻さず

2個目を袋から取り出す

 

①、②の1個目のボールの行方が

違っているのが分かりましたかはてなマーク

 

1個目のボールを袋に戻すのか

戻さないかで求める確率が大きく変わってきますひらめき電球

 

後は、樹形図を書くと、それぞれの確率が求められますにひひ

 

 

この違いを自分で問題から読み取れるようになると

もっと「確率」が解けるようになると思いますビックリマーク

 

 

最後に、春期講習のお知らせです晴れ

 

残り座席数が少なくなってきております

ご希望の時間帯がある生徒の皆さんは

お早めにお申し込みくださいビックリマーク

meitokuさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ