随分久しぶりの更新になってしまった( ̄▽ ̄;)

はいはい、この度はタイトル通り無料公演に出演させて頂く事になりまして、そのご案内。


6月に出演させて頂いた演劇ユニットの少年cycleさんの作品で、障害者支援施設での公演なのです(「・Д・)「ワオ
チラシを作ってみた。

会場の項目を見て頂けると分かるように、埼玉県内です(笑)

多機能型事業所え~る
〒354-0017 
公式サイト:https://tsubasanet.com/


キャストの1人、手島凛君はえ〜るさんの利用者の高校生だそうで、まだ会ってないのだけどめっちゃ芝居がしたくてたまらないらしい(´艸`)


え〜るさんは身体障害者支援の施設だそうだけど、知的障害を伴った利用者さんが多いそうなので、もしかしたら公演中に騒がしくなってしまうなどのハプニングが考えられますが
利用者さん方にいろんな人との関わりを持たせたいと職員の方がおっしゃっているそうですし、ご都合よろしければふらりと遊びにいらしてくださいな(「´ω`)「


元々え〜るさん自体は関係ないのだけど、少年cycleのお2人と凛君が知り合いで一緒に芝居をする事になったそうなのだが…
なんでも、職員の方で芝居経験者がいらっしゃるとかでかなりノリノリらしい。
職員さんが(笑)


作品の内容はと言うと、チラシに少しあらすじ?世界観?を書いたけど簡単に言うとロボット系のSFっス(°Д°)
ロボットって言うと戦いそうだな(笑)
そういうロボではなくて、作中ではオートマタと言われる人間に近くなるよう開発されたもの。
ヒトの仕事を手伝わせたりという感じ。
アンドロイドの方がイメージは近いかね?


今作では、見た目は生きたヒトと変わりないオートマタを、プログラムではない人の
"を持つように研究、教育していく。

なかなか切ない系(ノ∀`)
それこそ、この物語をヒトのように作られたアンドロイドが見たらどう思うんだろうなと思う。
"感情"として作られたプログラムで何か思うのかねぇ?


さて、今回の一路氏はその機械人形 (オートマタ)です(ノ∀`)
派手髪だしやはりと言われそう(笑)
心を持たせるという研究や実験の為に開発された1人。

公演時間は短めだけどがっつりしっかり作っていくのでお楽しみに~(「´∀`)「