お茶好き一路氏の紅茶の楽しみ講座(?)(「・Д・)「

他のお茶記事もぜひご覧ください。
(アメブロのカテゴリ別記事の表示方法→https://ameblo.jp/meisyouhouki/entry-12464051088.html)



今回はアイスティーの話。
多くの人が日頃飲むお茶って言ったらアイスティーが多いんじゃないだろうか?
ペットボトルなど手軽に飲めるのも多いしな(「´∀`)「ウンウン

でもたまには、茶葉から入れてみませんか?



【注意点】
アイスティーは
クリームダウン
と呼ばれる現象が起きる事があります。

写真が用意できなかったので、イメージ図を描いてみました(笑)

こんな感じ。
紅茶はゆっくり冷えたり、時間が経つと、ミルクティーみたいに曇る事があるのです(°Д°)ウワッ

飲んでも害は無いし、風味もそんなに変わらない…が、人によっては清涼感が失われるという意見もあり。

*防ぎたい場合は
・グラスに注ぐ際に最後の一滴まで注ぎきらない。
・蒸らし時間を短めにする。
・氷で冷やす際はしっかり一気に冷やし切る。
タンニン含有量が少ない葉を使う。
・冷やす前にグラニュー糖を入れる。

といった方法があります。
いずれか試してみてくださいな(「・ω・)「

*タンニン
含有量どうこうって分からん!って話ですが(笑)、クリームダウンはカフェインと渋み成分であるタンニンが結び付いて起きる現象なので…
渋みが少ない紅茶にしてみてはいかがでしょう?



【入れ方色々】
※アイスティーはよく「ティーカップ二杯分容量が入るグラスで入れる」と言われます。お好みの容量に調整してお楽しみください٩( ‘ω’ )و


*水出し
こちらの記事でご紹介。一日くらいなら常温でも作り置きして置ける!


*オンザロック
1.通常の倍の濃さでお茶を入れる。
→カップ一杯が約150ml/一杯辺りの茶葉は2.5~3g(詳しくはこちら)
→二杯分入れるとしたら、茶葉5~6gに対し150mlのお湯で入れる。

2.ホットティーより短めに蒸らす。
→多くはホットは3分蒸らすので、1分半~2分。烏龍茶も同じく。
→日本茶はホットは1分半~2分蒸らすので、45秒~1分くらい。

3.氷をたっぷり入れたグラスに一気に注ぐ。
→甘みを着けたい場合はグラスに注ぐ前に別の容器に入れてグラニュー糖を入れる。

4.ガーッとかき混ぜて素早く冷やす。
→グラスの底の方を抑えると手の温度が伝わりにくいのでよい!

5.氷を足してグラス八分目くらいに仕上げ完成。


*ダブルクーリング
1.オンザロックと同じく倍の濃さで入れたお茶を氷で冷やす。

2.氷を取り除き、飲む際に氷を入れたグラスへ注ぐ。
→氷を除いた状態で、常温で半日くらい、冷蔵庫で1日くらい保存可能。

*水差し
1.杯数分の茶葉に、出来上がり容量の1/3のお湯でお茶を入れる。

2.蒸らし終わったら、茶葉を取り除き、水を出来上がり量まで注いで常温まで冷めたら冷蔵庫保存が可能!
→ティーバッグだとやりやすい!



以上、基本的な入れ方をいくつかご紹介しました┏( .-. ┏ ) ┓
量などお好みで調整してくだせぇ。
同じ入れ方でも茶葉によって入り方が違って面白いですよ(「´∀`)「

あと、最後にご紹介した水差しは単に濃いお茶を薄めるようなやり方なので、自分はちゃんと冷めるのを待たず手抜きで飲んじゃったりもしてます(笑)


これから暑い季節、そしてそれ以外の季節でもごくごく飲めるのでオススメ!
ぜひ試してください。



⬇来月出演⬇



少年cycle主催舞台
『ハミングバードへようこそ!』
2019年6月20(木)~23日(日)
20日 (木)19:00
21日 (金)19:00
22日 (
)14:00/18:00
23日 ()11:00/14:30

【チケット】
2500円

【会場】
〒173-0013 
東京都板橋区氷川町46−4
地下1階
↑地図↑

大山駅(東武東上線)から7分板橋区役所前駅(都営三田線)から3分 


【ご予約】
こちらのフォーム

または
ichiroiro@yahoo.co.jpTwitterでも受け付けます!
(フルネーム/観劇日時/チケット枚数をお願い致します)

※各回、残席があっても前日の22時に予約フォームが使えなくなります。滑り込みでご来場くださる場合はご連絡ください(「・ω・)「