N様のキャデラックCTSのスピーカー交換を行いました。

今年に入りオーディオを組んだばかりでしたが、更なる高見を目指していきます。

その時の内容はこちらです。

https://ameblo.jp/meister930/entry-12433800456.html

 

スピーカーをJL/ビーウィズからオーディオの変更しました。

ツイーターL1とスコーカ-L3はピラーに埋め込み加工をおこないました。

以前のは取り付け位置と比較した場合には音の安定感が明らかにかわります。

ミッドは画像がありませんが同シリーズのL6を取り付けてます。

 

トランク内にあるサイアコのDSP HSA-800はそのままですが、DSP内蔵アンプをやめて外部アンプへつながります。

HSA-800はブルートゥースオーディオ再生可能ですが、音質UPNお為にDAPのバランス出力をM&MさんのケーブルでDSPに入力するシステムになってます。またDSP入力の手前にARCオーディオALD(ラインドライバー)を接続し音質UPを行ってます。

 

 

そしてDSPからつながるアンプはZAPCObZ150.6LX 150W×6の出力を持ちます。

サイズは幅573mmとかなりのサイズです。

 

トランク内はオーディオで埋め尽くされてます。

これで音の違いがないわけはありません。

中高域の音の解像度、厚み、立体感、表現力と劇的に変化しより音楽を聴くのが楽しくなります。

N様は既に次のシステムUPを計画されております。

今後の展開が楽しみです。

 

カーオーディオ&カーセキュリティー

                  マイスター(親切、丁寧がモットーの!)