その感覚を閉じないで!

テーマ:
四柱推命鑑定士のChihiroです。
ブログにご訪問いただきまして、ありがとうございます。

鑑定メニューはこちら
最新の鑑定スケジュールはこちら
お申し込みフォームはこちら

※初めて鑑定にお申し込みいただく方は、必ずこちらをご確認ください。



四柱推命には
『霊感干支』と言われる干支や
「スピリチュアリティが高い」と言われる星があります。


そういう星を持つ人は、
・霊感がある
・ひらめきがある
・直感が働く
・勘がいい
・メッセージが降ってくる
・「なんとなく」という気持ちに従うとうまくいく


というような特徴があったりするのですが、
この「感覚」をせっかく持っているのに
閉じている人が多くいます。



鑑定で
「霊感とかありますか?」とお聞きすると、

「小さい頃はありました。」とか
「あるんですけど、出さないようにしています。」とか
おっしゃる方が多いんですよね。


このせっかくの鋭い感覚を
閉じてしまっている人は、
親御さんとの関係に悩みを抱えている(いた)
ケースが多いように感じます。



小さい頃は当たり前にその感覚を使っていたのだけど、

「何言ってるの!?」
「変なこと言うの辞めなさい!」

そんな風にご両親に言われて、
閉じてしまったというケース。



親御さんとしては
もちろん悪気なんて全くなくて、
自分にはない感覚だから理解できない
というただそれだけなんだけど。


子供からすると親って絶対的な存在だから、

「こんな風に言ったらお母さんが嫌な顔するんだなー。怒るんだなー。」と察して、

だんだんとその感覚を出すことを
辞めちゃうんですよね。

子供って、本当に敏感で健気です。



鑑定をきっかけにその記憶が呼び戻されて
泣き出してしまう方もいらっしゃるし、

「出していいんですねー」って
安心した表情をされる方もいらっしゃいます。



もうあなたを押さえつける人はいないよ。

お父さんやお母さんはそんなことであなたを嫌ったりしないよ。

隠さなくていいんだよ。

そのままのあなたでいいんだよ。




「あなた」を「あなた」たらしめる、
その素晴らしい感覚を閉じないで!

そんな風に思います。



(パンプキンドリア♡)




ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけると嬉しいです!


四柱推命ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ 四柱推命へ
にほんブログ村