11月13日の稽古日誌

テーマ:

火曜日の稽古です。
稽古場所はPTAの会議とかで開始時間が少し遅れてスタート。
参加者はKNTちゃんとひっさしぶりのMTIさん。
時間も普段より短いので、基本やって形の復習。
どこまで覚えていますかな・・・??

自分の指導方針として、まず初めの頃は体の使い方を学ぶ段階として手足の動きのタイミングを注意することが多いですね。
足の開き幅とかもね。
この動き方の変更というかがなかなか体には浸透してくれないので、ちょっと稽古を休むとすぐに忘れてしまうものです。
久しぶり参加のMTIさんがそんなでした。

でも大丈夫!続けていけば出来るようになるんですから。


途中、見学の方がありました。
先日のFMやんばる出演したときの情報を元に連絡をくれたKSMTさん。
興味を持っていただけたでしょうか?
一緒に稽古できることを願うばかりです。


後半最後は体捌きの稽古して終了。
さて、次回は何をしようかな?

今日の稽古はKNTちゃんとFMくんのコンビ。
ペースが同じくらいだから、前回の復習と新たな形を稽古です。
順序で言えば五箇なんだけど、床板状態から立ち技に変更。
五応の胸尽くしを選択です。
説明してみると、結構難しい形ですね。
後ろに捌いて刀は完全に抜ききるわけではなく少し残す、でも後ろに行き過ぎてもだめ。
鞘で刀のコントロールってことだね。
そう考えれば、他の形同様鞘使いが重要ということか。
なるほどなるほど。

最後は今後の組太刀稽古や走り掛りのために、遊びを取り入れた稽古を。
動く相手に抜刀の間合いは大丈夫かな?というものです。
なかなか難しいのかな。

そんな感じに終了!


 


・腰割りと四股ふみ
割と最近はメジャーなトレーニングの一つになった、スモウスクワットともいう腰割り。
四股ふみの前段階であるこれやることで自分の場合はインナーマッスル(腸腰筋あたり)を鍛えることが出来た、と感じてます。
インナーの強化によって、上半身と下半身の連動がスムーズになり、座技での腰や下半身の安定につながったというのがその実感。

なんか之までは、足と上半身がばらばらだったような感覚でしたからね。

 

 

・素振りの鍛錬
 現在使用している本身は抜き身で1,000gとやや重量級。
 この本身を自由自在にビュンビュンと扱えるようになりたい、ということでホームセンターで売っているツルハシの柄(重さ800gほど)に釣具屋で売っていた棒鉛(1本100gだったか)を10~15本ほど貼り付けて素振りをしてました。
これで重さは2kg超。
ツルハシの柄は柄部分が刀の柄と同様の小判型のうえ太く、さらに先端が太い為に先重心となるので負荷は十分。
単純にパワーをつけるには良かったかもしれません。
が、結果的には大間違い。この鍛錬方法だけが直接原因ではなかったでしょうけど、疲労蓄積による右前腕筋を損傷することになり、現在もその後遺症があります。

 

「今使っている刀が重いから、もっと重いものを振って鍛えよう」という短絡的な鍛錬は怪我の元。
今、「こっちだろう」と考えている素振りの鍛錬方法は、
「少し重いんだよな」とか「もっとこの刀を速く振れるようになりたい」という刀を7~8割ほどで100~200回連続で振れる、理想的な速さで連続50~100回ほど振れる、となってから1.2倍程度の重さ・負荷にレベルアップ、それを繰り返していけば良い。
筋肉は裏切らない、という考え方もあるが、関節・腱はあっさり裏切ってくれます。

 

そういえば、こうした体の鍛錬方法は自分が初心者~参段当時の指導者からは聞かなかったなあ・・

必要としていなかったのかもしれない。

でもこうした鍛錬の方法・・というか思考法については、自分が指導者になってからもっと多く、なおかつ実践しておかなければいけないなぁと実感することが増えているのです。

沖縄の名護を中心としたエリアのコミュニティFM,Fmやんばるさんの情報番組「夢咲きあんない人」にゲスト出演してきました。

 

この日は文化の日でもあり、各地でイベントが行われていたのでその中継も途中にはさみつつの1時間。

パーソナリティさんも居合というのをよく知らない状態でしたので、その魅力が伝われば。。と自分の経験なども入れつつのトーク。

気がつけば時間はあっという間に終了。

曲のリクエストも出していましたが、それをかける間も無いくらいに盛り上がりました。

 

んで、まだまだ魅力が伝えきれないですね~

ということで、また来月くらいに出演できそうな感じになりました!

よし、これを足がかりに、どんどんメディア露出を増やしていくのだ!!!

10月30日の稽古日誌

テーマ:

とりっくおあとりぃぃとぉぉぉう!!!
ということで、ハロウィン目前の稽古です。

参加者はTDKTくんとKNTちゃんHRKくんです。
形の稽古に入っているので、五用の手順おさらい、五箇の1つめです。

今の段階は、とにかく手順を覚える。
字の書き方でいうとこの、大まかな形と書き順を覚える段階。
バランスとか、そういうのはまだ後。
ゆっくり、ていねいに・・が大切なんですね。
でもズパッと抜刀したい気持ちもわかります。
でもそこはもう少し抑えていこう!

座技の後は、これも初めまして?な組太刀稽古です。
まずは居合形の北斗から・・・だけど、進みながら抜刀というのは少し難しいかな?
組太刀も段階を踏んだ稽古方法を考えていかないとな。

指導する側も成長しないといけませんね!


あ、稽古終わりにKNTちゃんからみんなにハロウィンのプレゼントを頂いちゃいました。
中学生が気遣い出来て、大人が出来ていない・・・


大反省orz


クリスマスにリベンジだ!!!

10月25日の稽古日誌

テーマ:

今日の稽古はHRKくん、KNTちゃん、FMくんの3名。
稽古の進歩状況がちょうど良い3名ですね。
よし、座技をガッツリいきましょう。
五用の形の手順を覚えることを重視して、一気に5本の形を抜いてみます。

本来・・・というか自分が習い始めの頃は、ひとつの形をしっかりじっくりやりながら進めていったものでした。
しかし、今利用している場所は体育館や武道場のような床構造ではなく、コンクリ打ちの床に板材を敷いただけ。
クッション性がまるで無いんですね。
正直、中長時間の座技・・いや他の動きであっても膝への負担感があります。
成長期の青少年には配慮が必要ですし、しっかり集中できる時間も限られ気味になります。
なので初めは大まかに動きを覚え、それから削っていく、という方針で稽古を組んでいます。
同じ動きを繰り返し、ではなく違う動きを複数、というほうが子供の運動神経にも良い刺激になると考えています。
当然、大人にも一度に多数の動きという刺激で、よい脳トレになるんじゃないかな?

そんな感じで形の稽古は終了。
残り時間は体捌きの稽古です。

 

今日の稽古はKNTちゃんとサシで。

それでも一時間しか稽古できないという事なので、基本やってこれまでやった座技のおさらい。

手順の確認だけ、ですが「だけ」の積み重ねが後にとっても意味を成してくるんだなぁ。

やらなければゼロ、どころかマイナス。

やれば、「少し」でも「だけ」でも確実にプラス。

稽古は裏切らない。

 

そんな成長を一番感じるKNTちゃんでした。

 

 

さて、その後はぽっかり時間が空いてしまい、完全フリータイム。

もちろん、ガッツリ自分の稽古を楽しみました。

 

台風24号も去った・・と思ったら、急に北風が強まり気温がぐぐ~~んと冷え込みました。

稽古しやすい季節の到来です。

 

さて、今日の稽古はFMくんとKNTちゃん姉弟。
二人とも形稽古始まってます。

今日は座技の復習から、新たな形の稽古で気がつけば座技の最初、五用が終わりました。

まずは手順を覚えていきましょう!

細かいところはこの先、このさき・・・(笑)

参加者はMTIさん、KNTちゃん、FMくんの3名。
FM君の参加は久しぶり。
ちょうど技量が同じくらいだから、素振り~基本のあとは形稽古。

3名とも五用が始まったばかりです。
どの形をやっても初めて~な感覚ですよね。
よし、いっちょ座技の10本をダイジェストでやってみましょう!

ということで座偽の10本を見よう見真似のダイジェストです。
この先、こういう形をやっていくんだ・・・というのが実感できたんではないでしょうか。
ええ、今出来なくて良いです。
「一度やったことがある」
という感覚がこの先きっと活きてくる!・・はず?


さてここからは指導者側のメモ。

この先座技10本、立ち技5本、走り掛り5本となっているけど、これを順番どおり・・・五用、五箇、五応、走り掛り・・にやっていくのが良いか、満遍なく・・座技2、立ち技1、走り掛り1、の組み合わせが良いのか。
自分は順番どおりではあったけど、その時の稽古環境が違うから膝への負担を考えるとねぇ・・
(自分が初心者時代の稽古場所は、柔道場や体育館。今は多目的ホールで明らかに床の固さが違う)
他の指導者はどうしているのか。
そのあたりの引き出しが少ないなぁ・・・。

ちょうど来月稽古会に参加予定なので、その辺の情報もゲットしてこよう。






 

先週はTKSさんの体調不良で稽古おやすみ。
んで久しぶりの美里稽古。
美里稽古場所では今、斬る事に重点を置いて稽古しています。

斬れる居合を標榜しているので、斬れるのは当たり前のこと。
でもその当たり前が難しい。
単純に刃筋を合わせれば斬れます。

手の内を固定した素振りでの試斬はクリアできるけど、抜き打ちとなると刃筋が合わない。
そんな場合どうする?ということで素振りから戻ってチェック&チェック。
素振りで出来ることが抜き打ちで出来なくなる理由は?
阻害している因子は何?
リカバリーするためには??

この辺を重視してもくもくと稽古でした。


あ、黙々とやりすぎては怪我の元。
適度な休憩とストレッチも欠かさずに!です。