いま管官房長官は「令和おじさん」として、すっかり有名になられた。

いまどきの若者達に至っては、巷で管官房長官の姿を見かければ

「令和じゃん!」と歓声をあげる。
 

もちろん、この人気の元となったのが、ひとつ前の「平成」と記された

額を掲げて新元号を公表した当時の小渕恵三官房長官の写真だ。

あまりにも広く知られて後世にまで語り継がれることなった。
 

今、目の前にある書籍にも、その小渕長官の写真が掲載されている。

その隣には小津安二郎監督の名画「東京物語」の一場面が。

さらには、その隣に、湯川秀樹以来の日本人ノーベル賞受賞者一覧の

表まで載っている。
 

この見開き頁を覗くだけで、家族や友人と会話さえ弾むようだ。
 

実はこの書籍、明成社から出され、今現に高校で使用されている

歴史教科書の市販本『日本人の誇りを伝える 最新日本史』の中の

「昭和から平成へ」「戦後の文化」という見出しの頁である。

 

もちろん、頁の最初まで戻れば、一気に数千年の時を経て縄文文化

の世界がそこに広がる。

そこから始まる日本史の大きな流れを体得できて、高校生のみならず

一般の人達にも、本書は「面白い」ときな人気を博した。
 

学校現場では、新しい学習指導要領に基づいて、

令和4年からはまた新たな教科書となる。

ますます学び甲斐があり、面白い教科書となることを期待したい。

                                      (彦星)