東禅寺


 和歌山県太地町は近年、西洋諸国から批判の嵐にみまわれている。太地町の伝統あるイルカ漁が残酷だというのである。イルカ漁だけではない。日本の捕鯨も批判されている。この問題は日本人と西洋人の鯨とイルカに対する見方の違いによって起こるのであるから、結局のところ、本質的には解決しないであろう。
 日本人にとって鯨とイルカ、特に鯨との関係は切っても切れない関係にある。何も希少動物である鯨を食べなくてもという輩もいるかもしれないが、日本人は伝統的に食を鯨に依存してきたところがあり、ある意味、鯨は日本人にとって神に近い存在であった。鯨を祀った神社もある。
 鯨ほど貴重なものはない。すべての部位が役にたつ。その身・その皮・鰭まで捨てるところはなく、骨もいろいろと使えるし、脂肪にいたっては油になる。鯨一頭とれば大金持ちになれたのである。
 因みに、日本の捕鯨に反対しているアメリカは19世紀まで鯨の油をエネルギー源として使っていた。鯨はアメリカ人の暮らしになくてはならないものであったのである。アメリカの捕鯨は主力産業となり、世界中に鯨を求めて捕鯨船を派遣した。有数な漁場の一つは北太平洋である。すなわち、日本の回りである。当然、たくさんの捕鯨船が日本近海に出没した。これが、アメリカが日本に開国を迫る大きな原因となった。皮肉なことに、日本が開国をしたのは、鯨のお蔭であったのである。このこと一つをもっても鯨は日本人にとって福の神であろう。
 アメリカ人は鯨の肉は食べなかった。そのため、捕獲した鯨は油を抜きとられると海に捨てられた。
 メルビルの「白鯨」のエイハブ船長は北太平洋で白鯨に殺されるのである。
 
 井原西鶴の「日本永代蔵」に、捕鯨を扱った小編が収められている。巻二の「天狗は家名風車」である。この作品は、今の大地町にいた鯨取りの名人を主人公としたものである。鯨がいかに町にとって恵みの多いものであるかをリアリティをもって描かれている。
 紀路大湊(おおみなと、現在の太地町)は、捕鯨でたいへん繁盛していた。町では、鯨恵比寿の宮を祀り、その鳥居は鯨の銅骨を使い、高さが三丈(約9メートル)もある。
 大湊がたいへん賑わっているのは、鯨突きの名人の天狗源内がいるからである。源内は捕鯨船の船長で、部下の漁師たちを指揮して、背美鯨を捕獲した。背美鯨は30メートルもあり、その肉を積むとまるで富士山のようであった。これ一頭だけでも莫大なお金になった。
 源内は新しい漁法を考えだし、200人余りの漁師、船80艘を従えて、全国津々浦々に出かけ、鯨を取りまくった。お金はどんどん入り、蔵に積まれた金銀は呻き声をあげた。源内は楠木分限になり、大湊は大いに潤った。
 源内は信心深い人であった。毎年、正月十日には、恵比寿を祀る西の宮に人より早く詣でた。
 ところがある年の正月、酒を飲み過ぎ、あわてて船を飛ばして西の宮に行ったが、時すでに遅く、参詣人はおらず、神主たちはお賽銭を数えるのに夢中で、満足にお神楽を奉納することができなかった。
 源内は腹がたち、船に戻り、寝てしまった。その夢の中に、恵比寿が現れ、源内に、あることを教えてくれた。それは、生簀に囲われ、弱くなった鯛を元気に長生きさせる方法であった。
 この方法で源内はさらに大金持ちになった。

 以上のことを、西鶴はおもしろく滑稽に書くのであるが、この小編は、世の中で成功するにはそれなりの条件が必要だと示唆している。それは、才覚と信心である。特に、信心だといっているようだ。
 日本人は鯨を天の恵みと考え、捕獲した鯨を末永く祀るのである。このDNAを受け継いだ現代日本人が鯨の捕獲を果たしてやめることができるのであろうか。

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ

 写真は、港区にある東禅寺の三重塔です。幕末にはイギリス公使館として使用されましたが、攘夷派に二回襲撃され、死傷者が出ました。
 アーネスト・サトウ「一外交官の見た明治維新」に、その様子が描かれています。ブログ「名著を読む」には読書感想文を掲載していますので参考にしてください。

日本永代蔵 (岩波文庫 黄 204-5)/井原 西鶴

¥648
Amazon.co.jp

新版 日本永代蔵 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)/井原 西鶴

¥1,339
Amazon.co.jp