横浜開港記念日!  【内堀】 |  名教学院のブログ 

テーマ:

本日、6月2日は、

横浜開港記念日ですクラッカー

1858年に、

日米修好通商条約が結ばれ、

翌1859年6月2日に、

横浜港が開港しました手。

 

ところで、授業では開港した港は

「横浜港」ではなく

「神奈川港」だと習います。

当初の予定だった神奈川港から、

幕府側の意向で横浜港に

変更したわけですが、

なぜだったかわかりますかはてな

それは神奈川だと

東海道の宿場町に近すぎて、

外国人と日本人が接触しやすいため、

トラブル戦い戦いが起こることを

恐れたためです。

それで、当時はただの漁村だった横浜を

開港地に変更したのです`・ω・

それが今では発展して、

すごくオシャレ♪♪な町に

なっていますよねキャッ*m手。キラキラキラキラ

神奈川港は、

その後すたれていって

しまったんですって…泣汗

本当は今日↑*

横浜に行きたかったペロリのですが

そうもいかないのでぎゃー

(今年の6月2日と9日は、

 名教学院恒例イベントの

 社会見学がありますキャッ*m手。キラキラ

ゴールデンウィークを利用して

家族で横浜に行ってきましたキラキラ

 

 

横浜開港資料館です。

 

 

 

3歳の娘女の子には

退屈な場所でしょうねキャッ*m汗汗

パパのわがままに

つきあってもらってゴメンね…ぎゃー汗

 

 

と思ったら楽しそうじゃないか!!え゛!↑*

 

 

横浜開港資料館は、

イギリス総領事館の建物を引き継いで、

1981年6月2日に開館しました。

イギリス総領事館が

この地に置かれたのは、

明治初年のことです。

以来、1972年に

総領事館が廃止されるまで

およそ100年にわたって

日英交流の歴史が刻まれてきました。

 

 

中庭にある玉楠(たまくす)の木木は、

江戸時代からこの地にあり、

日米和親条約の締結は、

この玉楠の近くで行われたと

いわれています。

この玉楠の木は、

関東大震災によって

幹の部分を焼失しました泣が、

新たに芽が出て

現在のように立派に復活しましたパチパチパチパチ

 

 

…木と対話をしているのだろうかはてな笑

 

 

ちなみに、併設されているカフェの名は…

 

 

オー ジャルダン ドゥ ペリー

名教学院さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります