7月7日(火)は七夕ですね。

さくら荘ディルームでは七夕の集い、施設の各ユニットでは

七夕祭が開かれました。

 

「七夕」や「短冊」の由来や意味は、小さい頃に教わったけど

覚えていない方も多いのでは…。

 

天の川の両側に引き離された、機織りが上手な「おり姫」と

働き者の牛飼い「ひこ星」が、神様の許しを得て年に一度、

会う神秘的なイベントですね。

 

さくら荘の利用者様も、「健康で、幸せでありますように…」と、

めいめい願い事を短冊に書いて、『七夕の歌』をみんなで

歌いました。

 

おやつも、二つの星をかたどった

「七夕おやき」とおせんべいにフルーツゼリー。

 

おり姫(ベガ)とひこ星(アルタイル)は、7月7日頃が

一番よく見えるそうです。

 

皆さんご一緒に、“ 星祭り ” を楽しんでいただきました。

 

 

明康会HPhttp://www.shiun.or.jp/

 

さくらこども園HPhttp://sakura.shiun.or.jp/