明けましておめでとうございます。

 

紫雲荘では毎年、新年をお祝いするために

元旦に特別食が振舞われます。

 

とても豪華な “ 特別食 ” にご利用者様も目を丸くして

とてもおいしそうに召し上がっていました。

 

お品書きは、

 ・ 赤飯   ・ 肉団子  ・ にしん甘露煮

 ・ だし巻き卵  ・ なます  ・ 炊き合わせ  ・ 黒豆

 ・ フルーツ   ・ 漬物  ・ 羊羹

 

そして3時のおやつは、

 ・ 緑茶  ・ 紅白饅頭

 

皆様のお宅でもおせちを召し上がったかと思います。

そこで今回の一口メモは、おせちの食材の意味をご紹介します♪

 

☆ 一言メモ ☆

おせちは弥生時代に中国の唐から日本に伝わったといわれています。

古来、中国では1年を24に分けて、節句として節々の変わり目を祝っていました。

各節句に食されたのが御節料理で、現在、正月に食べる御節料理は一年間の収穫を祈り、

神様にお供えするものとしての意味があり、今日の「おせち」として全国に広まりました。

 

おせちはめでたさを重ねるという意味合いで重箱に入れます。

一番上から一の重、二の重、三の重と呼び、それぞれ入れる料理が決められています。

 

一の重
 黒豆…豆は健康や丈夫という意味を表す語句でした。

     それにちなみ黒豆はまめまめしく働くようにと願いを込めています。
 昆布巻き…よろこぶという語呂合わせで縁起物として扱われています。
 栗きんとん…武士が戦で縁起を担ぐために昆布とともに勝負運を願って勝ち栗を用いていました。

        栗きんとんの黄金色が宝のようなので、豊かな年になるようにとの願いが込められています。
 伊達巻…江戸時代に長崎の「カステラかまぼこ」がしゃれた人を意味する伊達者の身に付けていた着物

      のようだったので伊達巻と言われるようになりました。

      重要な書を巻き物にすることから、伊達巻のかたちを巻き物として捉えて、知識が豊富になる

      ようにと願いが込められています。
 数の子…数の子はニシンの卵で、二親から大勢の子が出るという言葉をかけて、子孫繁栄を願っています。
 田づくり…畑の肥やしに使用できるほど多く取れたため、五穀豊穣の意味合いを持つようになりました。
 紅白かまぼこ…かまぼこは日の出を象徴する色と形です。かまぼこの赤色は喜びやめでたさ、白色は神聖な

      意味があります。

 

二の重
 ぶり…ぶりは出世魚と呼ばれていることから、将来出世できるようにと願いを込められています。

    特に西日本で正月に欠かせない魚となっています。
 鯛…鯛はめでたいとの語呂合わせで祝い膳には欠かせない料理です。
 海老…海老のように背中が丸くなるまで長生きができるようにと願って入れます。
 紅白なます…なますは生の魚と人参と大根を酢で和えた料理だったので、なますと名前が付けられました。

    水引きのような形状で祝いの意味と口直しとしての役割もあります。

 

三の重
蓮根…蓮根に穴が開いていることから先々の見通しが効くことを祈っています。
里芋…里芋は親芋から子芋がたくさんできることから子孫繁栄を願っています。
八つ頭…八つ頭の名前から組織の頭(あたま)となって出世ができるようにと祈られています。
くわい…くわいは大きい芽が出るため、めでたいと語呂合わせで用いられます。
牛蒡…牛蒡は土の中に長く細く根を張るため、代々続くようにと願われます。

 

こんなにも多くの意味が込められていたのですね・・・

筆者も知らない意味がたくさんあり、いい勉強になりました(笑)

 

 

また、紫雲荘では、ご利用者様をお連れして近くの神社に

初詣に行ってまいりました。

 皆様が今年一年、ご健康に過ごせますように・・・。

 

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

明康会HPhttp://www.shiun.or.jp/

 

さくらこども園HPhttp://sakura.shiun.or.jp/