こんにちは!

鴫野教室の福田です。

 

 

 

ここ数日

 

すっかり寒くなってきましたね。

 

当教室でも、マスクしている生徒がチラホラ。

 

インフルエンザの本格的な流行期も近いので、

予防接種で免疫をつけておきましょう。

 

 

 

ところで、

 

前回の鴫野教室のブログで

 

ちょこっとお見せしましたが、

 

鴫野教室の公立中学生は

ほぼほぼ

中間テストの結果回収が完了しましたにやり

 

 

 

どれどれ・・・ウシシ

 

 

 

どーーーーんビックリマーク

 

 

 

おお~!!

 

5科目合計

30点以上UPした生徒が3名ビックリマーク

 

 

理科42点UP

 

社会41点UPというのも

 

実に素晴らしいです笑い泣きキラキラ

 

皆さん本当によく頑張りました

 

 

 

とはいえ、

 

まだまだ頑張りが足らないのではないか

と疑問が残る生徒がいるのもまた事実・・・。

 

現状に甘んじることなく、

受験に向かって前に突き進むことが大切ですビックリマーク

 

 

 

 

さて、期末テストまで残り3週間ほど。

次のテストでも皆が高得点が取れるように、

今回もしっかりテスト分析します流れ星

 

 

以下は

鴫野教室の目と鼻の先にある

城陽中学の1・2年の問題の寸評です

 

 

 

〔中1英語〕

問題の流れで行くと、前回の

1学期期末テストと何ら変わらず。

 

発音→アクセント→英単語→空欄補充

→指示に従って英文を変形させる問題

→対話文×2題→英作文→リスニング

 

おおまかに言うと上記のような流れで、

今回はそこに

「英訳問題」がプラスされていました。

 

対話文は2つ出題されていましたが、

どちらも教科書の例題が

そのまま出されているため、

教科書をしっかりと読み込んでおけば

点数が取れたハズですビックリマーク

 

 

 

〔中1数学〕

問題用紙2枚分に大問が4つ。

大問1は計算問題、大問2は方程式。

四則計算のルール、

方程式の解き方に問題がなければ、

大きな得点源になり得たと思いますよ。

 

大問3にしても、

方程式と比例の基本的な問題であり、

内容さえ理解していれば難なくクリアのはず。

 

大問4は少し難易度が上がり、

文章題や速さを苦手としている生徒には

歯が立たなかったかもしれませんえーん

 

全体的にケアレスミスさえなければ、

そこまで理解度の高い生徒でなくても

70点は取りたいなぁ…というテストでした。

 

 

 

〔中2英語〕

1学期の中間テストに比べると、

厄介な問題が多いという印象です。

基本的な流れは変わりませんが、

 

・メモの内容を見て空欄補充する問題

 

・アンケート回答を参考に答える問題

 

・複数の絵の中から選択して英作する問題

 

などなど、

 

要領の良さを多少必要とする

問題が多いように感じました。

 

教科書丸暗記…というだけでは

高得点は厳しいかもしれません。

 

正確性とスピードが必要な内容でしたあせる

 

 

 

〔中2数学〕

範囲は1次関数、角度の計算から。

問題数は多いが、特に捻った問題はナシ。

基本的な問題が多かった印象です。

 

大問7は動く点P問題。

2年生の解答を見ましたが、

すべて白紙という生徒も何人かいました。

 

時間が足りなかった生徒も多かったので、

次回はスピードを意識しながらの

対策が必要となってくるでしょうDASH!DASH!

 

 

 

…とまあこんな感じでした。

定期テストは、とにかく対策が大事ビックリマーク

 

事前に傾向を抑えて、作戦を練り、

ムダなく効率よく勉強を進めていきましょうビックリマーク