LED電球

先日、入居者の方から問い合わせがありました。



「部屋の照明の電球をLEDにしたら玄関の所のものがチカチカ(点滅)してしまう」


との問い合わせでした。


あともう1か所も同じような症状?がある場所もあるとの事でした。


ただウチでは聞いたことのない症例だったので、お付き合いのある電気設備の方に試しに聞いてみましたらなんと!


一般的なLED電球ですと「調光機能付」「センサー点灯タイプ」の照明に使ってしまうと性質上、誤作動してしまって点滅したりするそうです!


※勿論、対応しているLED電球もあるようです。


一般的なLED電球はトイレなど「点ける/消す」という単純な照明には向いているそうですが、調光やセンサーで点灯する照明器具には向かないとの事。

しかも誤作動によって電球自体もダメになっちゃうそうですヽ((◎д◎ ))ゝあせる


あと、電球タイプのLEDは光が強いものが多いので、いつもいるお部屋のスポットライトに使うと、目にもあんまり良くないそうです。





えー!?そんな事初めて知りました( ̄□ ̄)あせる



目からウロコです目目


しかもこういった事はちゃんと説明書にも書いてるそうです。(そりゃそうですよね・・・)




まぁ、電球の説明書きの所はあんまり見ないですよね(・_・;)



これからはしっかり見てから購入しようと思いましたチョキ



ちなみにLED電球は普通の白熱電球より本体価格はお高いですが、電気代が約半分程(商品によっては半分以下!?)で、長寿命なのが特徴だそうです。


白熱電球にしろ、LED電球にしろ向き・不向き、便利なところや不便なところがあるようです。


場所や目的に合わせて電球を選ぶと良い!という事ですね。



大変勉強になりましたビックリマーク


ウチのお店の照明はLED、なのかな??



ちなみに前のお店からあった可愛い青い照明は新しい店舗にも持ってきておりまして現役ですヾ(@°▽°@)ノ音譜



by栗