漏水事故

テーマ:
お部屋を契約する際、賃貸のお部屋用の保険契約もしていただきます。

借家人賠償火災保険(しゃっかにんばいしょうかさいほけん)というもので、事故や自然災害などでご自身の家財に被害が遭った時や盗難時の補償や、火災などで借りている部屋に損害を与えてしまった場合貸主への賠償、弊社で代理店をしている保険ですとお部屋以外でも適応になる個人賠償もあります。


パンフレットなども火災を代表的に紹介してますが、実際は火災は滅多にありません。
弊社でも最近は「カレーを焦がして煙が出た」くらいですかね。
頻繁に火災があっても困りますが(^▽^;)


実は意外に多いのは「漏水」つまり水漏れです。

特に洗濯機洗濯機ですね。
洗濯機の説明書にもあるようですが、使用しない場合は水道蛇口は閉めておく事が書かれていますが、実際には洗濯機を設置、蛇口と接続したらそのまんまという方が多くその蛇口が何らかのはずみで外れてしまってお部屋がプール状態に・・・あせる


勿論アパート、マンション、どの構造でも室内に防水までの施工はされてませんので、そこまで水が室内に溢れた場合は重力に逆らうことなく下階にどんどん流れていってしまいます。

真下だけで済めば良いですが、最悪の場合その下の階、さらにその下の階・・・とどんどん被害が広がりってしまいます叫び


しかも下の階に店舗などが含まれた場合、最悪営業が出来なくなってしまい修理のほかに営業補償も出てきてしまい何百万円というきんがくになった例もあります。

下の階の方も悪い印象も与えてしまうでしょうし・・・


ですので意外と起こりやすくて怖い事故が水漏れなのです(´□`。)

先日、代理店をやらせていただいてる保険会社のひとつ『日本共済』でこの漏水事故についての動画を作成されていて分かりやすかったのでご紹介。



保険会社でもこの漏水事故率が高いそうです。

以前は「洗濯機の蛇口は未使用時閉めるもの」と思っている方がほとんででしたが、最近のお客様はこの話をすると「毎回閉めるんですか!?」と驚かれる方も多いので知らない人も増えたのも要因のひつつなのでしょうかはてなマーク


弊社でも契約時に未使用時は蛇口を閉めるようアドバイスする場合もありますし、お部屋の退去後のルームクリーニング時に大家さんにこれを機に逆止弁つきのものや、プラス洗濯機ホースと接続しやすい蛇口にするようオススメもしています。

そういった機能のない蛇口の場合はやはり洗濯機を使わない場合は蛇口を閉める。
外出する時に洗濯機を回さないなど注意するのが確実です(・ω・)/

夏休みの時期にもなりますので、万が一長期留守中にこの水漏れが起こってしまって下の階の方も同じく長期留守にされていたら・・・あせる


長期留守にされる場合は、「戸締り」「電気」「ガス」のチェックの他に「水」のチェックも忘れずに行うようにしましょうヾ(@°▽°@)ノ


by栗