新規入塾受付中  

大学進学を本気で目指す高校生・中学生対象!

(電話)052-521-5519

本欄の公式LINEからもお問合せ可能です。

 

  

受験校はいつ決める?

来年以降受験を迎える学年層の中には、「志望校という目標をいつから掲げるべきか?」という疑問を持たれている方もいるのではないでしょうか。

 

これについては、特に決まりもなければ法則もありません。

 

早ければ良いというわけでもないし、遅ければ不利ということも言い切れません。

  

「思い立ったが吉日」なのです。

 

今はあまり使われなくなりましたが、かつての塾の宣伝文句といえば、

「スタートダッシュの春」

「天王山の夏」

「ラストチャンスの秋」

「まだ間に合う冬」

 

いつが最適やねんっ!というね(笑)

…昔はこの話を自虐的に鉄板ネタにしてましたが。

 

実は、これってどれも正解なんですよ。

 

つまり、本気になったら!ですかね?

(そんなキャッチコピーの資格専門学校ありますよね…笑)

 

 

いつまでも本気にならない子のために

そうなると次なる問題は

「うちの子はまったく本気にならない」

というラスボス的な悩み。

 

それこそ受験へのスパートに差し掛かるこの時期になっても、志望校どころか問題集1冊開こうとしない態度に、焦りと怒りで震えている親御さんもいるのではないでしょうか。

 

僕も過去にそういう状況を目の前にした経験があります。

それぞれのケースに共通した状態は、「子の思い」と「親の思い」が共有されていないことです。

 

①親が子どもの思いを把握できない。

②時間だけが刻々と過ぎる。

③親が焦って先回りする。

④子どもが反発する。

⑤怒りが沸騰して声を荒げる親。

⑥心を閉ざす子ども。

 

だいたいこのサイクル。

 

どこかで割り切ることが大切ですね。

つまり親の手には負えないんです。

 

子どもが自分の道を見つけて考え出すまで、待たないとどうしようもない。どう抗っても、子供の思考力や社会性が追いついていないのであれば、まずはそっち側の成長を促さないといけないのです。

 

苦しいのは親だけでしょうか?

子どもも同様に、要求に応えられない未熟な自分に苦しみ苛立ちを覚えているかもしれません。

 

すなわち、主張をぶつけ争う時ではない。

受け入れて理解し合うときです。

 

これから先、子どもが自分と向き合い成長できるような環境に落ち着かせることが最優先ではないでしょうか。

 

 

自分の力で合格を目指す

うちの生徒たちには、「自分の力で合格を目指す」ように仕向けています。

学力に関係なく、決して僕が率先して進学先を過度に高くしたり、合格実績のために生徒を煽ったりすることはしていません。

 

ゴールは自ら見つける!

 

これが受験で学ぶ一番大きな成果なんですよ。

 


 

★通常指導時間★ 

(月~木)17:00~22:00

(土・日) 14:00~22:00

金曜定休

     

お電話によるお問合せは

15:00~22:00


 

友だち追加

 
Twitterはこちらから。

 

大学受験/高校受験を全力で!
名古屋市西区の個別指導塾
名学館庄内通校
 
【料金の目安(月額税込)】
時間無制限・全科目指導
□高校3年生 36,300~53,350円
□高校1・2年生 34,100~50,050円
□高校0年生 28,050~42,900円
 (↑注:一般的に”中学生”のことです。)
  
TEL 052-521-5519
塾長 白藤 和成

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 塾教育へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾)へにほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾)へブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ