今日の太田先生の日報 | アンイングリッシュクラブの愉快な仲間たち

アンイングリッシュクラブの愉快な仲間たち

アンイングリッシュクラブ(名大SKYグループ)を、より身近に感じて頂くためのものです。
ひとりの7歳児の働くママ目線で書いているため、かなりラフな書き方をしております。
ご理解頂けたなら幸いです。
たまに部長の有馬の記事が乱入します( ^ω^ )


テーマ:

小学生の頃に行っていた塾は、竹刀を持った先生がいる怖い塾だったらしい。

で、塾に行くのが嫌だったと。

太田先生「なんでそんな塾に行ったの。」

生徒A「友達に誘われたもん。」

太田先生「じゃあ、その友達にとってはいい塾だったと。」

生徒A「ううん、友達も嫌がっとったよ。」

太田先生「じゃあ、なんでおるの?」

生徒A「ユニバにいけるもん。」

太田先生「そんだけ?」

生徒A「小学生なんてそんなもんやて。だから旅行終わったらすぐ辞めた。なのにこの塾なに~。竹刀じゃなくて煮卵出てくるやん。」

太田先生「いや、それはたまたまです。卵だけにタマタマ・・・。」

生徒A「それやって、小川先生もそうやけど、会話中に必ずネタを探しとるでしょ。オカシイよ、両方の意味で。

太田先生「探し・・・てるわけじゃないんですが・・・思いついたらとりあえず言ってみようと。たとえそれがスベったとしても、言いたいのをこらえるよりはいいかなと。」

生徒A「〇〇ちゃんも言っとったけど、この塾は来るのが嫌じゃないもん。日曜日も開けてほしいぐらい。」

太田先生・・・それは勘弁してください。

 

尾張旭校にも、煮卵ほしい・・・。

meidaisky.anenglishsorobanclubさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります