日報 太田先生 | アンイングリッシュクラブの愉快な仲間たち

アンイングリッシュクラブの愉快な仲間たち

アンイングリッシュクラブ(名大SKYグループ)を、より身近に感じて頂くためのものです。
ひとりの7歳児の働くママ目線で書いているため、かなりラフな書き方をしております。
ご理解頂けたなら幸いです。
たまに部長の有馬の記事が乱入します( ^ω^ )


テーマ:

今日の太田先生の日報

アンイングリッシュグループの酒井真由美です。

新年始まりましたね目

今年はNYで年越しでしたが、

息子のアレックスは31日から1/5まで

40.5度ゲホゲホの高熱。

「ママ~ぼく、じいじの家で何にもしてない~えーん

で新年を迎えました・・・。

 

 人間万事塞翁が馬。

 

息子よ次にきっと良いことがあるぞ!!

 

さて、新年の太田先生の日報

個人的に夏目漱石大好きですラブラブ

 

○「先生こころ読んだ?」

△「あぁ、読んだよ。あなたは今甘いものを欲しがっていますね。」

○「私の心を読んでどうすんの。

  そうじゃなくて、

  漱石の『こころ』を読んだかって。」

△「読んだけど。」

○「回りくどいんじやない?」

「文学なんです。」

○「あんなの読んでたら、人間不信になっちうんじゃない?」

△「その通り!あれは、自分も含めて人のこころはどこまで信用できる

  のかという本なんです。」

○「じゃあ、私の代わりに感想書いて。」

△「や・め・て。私が人間不信になるわ。」

 

ゲラゲラ先生とのちょっとしたこんな会話。

△「その通り!あれは、自分も含めて人のこころはどこまで信用できる

  のかという本なんです。」

 

私だと、息子とのちょっとした会話が息子達の

見聞を広めるのだな~と。

 

この太田先生の「まとまったた言葉」を知っているだけでも、

それを知らない人とは全く差が出ます。

 

気が付くと、

家族がそれぞれ携帯電話ばかりを見て

会話が少なくなっているような・・・。

携帯電話絶対見ないDayでもつくろうか。ウインク

 

支離滅裂な文章で申し訳ございません笑い泣き

meidaisky.anenglishsorobanclubさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント