わが家のポメ日記

わが家のポメ日記

人見知り・犬見知りのめいと、やんちゃだけどビビリな風太と、おじいちゃんポメ大ちゃんの日常です。


8月19日(月)、
めいのお耳の付け根の炎症が、抗生剤を服用しても治らず痒がっているので、病院に行ってきました。
風太の鼻ハゲも大きくなってしまったので、一緒に連れて行きました。
めいは、抗生剤をセファクリアからファロムに変更、
痒み止めアポキルが追加になりました。
風太は、昨年の2月に鼻ハゲができてどんどん広がってしまった時に、
塗り薬ビクタスで治らず、
抗生剤レネバルで治らず、
抗生剤シンプリセフで治らず、
アカラスの既往歴があるため疑って検査するも検出されず、
検出されなかったけどアカラスの可能性をゼロにするために駆虫薬ブラベクトを服用して、
その後なんとなく治った、
という経緯があるので、(結局アカラスだったのかは不明)
今回もアカラスの可能性を疑い、
駆虫薬クレデリオを服用とヒビテン消毒で様子を見ることになりました。

めいは痒み止めがすぐ効いたみたいで、お耳を掻かなくなりました。

おもちゃを3つも抱えて、取られないように押さえてます。
取ろうとすると「ふがっ」と怒ります。


めいと風太とレッスンに行ってきました。
2回分まとめてアップします。

8月2日(金)。
ワンコに慣れる練習のお相手は、シェルティのあんじーちゃん。
風太はすっかり慣れて、お友達気分♪
めいは初対面だったので、吠えまくりでした。
風太も慣れたとはいえ、まだあんじーちゃんが風太のそばを走ったりすると吠えてしまうので、
まだまだお勉強が必要です。

この日のアジリティは、タッチゾーンというものを練習しました。
ドッグウォーク(平均台みたいなもの)、シーソー、Aフレーム(坂道みたいなもの)という道具を使う時に、4本足でタッチしなくてはいけないゾーンがあるのだそうです。
先生がその部分だけ用意してくれました。
タッチの練習中。↓

そのタッチゾーンも含めてコースを作ってくれました。
コース1。

コース2。

めいのスラローム練習。

ポメ回転をせずにはいられないめいなのです。(笑)

8月16日(金)。
この日は、先生のレッスンが詰まっていてワンコを連れて来られなかったとのことで、
リーダーウォークとオビディエンスの練習をしました。
オビディエンスというのは、「ツイテ」「オスワリ」「マテ」「フセ」「オイデ」などの基本トレーニングのことだそうです。
めいと風太はふだんからおうちで遊びながらやっているので、だいたいできましたが、
ピシッときれいな形になるように指導してくれました。
楽しくてしかたない2ポメ。
ニコニコです。

アジリティは、先生がまた新アイテムを持ってきてくれました。
グラグラ揺れる台です。
これに乗って5秒待つという遊びも入れながらのコース。

まずは自分でどう走るか考えてやってみて、そのあと先生のアドバイスを受けて走ります。
先生の言っていることが理解できるようになってきて、
ワンコを押し出したり引っ張ったりという、導くということが少しずつわかってきたような気がします。
奥が深いアジリティ、ますます楽しくなってきました。





昨日8月13日(火)、めいと風太のトリミングデーでした。
ついでに先週から気になっていためいのお耳の付け根の炎症と、
風太の鼻ハゲを診てもらいました。

めいは、炎症が広がってしまっているので、抗生剤セファクリアを7日間服用することになりました。
風太は、一箇所だけだからお薬を飲むほどではないだろうということで、様子見になりました。
先生に7/13に発作があったことを伝えて、
やっぱりフラジールは関係なかったのかも…
という話になりましたが、
今服用しているパセトシンでもIBDの症状が抑えられているので、 
引き続きパセトシンとステロイドでいくことになりました。

トリミング後、ふわふわさらさらつるつるになりました〜。

今回は、色違いのアメリカンな襟飾りでした。