立位で後ろに崩れやすい | 目黒訪問リハビリマッサージ協会

目黒訪問リハビリマッサージ協会

目黒区と世田谷区を中心に医療保険を使い、国家資格を持った施術家が訪問リハビリマッサージを行います。脳梗塞、脳出血後遺症など麻痺がある、歩行困難がありお困りの方は是非お問い合わせください

 目黒区と世田谷区を中心に脳梗塞後遺症、脳出血後遺症など 麻痺や歩行困難な方に、 ご自宅にお伺いし、訪問リハビリマッサージを行う 訪問リハビリマッサージ協会です。
 ぜひ、応援にぽちっと押してください。 
 
 
立ち上がり時に後ろに倒れやすいケースがあります。
 
それはどういう時かといいますと
・おじぎが不十分である。
・下ろした足の位置が前にでている
・痙性麻痺の伸筋が働き、骨盤や肩まわりが後ろに引いてしまうこと
・足首の関節の硬さ
 
があります。
 
そのために、どうするか。
 
・まず、足を前に出さず、後ろに引きます。
・背骨を曲げて猫背になるのではなく、股関節からしっかり曲げてお辞儀をする
・立ち上がろうとするより、頭が膝より前にでるように意識する。
 
特にお辞儀をするのは、怖さがでることもあります。
そのような時は目の前に少し低めのテーブルを起き、前に
お辞儀できる練習をするといいでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

目黒訪問リハビリマッサージ協会

東京都目黒区五本木2-16-2

03-6303-2726

https://meguro-rehabili.com/

https://meguro-rehabili.com/#contact-form