当日はあいにくの雨模様でしたが
子育て真っ最中の多くのパパさんママさんそして子どもたちがたくさん参加してくれた初めての「防災ママカフェ@目黒」が開催されました。


非常食の試作、試食では同じ年頃の子ども達を持つご家族同士が協力し合っている姿にほっこりさせて頂きました。

 

 

そして、皆さんがとても熱心にかもん先生のお話のメモを取っている姿が印象的でした。
パパやママの備えがあることで「守れるいのち」があることを参加者のみなさんと共有できたこと。
とても嬉しく思います。
目黒だって決して安全ではありません。
大きな災害が来た時安全な場所などどこにも無いのです。
でも怖がらず、その時が来た時に一人一人が冷静に正しく行動することで守れるいのちがあります。
知っているからこそ正しい判断ができるのです。


本日参加者の方からの質問で、「東京都帰宅困難者条例」に関する質問がありました。
条例では、従業者の一斉帰宅の抑制が事業者の努力義務となっていますが、共働きの場合、どの様に保育園へ子ども達をお迎えに行くのか?通っている園ではどの様な対応を取るのか?改めて保育園、勤務先、そして家族で事前に確認しておくべきポイントの重要性にも気づくことができました。

3.11の時、我が家では勤務先から子供が通う小学校まで徒歩で8時間かけて迎えに行きましたが当日では無く翌日のお迎えになってしまったご家庭もありました。
災害時、何日間ぐらい学校や保育園に待機(親が迎えに来るまで)していられる体制が整えられているのか?
ぜひ事前に知っておきたいところです。
今後も目黒ワークマムではこの部分にもフォーカスして皆さんと情報共有させて頂きたいと思います。
ご参加下さった皆様ありがとうございました。