今日は3つ覚えてました

忘れないように

ワシ、頑張りましたw

 

・家の中、知らない間取り

 リビングとそれにつながった

 畳の部屋みたいなところ

 リビング側にベッドがあって

 ワシが寝ている

 畳の部屋側に布団を敷いて

 母親が寝ている

 低周波か高周波か

 わからんけど空気が

 ビリビリ・ドンドン揺れて

 ベッド横に置いてあった

 ノートPCの配線コードが

 揺れて「なんだ??!!」

 となっておさまる。

 おさまったから寝てると

 玄関から人ならざるモノの

 気配がする

 布団をかぶって

 ビクビクしていると

 頭側の通路を行ったり来たり

 ズルッ・・・ガシャン、

 ズルッガシャンって音が

 部屋に響く

 母親は全然起きない

 何故か、気づかれると

 殺されるという恐怖が襲う

 どうしようと思っていると

 頭を覆う手と体が

 突然現れる

 (大丈夫怖くないよ)

 と、テレパシー??

 助かったと安心

 無意識に宇宙語を話すw

 頭を覆ってた人が

 宇宙語で返す

 何話したかよくわからず

 多分、その態勢辛くない?

 的な事を話したんだと思う

 態勢を変えた人は何故か

 上半身裸で

 あばらが浮き出てガリガリ

 お腹は餓鬼のように

 ポッコリしてた

 そこでふとある思いが

 湧き上がってくる

 「この人本当に味方か?」

 そんなこんなで

 疑心暗鬼してると

 ズルズルさせて動いてた

 人ならざるモノが

 「ん?三つ目がいるなぁ・・・」

 と、一言

 何の事?!って

 パニックになる夢w

 

・家にいると母親に

 買い物に行って来いと

 言われ、車を出そうと

 用意していると

 母の所に来ていた

 車の営業マン2人が

 自分たちも同行すると

 車に乗り込んできた

 (図々しいなぁ)と思いつつ

 目的地へ車を走らせるが

 途中の道が変わって

 通れなくなったり

 岩の滑り台みたいになって

 通れなくなってるところも

 あって、なかなか目的地へ

 行けない。

 ランクルに乗ったおっちゃんの

 車について岩の滑り台を

 強行突破

 でも行った先は行き止まり

 ランクルのおっちゃんが

 「あそこにいたねーちゃんが

 岩の滑り台降りれば

 他の道に抜けれるって

 言ってたんだよ!

 なんだよあいつ!

 嘘ばっかり言いやがって!」

 と、怒っていたw

 ワシは仕方ないなぁ・・・と

 来た道を戻ることを決めた夢

 

・どこかのアメリカの

 家族の家。

 (この時の夢はワシは

 登場せず、その家族の

 おばあちゃんの視点で

 物語を観ていました)

 家の前で家族でたむろしている

 父母子供3人まだ小さい

 とおばあちゃん(ワシ)

 白いダチョウみたいな

 でっかい鳥が家族を襲撃

 3兄弟が止めてあった

 車の中に入ったりして

 逃げまどっていた

 鳥のすきを見て家の中へ

 逃げるも鳥も入ってきてしまう

 おばあちゃんパニックになり

 地下へ続く階段をジャンプで

 一気に降りる

 (おいおい婆さんなのに大丈夫か?)

 と心配しているワシの夢

 

と、まぁこんな感じ

今回新しいタイプの夢が

出てきたね

自分じゃない誰かの

視点で観ている夢

初めてなんじゃないかなぁ・・・