夏休み問題vol.2「義実家&実家での滞在」 | ママでもママじゃなくても自由で豊かなオリジナル人生を創るGRACEコンサル&マザークレド®アカデミー<河間恵>

ママでもママじゃなくても自由で豊かなオリジナル人生を創るGRACEコンサル&マザークレド®アカデミー<河間恵>

女性として、自分の美意識と価値観を大切にした、自由で豊かなオリジナル人生を生きたい方にコンサルや講座を提供しています。ママであれば、ママの要素もプラスして楽しめる人生ですよね。このブログが一度きりの人生を思いっきり生きるきっかけになれば幸いです。


テーマ:

 

皆さん、こんばんは!
河間恵です。

さてさて

夏休みで外せないことといえば

やはり「義実家&実家での滞在」

ではないでしょうか。

そういう私も実家に滞在し

ヘトヘトになって

帰ってきました。

 

 

今までも

たくさんのママの方々のお話を

伺ってきましたが

 

その中で義実家&実家に関する

ご相談をまとめてみると

 

「なんであんなこと言うんだろう」

「なんであんなふうに言われなきゃ

ならないんだろう」

「なんでああいうことするんだろう」

 

といったものが

多いような気がします。

 

 

その言葉が出るのは

やはり

傷ついた時と

責められている、自分はダメだと

感じている時だと思います。

 

 

そして同時に

 

相手は非常識だ

感覚がおかしい

自分は間違っていない

 

と感じている時でも

あるように思います。

 

 

問題やすれ違いが起こるのは

いつも

「自分は間違っていない」

と感じていて

 

それを相手にも

「わかって欲しい」

「同調して欲しい」

と感じる時ではないでしょうか。

 

 

 

けれども

人は一人一人

感性も価値観も違います。

 

 

そして

絶対的な正しさは

この世にありません。

 

 

私は

どんな人にも

その行動や言葉の理由が

あると思います。

 

 

たとえ自分にはわからなくても

相手には

“相手の想い”

があります。

 

 

その“想い”が違う時に

相手に合わせるべきだとか

そういうことを言っているわけでは

ありません。

 

 

さらに

例えば義父母さまに関して

悩んでいらっしゃる方の

お話を伺うと、結局は

パートナーシップの問題だった

ということもよくあります。

 

 

ですから

感じていらっしゃる悩みの解決法は

お一人お一人のお話を

深く伺っていく必要があるのです。

 

 

 

ただ、より良い関係性を

築いていく方法の一つとして

 

もしも今年

「カチン」とくることがあったなら
ぜひ、ちょっとだけ

“相手の想い”

に意識を向けてみてください。

 

 

もしも何か

責められたと感じたならば

その時は

“自分の想い”

に意識を向けてみてください

 

 

相手に伝わっていなくても

ママであるあなたが

頑張っていること

いろいろなことを考えていることを

自分自身で認めてあげてください。

 

 

それだけできっと

だいぶ気持ちが

ラクになると思います。





 

 

 

 

****************
 

 

 

ママの幸せ自分軸創り
マザークレドアカデミー個別相談会

 

 

 

自分軸で生きるHAPPYな毎日へチェンジ!
ここからあなた本来の人生が始まる

GRACEセッション

河間 恵(かわま めぐみ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります