韓流時代小説 寵愛【承恩】〜100日間の花嫁〜王妃は優しく抱きしめてー好きなら潔く諦めるべきだわ | FLOWERS~ めぐみの夢恋語り~・ブログで小説やってます☆

FLOWERS~ めぐみの夢恋語り~・ブログで小説やってます☆

Every day is  a new day.
一瞬一瞬、1日1日を大切に精一杯生きることを心がけています。
小説がメイン(のつもり)ですが、そのほかにもお好みの記事があれば嬉しいです。どうぞごゆっくりご覧下さいませ。

韓流時代小説 寵愛【承恩】~100日間の花嫁~

  第二部最終話 Moon Butterfly~月の軌跡~

 

 前代未聞の「王妃の家出」!?
セリョンは一人娘の紅順王女を連れて翠翠楼に里帰りし
た。
そこで出逢った18歳の妓生メヒャンが何故か酷く哀しい瞳をしているのが気になる。
ー何とかして、あの可哀想な妓の力になりたい。
王妃になっても相変わらずのセリョンのお節介の虫が動き出してー。 

 

人物紹介  
チョン・セリョン(鄭世鈴) 

妓房(遊廓)の看板娘。まだ幼い頃からセリョンを水揚げさせて欲しいと願う客が殺到するほどの美少女。外見を裏切るお転婆娘。明るく、落ち込んでも立ち直りの早い憎めない性格。 

愼誠(シンソン)大君
英宗と貞慧王后との間の第一王子

陽誠(ヤンソン)大君
英宗と貞慧王后との間の第二王子

ホンスン公主(李紅順)
国王英宗と貞慧王后の間の第一王女

ムミョン(無名)
自らを「無名」(名無し)と名乗る謎の男。雪の降る冬の夜、深手を負っていた彼をセリョンが助ける陰のある美男なところから、翠翠楼の妓生(遊女)たちに絶大な人気を集める。隻眼ということになっているも、実は碧眼と黒目のふた色の瞳を持つ。

☆貞順大王大妃(シン・チェスン)
三代前の国王知宗の正室。王室の最長老であり、後宮の最高権力者。

************************

 よもや、一部始終を王族の若者が見ているとは想像だにしなかった。王族の若者はもう衝撃のあまり、言葉もなかった。彼は持参した花束を取り落としたのにも気づかず、その場から走り去った。
ーあの娘は清楚で虫も殺さぬ外見をしていながら、私とあやつを両天秤にかけていたのか!
 娘を信じていただけに、彼の怒りと衝撃は大きく、それはついには深い嘆きと絶望に変わる。
 恋人が帰った後、屋敷の女中がやってきて萎れた花束を渡した。
「どちらかの殿方がお忘れになったものでしょうか」
 女中は不思議そうに言ったけれど、花だけ庭先に置いて帰るなど妙なことだと娘は思った。
 翌朝、娘の許に悲報が届いた。あろうことか、幼なじみの中の一人、王族の若者が亡くなったというのだ。しかも、死因は自ら生命を絶ったというのである。娘は息が止まるほどの驚きと哀しみに沈んだ。
 しかし、事態は急展開する。王族の若者は遺書を自室に残していた。亡骸の傍らにあった遺書には恋い慕う娘との結婚を真剣に考えていたが、相手には別の男がいた。心をここまで弄ばれ侮辱されたからには最早生きてはいられないーそんなことが書かれていた。
 名前は伏せられていたものの、遺書に記された人物がそも誰なのかは明白だった。
ー私がいけなかったのだ。
 娘は我と我が身を責めた。自分がはっきりと求婚を断っていれば、彼は死なずに済んだのだ。どちらの男をも傷つけたくないと迷って、どっちつかずの態度を取り続けたことが結果として前途ある一人の若者の生命を奪ってしまった。
 娘は己れを責めるあまり、食事も喉を通らなくなってしまった。日がな泣き続けて暮らしている中に、いつしか身体を壊した。
 王族の若者が生命を絶ってから数えてみ月後の朝、娘もまた後を追うようにひっそりと眠るように亡くなった。
 その朝、我が娘の死を知り、深い哀しみを抱えて屋敷の門前に立った両班は驚愕した。屋敷の前に一夜で巨大な湖が出現していたのだ。
 父は悟った。娘の流した、たくさんの涙が降り積もり、屋敷の前に広大な池ができたのだと。彼はその池に蓮の種を撒いた。幾年か経ち、その蓮花は初夏が来れば一斉に開花し、それはもう見事な眺めになった。
 天上もかくやと思わんばかりの美しい景観は、まさにこの世の極楽浄土そのものだ。いつしか、その蓮池は〝天上苑〟と誰ともなしに呼ばれるようになった。
 はるかな年月が流れた今も天上苑と呼ばれる湖は今もそこに静かに横たわっている。
 幸薄い娘が流した涙でできた美しい湖。
 今は昔、二人の男たちに愛された娘の哀しい物語であることよ。

 語り終えた時、メチャンの眼(まなこ)はしとどに濡れていた。
 セリョンはかすかに微笑み、そっと手を伸ばしメチャンの髪を労るような手つきで撫でた。
「天上苑の話だって、誰が悪かったわけでもないわ。もちろん、彼女が早くに真実を伝えていれば事態が変わった可能性はあるけれど、果たして事実を知った若者が潔く身を引いたかどうかは判らない。最悪、二人の若者の間で無用な諍いが起きることもあり得たのよ」
 メチャンが涙の雫を宿した瞳でセリョンを見た。
「今は死ぬほど辛くても、また生きていれば良いこともあるわ。どうか耐えてちょうだい」
 セリョンはメチャンを抱き寄せ、そっとその背をさすった。メチャンの低いすすり泣きだけが室内に響いていた。
 いかほどの刻が流れたのであろうか。セリョンはメチャンが泣き止むまで辛抱強く待ち続けた。
「ありがとうございます。とりあえず、生きてみようと思います。自分の罪は忘れたふりをして」
 メチャンが気丈に言うのに、セリョンは頷いた。
「自分を責めないで。何度も言うけど、兵曹判書の若さまが自害したのは、あなたのせいだけではないわ。半分は自業自得のようなものよ」
「はい」
 メチャンが今は素直に応える。
 もう、大丈夫だと思った。見つめてくるメチャンの双眸にはわずかだが光が戻っている。取り返しのつかない事態になる前に止められて良かったと、つくづく思った。
 セリョンは手にした紙包みをメチャンの手のひらに乗せた。まだ数個の鞠型の飴が残っている。
「これ、食べて。お腹が減ったら、また妙なことを考えたくなるかもしれないから」
 メチャンが微笑んで頷く。セリョンも笑みで応え、立ち上がった。
 室の扉を開けかけ、セリョンは振り向いた。
「メチャン、一つ訊ねても良い?」
「はい」
 物問いたげなメチャンの視線に自らのそれを合わせ、セリョンはひと息に言った。
「これからーこれからというのは、例の恋人とのことだけどー、どうするの?」
 聞きにくい話ではあるが、メチャンにとっては重大なことに他ならない。また世を儚んでという行為にでも走ったら、セリョンは何故訊いておかなかったのかと後悔することになるだろう。
 メチャンはしばらく虚ろな視線を彷徨(さまよ)わせていた。永遠に続くと思われる沈黙の後、メチャンがしじまを破った。
「恐らく別れることになると思います」
「ーそれで、あなたは大丈夫なの?」
 メチャンが哀しげに微笑んだ。
「良いも悪いもありません。私はどちらの方とも縁がなかった、ただそれだけです」
「そう」
 それ以上、セリョンが口を挟むべき話ではなかった。恋人との別離は恐らくメチャンもそれこそ死ぬほど悩んで決めたに違いない。
 よしんば二人が元の鞘に収まって結婚したとしても、自害した男の存在はずっと夫婦の間に暗い翳を落とすだろう。いつの日か、それが決定的な破滅をもたらさないとはいえまい。
 これは単に男を捨てたとかフッたという話ではないのだ。第三者が死んだという事実は永遠に消えない。メチャンの言うとおり、辛くとも別れた方が若い二人のためにはかえって良いのかもしれなかった。
 だとしても、メチャンにとっては身を切るような辛い選択であったろう。
 死者を鞭打つようなことは言いたくはないけれど、セリョンはメチャンと恋人の仲に勝手に割り込み、果ては見せつけのように自害した男を恨めしく思わずにはいられなかった。
 愛するというのは、相手を独占し束縛することではない。心底からメチャンを愛しているなら、彼は潔く身を引くべきだった。