韓流時代小説 寵愛~隻眼の王の華嫁~国王だって所詮は恋するただの男だ、殊に愛する女の前では | FLOWERS~ めぐみの夢恋語り~・ブログで小説やってます☆

FLOWERS~ めぐみの夢恋語り~・ブログで小説やってます☆

Every day is  a new day.
一瞬一瞬、1日1日を大切に精一杯生きることを心がけています。
小説がメイン(のつもり)ですが、そのほかにもお好みの記事があれば嬉しいです。どうぞごゆっくりご覧下さいませ。

韓流時代小説 寵愛【承恩】

~隻眼の王の華嫁は二度、恋をする~

 第三話 ポジャギの謎

 

「そう、今だけは、王と町娘ではなく、ただの男と女でいたい。せめて今だけは、ただのセリョンとムミョンでいられるこの大切な時間に浸りたい」
~遊廓の女将の娘が王様を好きになっても良いの?~

とある国王の御世、都漢陽では旅の一座が上演する仮面劇「王宮の陰謀」が大流行。
翠翠楼の一人娘、セリョンは念願叶って「王宮の陰謀」を見た帰り道、大怪我をして行き倒れていた美しい青年を助けるが-。

人物紹介  
チョン・セリョン(鄭世鈴)-後の貞慧王后
妓房(遊廓)の看板娘。まだ幼い頃からセリョンを水揚げさせて欲しいと願う客が殺到するほどの美少女。外見を裏切るお転婆娘。明るく、落ち込んでも立ち直りの早い憎めない性格。 

ムミョン(無名)-王世子(世弟)・後の国王英宗
自らを「無名」(名無し)と名乗る謎の男。雪の降る冬の夜、深手を負っていた彼をセリョンが助ける陰のある美男なところから、翠翠楼の妓生(遊女)たちに絶大な人気を集める。隻眼ということになっているも、実は碧眼と黒目のふた色の瞳を持つ。

☆貞順大王大妃(シン・チェスン)-韓流時代小説「後宮秘帖~逃げた花嫁と王執着愛」主人公。
三代前の国王知宗の正室。王室の最長老であり、後宮の最高権力

者。


********************************************************************


「ね、ムミョン。私、思うの」
「ん? 何だ」
 優しい声で促され、セリョンは続ける。二人は話しながら、わざとゆっくり歩いた。まるで忙しく二人の傍らを過ぎゆく刻が二人を引き裂こうとするのに抗うように。
「人って哀しい生きものよね」
「―」
 セリョンの気持ちを図りかねるように、ムミョンが心もち眼を眇める。セリョンは構わず続けた。
「人を愛する心は本来はとても美しいものよ。なのに、その愛が間違った方向へ向いてしまったら、それはもう美しいとはいえないものに変わってしまう」
「ヤン氏の令嬢のことを言っているのかい?」
 セリョンは頷いた。ムミョンは少し躊躇うそぶりを見せた後、言った。
「セリョンには酷なことを言うようだけど、今回、令嬢の許に通っていたという男に愛があったかどうか、俺は疑問に思う」
 更に、彼は流石に言いすぎたと思ったのか、付け足した。
「もしかしたら、最初は愛があったとしても、最後は失せていただろう」
「そうよね。結局、ソンジョンは亡くなったんだから」
 二人とも口には出さないが、考えていることは同じだと判った。恐らく、ソンジョンは殺された―しかも、愛し信頼していた男に。
 セリョンは哀しげな口調で言った。
「一年前の心中事件もそうだった。チ女官はシン内官を愛していたのに、とどのつまり、シン内官はチ女官を裏切ったわ」
「今回の事件が同じ軌跡を辿らないことをひたすら願うばかりだ」
 ムミョンの声も沈んでいた。だがな、と、彼は明るい物言いになった。
「物事の悪い面ばかり見て、悲観的になるのは良くない。いつも前向きな、そなたらしくないぞ。俺はセリョンを好きだし、愛している。セリョンさえ側にいてくれれば、何も要らないと思うほどに。その俺の心はこれから先も変わらないし、俺はそなたも同じだと信じているよ」
「―私もムミョンを好きよ」
 セリョンは潤んだ瞳で、彼を見上げた。けれど、この先の科白はけして彼には言えない。
 だって、私はあなたのように強くないから。
 きっと後宮に入って側室となったら、あなたに同じように仕える女君たちに嫉妬するわ。高貴で気高い中殿さま初め、後宮という王一人のために集められた花園で絢爛と咲き誇る艶やかな花たち、その花すべてに醜い憎しみを抱いてしまう。
 この気持ちは、あなたを好きになればなるほど相反して強くなる。本当の私の心を知った時、きっと、あなたは私に愛想を尽かして嫌いになるでしょう。
 もし、あなたが人の心を読めるのだとしたら、私はすぐに嫌われてしまうわ。あなたが私の心を読めなくて良かった。
 そろそろ漢陽の町を気まぐれな夜の女王が闇色の衣ですっぽりと包み込む時刻だ。翠翠楼のある色町は、遊廓が軒を連ね、この時刻には各見世の軒先につり下がった色鮮やかな角燈に灯りが点り、それらが昼間は森閑とした町に別世界のような華やかさを添える。
 はんなりとした灯りが照らし出す妓房からは伽耶琴の音が嫋々と鳴り響き、女たちの笑い声と客の酔った声が合間に混じる。まさに、都の一角に、男たちにとっては夢幻の別世界が一夜だけ出現するのだ。
 今、セリョンはその色町の一角にある翠翠楼へと帰ってゆこうとしている。ムミョンはセリョンの双眸をのぞき込んだ。
 冴え冴えとした黒曜石の瞳に、初夏の朝、花びらを濡らす滴のような透明な涙が浮かんでいる。じいっと眺めているだけで、瞳の底に魂ごと絡め取られ、すべてをなげうって溺れてしまいたい衝動に駆られる。
 美少女は男を惑わす危うい色香を持っている。セリョンが己れの美しさを自覚していないことを、ムミョンは歓ぶべきなのか嘆くべきなのか。
 恐らく、彼女がその気になれば、愚かな男はこの国ごと彼女に捧げるかもしれない。国王だって、所詮はただの恋する男だ、殊に愛する女の前では。
 ただし、セリョンがそんな傾国の女になることは金輪際あり得ないだろう。何故と問われれば、それは彼女がチョン・セリョンだからとしか言い様がない。この国の王は、そういう女だからこそ、彼女を愛した。
 ムミョンが愛でるのはセリョンの美しい容姿だけではない、心の美しさ、気高さ、優しさなのだ。
「堪らないな」
 ムミョンがセリョンの顎を掬い上げ、唇を奪った。
「―愛してる。俺にはそなただけだ」
 二度目に唇を契る合間に、男が呟いた短い言葉がセリョンの心に滲みた。
 二人は色町に入っても、まだ手を繋いだままだった。言葉はなくても、繋ぎ合った指先から彼の想いが流れてくるようで。
 だから、セリョンは翠翠楼の前でムミョンと別れるときも、辛うじて笑顔でいられたのだ。
―どれだけできるか判らないけど、私、努力するわ。たとえ、あなたが名家のお嬢さまを正妃に迎えたとしても、心から祝福できるように、おめでとうと言えるように頑張るわ。
 ―だって、あなたを好きだから。困らせたくないから。
 この時間、色町の往来は殆どが男性ばかりである。たまに女と二人連れなのは、馴染みの妓生と歩いている客だ。ムミョンは鐔広の帽子を深く被り直し、そんな酔客たちが行き交う人波へと消えた。
 翠翠楼の前に佇み、セリョンは、ひっそりと涙を流した。右手は知らず左手の月長石の指輪を撫でている。
 私には、この指輪がある。これがある限り、ムミョンと私の心はどれだけ離れていても繋がっているんだもの。だから、大丈夫、私は泣かない。
 泣いていることに気づかないでいる間に、セリョンの白い頬を大粒の涙がすべり落ちていった。
 まだ少し冷たさを含んだ夜風が少女の長い髪を揺らして通り過ぎる。色町の夜はまだ始まったばかりであった。
  
 翌日の朝になった。セリョンは迎えにきたムミョンと連れ立ち、目的の場所へと向かった。今日はヤン・ソンジョンの親友を訪れる手筈だ。
 道すがら、セリョンは袖から縦長の包みを取り出した。
「これ」
 差し出せば、ムミョンが眼を見開く。
「何だ?」
「おっかさんからのお土産だって」
「ホホウ、女将が俺に土産だなんて、都に紅い雪が降る―」
 軽口を叩きかけ、セリョンが可愛い顔で睨んでいるのに気づき、口を噤んだ。実の母娘でないからこそ余計に、この親子の間には余人の立ち入れない強い絆がある。愚かしいと思いながらも、ムミョンは時折、セリョンの心をそこまで独占する女将に羨望を憶えることが時としてあった。
 一方、セリョンはセリョンで、これをムミョンに渡しておくれと頼まれた際の母の表情を思い出していた。
―雲の上にお住まいのお方にはお目汚しかと存じますが。
 ひと言添えて欲しいと、セリョンに言ったのだ。本心から嬉しげに包みを開くムミョンを、セリョンは横で眺めていた。
「お、筆だ」
 子どものように瞳を輝かせている。あまり知られてはいないが、当代の国王英宗は実は、かなりの達筆であり能書家であった。セリョンもムミョンの書いた手蹟を見たことがある。勇壮で、かつ流れるような品がある。
 セリョンも幼いときから詩歌、管弦何でもできるようにと教養は厳しく仕込まれたし、近所の両班の学者の私塾に通ったお陰で、難しい漢籍もすらすらと読みこなせる。自分で言うのも何だけれど、もし男性なら科挙だって合格する自信はある。
 ゆえに、書の善し悪しも多少は理解できると思っていたが、ムミョンの手蹟は見事なものだ。翠翠楼にふらりと来た時、セリョンの室で彼が気まぐれに書き散らした手蹟があった。唐の李白の詩をさらさらと無造作に書いたのを母に見せると、ヒャンオルは絶句した。
―これをあの用心棒が書いたのかい?
 まだ国王だと正体が知れるまで、一時、ムミョンは翠翠楼の用心棒を務めていた。その名残で女将は今でも彼を用心棒呼ばわりする。
 流石にヒャンオルも、あまりの名筆ぶりに声もなかった。数日後、翠翠楼の賓客しか通さない広間には、ムミョンの書いた漢詩が表装されて上座に掛かった。
―これは畏れ多くも国王殿下のお手になる書なんでございますよ。
 上得意のお大尽を前に、女将は得意げに披露したところ、既に老齢といって良い客は笑った。
―確かに滅多と見ないほどの能筆ではあるが、まさか、それはないだろう、女将。
 件(ぐたん)の書にはむろん、国王の落款すらなかった。また、仮に、そのようなものがあったとしても、偽物を騙る畏れ多い代物だとかえって客は尻込みしたはずである。