韓流時代小説 寵愛~隻眼の王の華嫁~王様は今日も王宮を抜け出し、恋人の元に馳せ参じて | FLOWERS~ めぐみの夢恋語り~・ブログで小説やってます☆

FLOWERS~ めぐみの夢恋語り~・ブログで小説やってます☆

Every day is  a new day.
一瞬一瞬、1日1日を大切に精一杯生きることを心がけています。
小説がメイン(のつもり)ですが、そのほかにもお好みの記事があれば嬉しいです。どうぞごゆっくりご覧下さいませ。

韓流時代小説 寵愛【承恩】

~隻眼の王の華嫁は二度、恋をする~

 第三話 ポジャギの謎

 

「そう、今だけは、王と町娘ではなく、ただの男と女でいたい。せめて今だけは、ただのセリョンとムミョンでいられるこの大切な時間に浸りたい」
~遊廓の女将の娘が王様を好きになっても良いの?~

とある国王の御世、都漢陽では旅の一座が上演する仮面劇「王宮の陰謀」が大流行。
翠翠楼の一人娘、セリョンは念願叶って「王宮の陰謀」を見た帰り道、大怪我をして行き倒れていた美しい青年を助けるが-。

人物紹介  
チョン・セリョン(鄭世鈴)-後の貞慧王后
妓房(遊廓)の看板娘。まだ幼い頃からセリョンを水揚げさせて欲しいと願う客が殺到するほどの美少女。外見を裏切るお転婆娘。明るく、落ち込んでも立ち直りの早い憎めない性格。 

ムミョン(無名)-王世子(世弟)・後の国王英宗
自らを「無名」(名無し)と名乗る謎の男。雪の降る冬の夜、深手を負っていた彼をセリョンが助ける陰のある美男なところから、翠翠楼の妓生(遊女)たちに絶大な人気を集める。隻眼ということになっているも、実は碧眼と黒目のふた色の瞳を持つ。

☆貞順大王大妃(シン・チェスン)-韓流時代小説「後宮秘帖~逃げた花嫁と王執着愛」主人公。
三代前の国王知宗の正室。王室の最長老であり、後宮の最高権力

者。


********************************************************************


 セリョンは慎重に役人たちの様子を窺った。彼等が一時、話しながら亡骸の側を離れた隙に近づき、跪いてそっと筵をめくった。
 なるほど、老人の言ったとおり、亡骸はまだ若い女だった。年の頃はセリョンと同じか、少し上くらい、なかなかの美人である。着ているものはきちんと洗濯はしてあるものの、粗末なものだ。
「―」
 セリョンはハッとした。娘の細い首筋には明らかに鬱血があった。これは誰かに首を絞められた痕跡に違いない。
 でも、捕盗庁のお役人は溺死だって―。
 更に視線を動かせば、亡骸の腹部は心なしか盛り上がっていた。
―被害者は妊娠している?
 よくよく見なければ判らないだろう。同じ女性だからこそ判ったのかもしれないが、セリョンもこうして間近で見なければ見逃したかもしれない―つまりは、妊娠中期、恐らくは五ヶ月くらいといったところだ。
 思い惑うセリョンの耳を、だみ声が打った。
「娘、そこで何をしているっ」
 セリョンは慌てて立ち上がった。
「申し訳ございません。この人が友達によく似ていたもので」
「それで、どうなのだ、この者は知人だったのか?」
 鋭い口調で訊ねられ、セリョンは首を振る。
「人違いでした。お役人さま、気の毒な娘さんは、一体、何故、このような酷いことになったのでしょう」
 役人はぞんざいに言い放った。
「若い娘ゆえ、深夜に親の眼を盗んで逢い引きでもしておったのではないか」
「昨夜は闇夜ゆえ、脚を滑らせたのだろう」
 別の傍らのこの中では長官らしい男が事もなげに言い、セリョンは小さく礼を言った。
「だが、そなた、知り合いでもないというに、何故、そのように亡くなったこの者に拘る?」
「先ほども申し上げましたように、友達に似ているので、他人事とも思えず、つい、ご無礼を致しました」
 役人たちの不審げな視線を振り切るようにセリョンは慌てて人垣から離れ、また歩き出した。
 この橋を渡った先に、小さな酒場がある。酒場といっても、大衆食堂で酒も出すといった感じの店だ。翠翠楼で長らく料理番を務めた女がやっていた食堂である。今はその娘が女将をしており、引退した元女将は食堂の近所に一人暮らしをしていた。
 花屋で花を買ったときは、その元女将の許にもお裾分けで花を持ってゆくのが恒例となっている。なので、セリョンも今日は翠翠楼に帰る前にそちらに寄ろうと思っていたのだ。しかし、どうやら、それどころではなくなったようだ。
 腕の中の花束が急に重い石となったかのようで、先刻までの華やいだ気分は忽ち消えてしまった。セリョンはうつむき、力ない足取りで元来た道を引き返した。

 

 

 その翌日、セリョンは妓房の裏庭に佇んでいた。翠翠楼の庭はけして広いとはいえないけれど、四季の花が植わっている。桜の花の季節が終わった今、庭には明るい蒼色の小さな忘れな草が無数に咲いていた。
 しゃがみ込んで見つめているセリョンの頭の中は、例の溺死事件で一杯だ。
 亡くなったのはまだ二十歳になるかならないかの若い女で、自分とさほど変わらない年だった。何故、あの美しい娘があんな死に方をしなければならなかったのか?
 しかも、捕盗庁の役人たちは、素人が見ても溺死と決めつけられないと思うにも拘わらず、溺死だと語っていた。あの後、事件はどうなったのか、やはり、あのまま溺死として片付けられたのだろうか?
 セリョンが見る限り、あの女は足を滑らせて川に落ちたわけでもなく、溺れ死んだわけでもない。首に明らかに締められた跡があった。首の鬱血だけで他殺だと決定することはできない。或いは首を絞められ気絶させられた上で、川に投げ込まれたという可能性もあるにはある。
 その辺りは検視をして亡骸を検めれば、すぐに判別することだ。あの後、亡骸は一旦役所に運ばれたはず。医官の検視によって正しい死因が判明されれば、単なる被害者の不注意による溺死事件ではないと知れるだろうが―。
「―リョン、セリョン!」
 考え事に耽っていたセリョンは自分がずっと呼ばれているのにも気づかなかった。
「おーい、チョン・セリョン。どうした?」
 漸く気づいたときには、端正な男の顔が間近に迫っていた。互いの息遣いさえ聞こえそうなほどの近い距離に、セリョンは仰天し、声が裏返った。
「な、なに? いきなりすぎる」
 と、光王に負けないくらい男ぶりの良い彼、ムミョンが憮然として言う。
「何だ、半月ぶりに逢ったっていうのに、その色気のない声は」
 今日のムミョンは珍しく薄桃色のパジを纏っている。鐔広の帽子から垂れ下がるのはパジに合わせた紅水晶か。
 それで、セリョンは嫌でも昨日の一連の出来事―光王という男前の小間物屋に出逢ったこと、町外れの小さな橋のたもとで遭遇した溺死事件をまた思い出した。
 美貌の彼は、どんな色の衣装でも難なく着こなしてしまい、セリョンから見ても羨ましいほどだ。セリョンは今日も魅力的な彼を見上げ、小首を傾げた。
「昨日、町外れで奇妙な事件を見たのよ」
「奇妙な―事件?」
「もしかしたら、王さまであるあなたの耳にはもう入っているかもしれないけど」
 そう、このムミョン、どこから見ても両班の貴公子にしか見えないが、実は両班どころではない、王さまなのだ。町中に出てくるときは、こうやって両班の若さまに身をやつしている。
 セリョンは昨日、見た一部始終をすべて話した。ムミョンはいつものようにセリョンの一言一句に真剣に耳を傾けている。
 やがて、彼はホウッと息を吐いた。
「いや、残念なことに、俺はそんな話はどこからも聞いてないな」
 もっとも、よほどの大事件ならともかく、町外れで起こった溺死事件など、いちいち国王の耳に入るはずもないのだ。セリョンは頷いた。
「そう、やっぱり知らなかったのね」
「そなたは、単なる溺死事件ではないと思うのか?」
 畳みかけられ、セリョンは頷いた。
「首に絞められた痕があるからといって、直接の死因がそれだとは限らない。でも、ただの溺死っていうか、事故死ではないというのは判るわ。ついでに言うなら、首に絞められた痕があること自体、とても不穏なものを感じるのよね」
「確かに、そなたの言うとおりだ。俺もその考えには賛成だ。穿った見方をすれば、入水自殺の前に、首を括って死のうとして失敗したとも考えられなくはないが」
 続きはセリョンが引き取った。
「まず、あり得ないわ」
「被害者は何らかの事件に巻き込まれたと考えた方がはるかに自然だ」
 セリョンは溜息をついた。
「亡くなった女性が妊娠していたらしいっていうのも引っかかるの」
「それは真なのか?」
 セリョンはムミョンを上目遣いに見た。
「多分、ね。そういうことに、女は敏感なのよ」
「なるほど、同性ならではの勘というわけか」
「勘だけではないわ、見た目も気をつけて見れば、判る程度には大きくなっていたもの。もうひと月もしない中には誰が見ても妊婦だと判るようになっていたでしょうね」
「つまりは」
 ムミョンが言いかけ、二人はどちらからともなく顔を見合わせた。
「懐妊がバレるのを怖れた何者かが娘を殺した?」
「そういう可能性も十分あり得るとは思うの」
 セリョンはまた重い息を吐き出し、ムミョンを見た。
「私、この事件の真相を探ってみようと思うんだけど」
「おいおい、また捕盗庁の調査官の真似事か?」
 ムミョンのからかい口調に、セリョンはキッとなった。
「茶化さないで。人ひとりの生命が失われたのよ? しかも、私が見ても単なる事故じゃないと判りきった事件を溺死として片付けようとする。そんなことがあって良いの?」
 ムミョンは素直に謝った。こういうところも、彼の多くの美点の一つである。彼の正体はこの朝鮮の王で、この国では国王は昔から龍の化身とされ、神聖にして絶対的な存在だ。なのに、彼は自分が悪かったと思えば、誰に対しても隔てなく素直に頭を下げる。
 セリョンは日頃から、身分が高ければ高い人ほど、己れを省みる謙虚さが必要だと信じている。ムミョンのこの美点はとても好もしいと思うし、彼に惹かれる理由の一つでもある。
「悪かった、別にからかうつもりはなかった。ただ、俺はそなたがまた一年前の夜桜心中のときのように、危険に巻き込まれるのが心配なんだ。できれば、大切な女を危ない目に遭わせたくない」
 丁度一年前、王宮庭園の桜の下で若い内官と女官が心中するというセンセーショナルな事件が起きた。その時、セリョンはムミョンから頼まれ、女官に扮装して後宮に潜入調査に入ったのだ。セリョンは迷宮入りした事件を見事に解決し、実は心中に見せかけた他殺だと真相を解き明かした。
 ムミョンの皮の眼帯に覆われていない片方の瞳―漆黒の右眼は本当に心配そうな色が浮かんでいる。彼が心底から我が身を案じてくれているのは判った。
「あなたの気持ちは嬉しい。でも、さっきも言ったように、私にはこの事件は見過ごしにはできない」
 たとえムミョンが協力してくれなくても、セリョンは独力でも事件を探るつもりだった。無抵抗なうら若い女が生命を落としたのだ、このまま見過ごしになんて、できるはずもない。
 ムミョンもセリョンに負けないほどの盛大な息を吐いた。
「そう言うと思ったよ。まったく、そなたには敵わないな」
 彼は呟き、腕を伸ばしてセリョンを逞しい腕に閉じ込めた。
「か弱い民を労ろうとするその慈悲の心、優しさは王の将来の伴侶としては必要なものだ。けれど、俺はそなたが進んで炎に飛び込んでゆこうとする度に、肝が冷える。今回の事件について、俺はこれから宮殿に帰って詳しく調べてみる。もしかしたら、事件は単なる溺死ではなく、他殺で調査が始まっているかもしれない。だから、俺から連絡があるまでは、大人しくしていてくれ。約束してくれるなら、俺もそなたに協力して事件を探ろう」
 黙り込むセリョンの耳許に、吐息混じりの声が囁く。
「約束できるな、セリョン?」
「判ったわ、あなたから連絡があるまで、勝手に動いたりしない」
 ここまで言ってくれる彼に、セリョンもそう言うしかなかった。