韓流時代小説 寵愛~隻眼の王の華嫁~光王ー町中で見た青い眼の美男は英宗に酷似?私の心が怪しく揺れ | FLOWERS~ めぐみの夢恋語り~・ブログで小説やってます☆

FLOWERS~ めぐみの夢恋語り~・ブログで小説やってます☆

Every day is  a new day.
一瞬一瞬、1日1日を大切に精一杯生きることを心がけています。
小説がメイン(のつもり)ですが、そのほかにもお好みの記事があれば嬉しいです。どうぞごゆっくりご覧下さいませ。

韓流時代小説 寵愛【承恩】

~隻眼の王の華嫁は二度、恋をする~

 第三話 ポジャギの謎

 

「そう、今だけは、王と町娘ではなく、ただの男と女でいたい。せめて今だけは、ただのセリョンとムミョンでいられるこの大切な時間に浸りたい」
~遊廓の女将の娘が王様を好きになっても良いの?~

とある国王の御世、都漢陽では旅の一座が上演する仮面劇「王宮の陰謀」が大流行。
翠翠楼の一人娘、セリョンは念願叶って「王宮の陰謀」を見た帰り道、大怪我をして行き倒れていた美しい青年を助けるが-。

人物紹介  
チョン・セリョン(鄭世鈴)-後の貞慧王后
妓房(遊廓)の看板娘。まだ幼い頃からセリョンを水揚げさせて欲しいと願う客が殺到するほどの美少女。外見を裏切るお転婆娘。明るく、落ち込んでも立ち直りの早い憎めない性格。 

ムミョン(無名)-王世子(世弟)・後の国王英宗
自らを「無名」(名無し)と名乗る謎の男。雪の降る冬の夜、深手を負っていた彼をセリョンが助ける陰のある美男なところから、翠翠楼の妓生(遊女)たちに絶大な人気を集める。隻眼ということになっているも、実は碧眼と黒目のふた色の瞳を持つ。

☆貞順大王大妃(シン・チェスン)-韓流時代小説「後宮秘帖~逃げた花嫁と王執着愛」主人公。
三代前の国王知宗の正室。王室の最長老であり、後宮の最高権力

者。


********************************************************************


 明るい陽差しに、やわらかな風が頬を撫でて通り過ぎる。セリョンは眼を軽く瞑り、深呼吸した。
―やっぱり、春は最高ね。
 ここは都漢陽(ハニャン)は下町の目抜き通り、様々な露店が都大路の両脇にひしめいている。セリョンの両腕にはそれこそ抱えきれないほどの無数の山吹と小手毬が抱えられていた。
 セリョンは都でも評判の妓楼翠翠楼の女将ウォルヒャンの一人娘である。ウォルヒャン自身が妓生であったにも拘わらず、セリョンは妓生にはならず、専ら見世の使用人たちの監督と雑務を担っている。セリョンは、幼いときから目立つほどの美少女だった。そのため、女将を通じてセリョンを妓生として水揚げしたいと望む旦那衆は多かった。
 けれども、ウォルヒャンは自身が妓生として苦界で生き抜いてきて、遊女として生きる哀しみを知っている。むざと可愛い娘にそんな想いはさせたくないと、どんなに高額の水揚げ料を示されても、きっぱりと断っていた。
 とはいえ、女将とセリョンの間に血の繋がりはない。セリョンは生まれてほどなく、翠翠楼の前に捨てられていたのだ。捨て子であったセリョンを女将は実子として慈しみ育てた。
 今朝、セリョンは妓生ファオルの代わりにに花屋まで花を買いにきた帰りだった。ファオルは翠翠楼一の稼ぎ頭であり、セリョンにとっては優しい姉のような存在である。ファオルは単に美しいだけでなく、難しげな漢籍まで読みこなし、伽耶琴(カヤグム)、舞、詩、何をやらせても一流だ。ついでに政府のお大尽が登楼した日には、政治談義までそつなくこなす。
 まさに、名妓と呼ぶにふさわしい才媛であり、セリョンの憧れでもあった。
 ファオルは毎朝、翠翠楼のすべての室を一巡し、庭で摘み立ての花を生けて回る。庭に適当な花がないときは、近くの露店まで買いにゆくのが日課であった。生憎とその日、ファオルは軽い風邪を引き込んでしまい、代わりにセリョンが花屋まで来たというわけだ。
 今、セリョンは小間物屋の前にいた。低い露台には所狭しと装身具が並べられている。色とりどりのノリゲは比較的値の張るものは露台に、安価なものは露台前に張り巡らされた紐につり下げられている。
 小さな籠には玉(ぎよく)の指輪が積み上げられ、花を象った玉をあしらった髪飾りがその横にきちんと並んでいた。いかにも女性が歓びそうな、美しいものばかりだ。
 セリョンが魅入っていると、陽気な声が飛んでくる。
「まさに花に止まった蝶のごとし、だな」
 つと顔を上げれば、視線の先に長身の若者がいた。セリョンの恋人ムミョンも飛び抜けて背が高いが、この若者も負けてはいない。
 小柄なセリョンからすれば見上げるような長身、更に成人にも拘わらず長い髪は結わずに後頭部で一つに束ねただけだ。元々色素が薄いのか、春の陽光に照らされた髪は月の光を紡いだような黄金色に輝いている。
 若者と眼が合い、セリョンは息を呑んだ。二十代前半ほどの彼の双眸は、深い蒼に染まっていたからだ。
 セリョンの意識は笑い声で現実に引き戻された。
「そんなに俺の顔に見惚れて、どうするんだ? お嬢さん」
 そのひと声で、セリョンは自分が見知らぬ男の顔をまじまじと見つめていたのに気づき、赤面した。
 男の両眼は既に、この国ではよく見かける漆黒に戻っている。
「ごめんなさい」
 初対面の相手の顔を穴が空くほど見つめるなんて、はしたないにも程がある。素直に謝ったセリョンを、男は眼を細めて見つめた。
「構やしないさ。見てのとおりの面だ、そんな風に奇異の眼で見られるのは慣れてるから、平気だよ」
「いえ、そういうわけでは」
 セリョンは少し戸惑い、正直に告げた。
「私の知っている人もあなたと同じような眼をしているの、だから、つい同じだなと思って」
 セリョンの恋人にして許婚者のムミョンは、左眼だけが深い海のように蒼い。厳密に言うと、この若い露天商のように普段は黒っぽい茶色で、時に蒼く染まって見えるというのとは違う。
 ムミョンの曽祖母が異様人であったというから、大方はその名残ではないかと当人は話している。右目はごく普通の朝鮮人のように漆黒であるため、幼いときから左右の色が違う眼のせいで〝化け物〟と義母や異母兄から蔑まれて育ち、心に深い傷を持っていた。
 もっとも、ムミョンは片眼だけがずっと蒼で、色の変化はない。この男のように両眼ともに普段は殆ど黒なのに、時に蒼く見えるというわけでもない。それでも、思いかけぬ場所で恋しい男と似たような眼の色の男を見て、嬉しかったのは確かだ。
 ムミョンも相当の美男だが、眼前の男も負けてはいない。彼はニッと笑った。
「じゃあ、そいつも俺と同じで、異様人の血を引いてるのかな」
「ええ、彼のひい祖母さまが外国の人だったみたい」
「俺のところは、祖母が異様人だったってさ」
 彼は屈託なく言い、小首を傾げた。
「安くしとくぜ、これなんか、あんたに似合いそうだ」
 差し出されたのは春に咲く桜を象った紅水晶(ローズクオーツ)のノリゲだった。
「なかなかの逸品なんだが、もう桜の季節が終わったんで、少し負けても良い。普段なら、うちのような露店ではなかなか扱わないくらいの値打ちものだぞ?」
 セリョンは微笑んだ。
「ごめんなさい、私、大切にしているものがあるので」
 チョゴリの紐に結んだノリゲを指し示した。恋人ムミョンから贈られた花のノリゲだ。淡い黄色に染まった水仙は月長石(ムーンストーン)で、見事なものである。ノリゲとお揃いの簪も今、セリョンの艶やかな黒髪を飾っている。
 若者はしばらくノリゲを注意深く見つめていたかと思うと、頷いた。
「確かに、なかなか良い品だな。どこで買ったんだ?」
「以前、ここにお店を出していたおじいさんから買ったの。正確に言うと、買ったのは私じゃなくて別の人だけど」
 そこで、若者がしたり顔で頷いた。
「なるほど、そのノリゲを買ったという男が俺と同じような眼をしているんだな」
 気が付けば、男がじいっとセリョンを見ている。
「そいつ、あんたの良い男かい?」
 親指を突き出され、セリョンは更に頬に朱を散らした。
 男が喉を鳴らして笑う。
「どうやら図星なようだな」
 笑いながら、男が続けた。
「マ、お嬢さんみたいな美人にもう決まった男がいないって方がこちとら愕くよ。惜しいが、俺は他人さまのものをかすめ取るような真似はしない主義でね。まったく腕に抱えてる花束が色褪せるほどの別嬪じゃないか」
 直裁な褒め言葉に、セリョンはかえって居心地が悪い。男はセリョンの戸惑いなど頓着なく、胸許を見ながら言った。
「そのノリゲは月長石だな。この紅水晶も露店で扱う方では高級なものになるけど、その月長石も似たようなものだろう。しかも、丁寧な細工だ。こうした装飾品はどうしたって作った職人の心映えが出るんだよ、あんた、良いものを貰ったな、大切にしろよ」
「ええ、そうするわ」
 セリョンも笑顔で応え、ふと気になったことを訊ねた。
「そういえば、ここにお店を出していたおじいさん、最近は見かけないけど」
「あの爺さんはあちこち場所を変えてるんだよ、また思い出した頃にひょっこりと戻ってくるさ」
「なら良かったわ」
 セリョンとムミョンがお揃いで填めている指輪も月長石で、その老人から貰ったものだ。最近はいつも店を出していたこの場所で見かけないため、セリョンは気になっていたのだ。
「それじゃ、また」
 セリョンが軽く会釈してゆき過ぎようとして、また男の声が追いかけてきた。
「ああ、お嬢さん(アガツシ)の名前は?」
 セリョンは立ち止まり、振り向く。
「チョン・セリョンよ」
「俺は光王(カンワン)。また気が向いたら、寄ってくれよ。何も買わなくても良いから」
「ええ」
 セリョンは笑顔で頷き、今度こそ大路を行き交う人波に混じって歩き出した。ふと背後で陽気な声が聞こえた。
「おっ、そこの綺麗なお嬢さん、この蝶の髪飾りはどうだい? これを髪に挿せば、蝶がまさに美しい花に止まった風情だ」
 新しい客が来たのだろう、あれほどの美男で口が上手ければ、若い女ならずとも客はひきもきらないはずだ。まったく女相手の商売を選ぶとは、頭の回る男だ。
 そういえば、自分に声をかけてきたときにも同じようなことを言っていたと思い出し、セリョンは笑みを浮かべた。
 華やかな見た目と饒舌なところから、ちょっと見には軽薄な男だと思われるかもしれないけれど、根は真面目な人間だというのはセリョンにも判った。もっとも、男がセリョンに対して並べ立てた褒め言葉については、単なるお愛想、お世辞だとは判っていたが。セリョンは自分の美しさについて皆目自覚がない。
 もっとも、そういう無垢なところが余計にセリョンの魅力ともなっているのだ。
 道に落ちた春の陽差しは明るい。先ほどの光王という陽気な男のお陰もあり、セリョンは浮き浮きとした気分で道を辿る。大勢の人が行き交う大通りを抜け、町外れに流れる小さな川に掛かった橋の手前まで来たときだった。
 橋のたもとに人だかりができている。どうやら、捕盗庁(ポドチヨン)の役人まで出張ってきているようだ。一体、何事かとセリョンは自ずと小走りになった。何列にも人垣ができている背後から背伸びしてみても、小柄なセリョンでは何が起きているのか判らない。
「済みません、ちょっと通して下さいね」
 声をかけつつ、小柄なのを良いことに人垣を縫いながら前にそろそろと進み出る。運よく最前列まで出ることができ、彼女は息を呑んだ。
 筵をかけられた亡骸がほんの少し先に見え、役人たちは亡骸を囲んで難しげな表情で何やら話し込んでいる。遺体は頭からすっぽりと筵で隠されているため、男女の別はおろか年格好も定かではない。
 セリョンは小声で隣の杖を突いた老人に問うた。
「何かあったんですか?」
「土左衛門が上がったのさ、可哀想に、まだ若い娘っこなのにのう」
 老人は身なりも良く、その日暮らしの民ではなさそうだ。セリョンの問いにも面倒臭がらずに応えたくれた。
「若い女性が亡くなったのですね」
「お役人方は夜中にうっかりと足を滑らせちまったんじゃないかとお話しされてたが」