FLOWERS~ めぐみの夢恋語り~・ブログで小説やってます☆

ようこそ、いらっしゃいませ。
キレイなお花で一杯の庭園のように、たくさんの「素敵」な出来事を綴ったブログになっていれば嬉しいです。
小説がメイン(のつもり)ですが、そのほかにもお好みの記事があれば嬉しいです。どうぞごゆっくりご覧下さいませ。


テーマ:

  あとがき

 

 

 前作を書いたときはまだ猛暑が続く真夏でしたが、今は夜になると虫の音も聞こえてきて、すっかり涼しい秋の風情漂う季節となりました。
 皆様、お変わりございませんか? 漸く酷暑の夏を乗り越え、ホッとしている今日この頃の東です。
 これにて、やっとと言うべきか、もうと言うべきか、とにかく〝王の女と呼ばれて〟シリーズも完結を迎えることになりました。ラストは〝続 春香伝〟でと第一話から決めていた私にとって、予定どおりにこの作品を書けたことは本当に嬉しいです。
 〝続 春香伝〟は作品内では国王賢宗が描いたという設定になっています。外国人である私が外国の韓国のしかも古典の続編を書く―、大変に難しいことだし、また、力不足でおこがましいということは判っていましたが、〝春香伝〟大好きな私としては是非、続編を描いてみたいという想いがありました。
 折しも日本では天皇陛下がまもなく代替わりされるというこの歴史的瞬間に当たっています。〝平成〟の御世の中にこの続編を書いておきたいとの願いを込めて、タイトルも〝平成 春香伝〟としました。
 何分、外国の人間が書きましたので、アラはあるかと思いますが、韓国と春香への私のラブ―笑 だけはしっかりと籠めて描きました。
 考えてみれば、ファソンとカンの物語の第一話を書いたのは去年の師走ですから、その間に別の作品やお休みが入ったとはいえ、ほぼ一年に渡って書き続けたということになりますね。こんなに長く続くとは思わなかったりので、自分でも感無量です。
 また一つ可愛い我が子=作品ができました。
 予定が長引いて十ヶ月も朝鮮半島に滞在していましたので、とりあえず帰国、年末年始は祖国で過ごして、また(心は)年明けて朝鮮半島に渡る予定です。
 長らく朝鮮王朝時代にいたので、祖国に頭の中が戻るかしらと、ちょっと心配したりもしています。
 年始からは温めている長編があるので、そちらに挑戦するつもりです。そう、この春香伝の続編も私にとっては、まさしく挑戦に他なりませんでしたが、来年度に取り組む作品は更に大きな挑戦です。
 難しい試練になることは今から判っているけれど、長年、朝鮮王朝時代を描いてきた私には是非ともやり遂げたい仕事でもあります。
 それでは、長い物語にお付き合い頂きまして、本当にありがとうございました。
 心からの感謝をこめて。
                            東 めぐみ拝
二〇一七年九月吉日
 
追伸

 今回のオリジナル本の装丁について、〝韓流時代物〟としては初のB5サイズです。また、綴じ紐は出雲大社近くの由緒あるお店から取り寄せた「昇苑組紐」。綴じ紐に取り付けてあるのは丁度「王の女シリーズ」執筆中の後半で見てハマった韓流時代劇〝雲が描いた月明かり〟で世子イ・ヨンと男装美少女のホン・ラオンがお揃いで持った恋愛成就のお守りと同じブレスのイヨンの方です。
 ラオンの方は私がストラップとしてバッグにつけて愛用中です。はるか韓国のお店から届いたものです。
 また、表紙は韓紙のコピーです。本体は勿体ないので切らずに、お部屋に飾っています。こちらは韓国雑貨・衣料などを取り扱う専門店で購入しました。
 韓流に填って私はまず自前のチマチョゴリ、靴、バッグ、ピニョと揃えましたが―笑、それらもここで買いました。
 なかなか出番がなく、いつか韓国に行くときに持参して、これを着るのが目下の夢です。

 

 

追記
 今回は東には珍しく「推理風」小説となりました。あまり回転の良くない頭をフル稼働して書き上げた次第です。
 校正作業にもいつもより倍の時間をかけました。
 少しでも何かを感じていただけましたら、幸いです。

 

 

 

AD
コメント(2)  |  リブログ(0)

めぐみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。