厚労省の労災基準、胃・食道・結腸がんで累積100mSv。白血病5mSv/yを忘れるな! | 男も女もすなる日記といふものを、オカマもしてみむとてするなり

男も女もすなる日記といふものを、オカマもしてみむとてするなり

現在は原発事故に関連した記事が多いですが、どの記事にも自分なりの物の見方・考え方を書くようにしています。


テーマ:
中日新聞web20120929他でも報じられているが、厚労省の「胃がん・食道がん・結腸がんと放射線被ばくに関する医学的知見の公表」を直接参照する。

  当面の労災補償の考え方では「100mSv以上から放射線被ばくとがん発症との関連がうかがわれ」とある。これだと100mSv未満なら「うかがわれもしない」という趣旨に読める。
  他方検討会報告書の概要では「(ICRP)はがんリスクの増加について、疫学的研究方法では100mSv未満でのリスクを明らかにすることは困難であるとしている」とある。こちらはよく言われる「疫学的証明がない」ということだ。
  しかし「疫学的証明がない」は「他の要因に隠れて見えない」だけで「リスクがない」ではない。それを「100mSv未満ならうかがわれもしない」と言いたいなら、悪質な情報操作、印象操作だ。

photo:01



  今回は「胃がん・食道がん・結腸がん」に限っており100mSvを強く印象付けたい意図が窺えるが、血液のがんと言われる白血病について5mSv/yと定められていることを忘れてはいけない。
電離放射線に係る疾病の業務上外の認定基準について
  この4枚目2白血病(1)の「相当量」は、8枚目5白血病について(1)
0.5レム×(電離放射線被ばくを受ける業務に従事した年数) 以上
(1Sv=1000mSvが100レムなので、0.5レムは5mSv)

photo:02



photo:03



「白血病の労災認定基準が5mSv/yなのにおかしいではないか」との指摘を住民から受けて困っている(当たり前だ!byめぐ)質問に対するアンサー
「科学的事実よりも人道主義が優先すると云ったことでしょうか」

  質問に対して質問で答えてもしょうがないじゃん!
  例えば自賠責保険(強制保険)の場合は被害者救済の趣旨があるため、被害者に100%の過失があっても支払われる。これは政策だ。
  アンサーも白血病5mSv/y基準は政策だと言ってるわけだが、20mSv/yの避難基準は政策としておかしいんだって! ICRPの累積100mSvで発がん死率0.5%増加という仮説に拠っても1年で0.1%=1000人に1人。これを分かって「それくらいならいいや」なら価値判断の問題だが。なんで住民の健康については「リスクを避ける」という「人道主義」が行われないのだ。

男の娘になりたい!めぐさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス