「原子力災害後の福島で…の暮らしは素晴らしく、よりよい未来を」:エートス福島の無知な大人たち | 男も女もすなる日記といふものを、オカマもしてみむとてするなり

男も女もすなる日記といふものを、オカマもしてみむとてするなり

現在は原発事故に関連した記事が多いですが、どの記事にも自分なりの物の見方・考え方を書くようにしています。


テーマ:
  池田香代子氏の発言をツイッターで見てたら「反エートス」って言葉が出てきた。エートスは哲学用語で高校倫理で習う概念だけど、ようやくここでいうエートスが分かった。ざっくり、「福島に住み続ける」ってのがエートス福島(運動)らしい。

  ETHOS IN FUKUSHIMAのサイト
   ざっと資料を見たけど、「実用的放射線防護文化」に言葉を失う。そんな文化要らねぇ~!と思うのはめぐだけですか?
汚染具合の少なさの情報を共有」って、高濃度の汚染情報は共有する気はないのですねぇ………。

photo:01



  学校教育では「科学的知識を授けるのではなく、実用的放射線防護文化に焦点をあてる」「放射線防護教育の全国レベルのプログラムではなく、地元プロジェクトが必要」「子どもたちとともに作り出すプロジェクトであることが前提」………。
  科学的知識を与えられない子どもたちと作り出すプロジェクト、それは全国レベルのものじゃない=福島は特別な場所宣言……。

photo:02



  ICRP委員は、汚染地域に居住し続けることは、住民、社会ともに便益を見出すとか国は領土を失うつもりがないとか、ICRPの基本的立場を説明してないように見える。
  ICRPは「なんだかんだ言っても、住み続けてもらった方があんたらにも社会にもいいのよん♩」という前提なのであって、それを知らずに「勉強した気」になってる福島県民が本当に気の毒。無知な親の犠牲にされる子どもらが憐れ過ぎる。

  めぐはここで、強く反エートス福島であると宣言する。
  単純に「福島は放射線量が高いから」ではない。
福島県立医科大学学長らによる人体実験場宣言②最適化の原則など国が積極的に広報しない現状③ICRPも(ざっと見た限り)「汚染地域に居住し続けることは住民、社会とも便益を見出す」と明らかにしていないこと④妊婦の職業被ばく限度1mSvという現行の日本国の放射線防護基準が積極的に広報されていない現状⑤内部被ばくについて放影研に知見がないこと⑥福島県18才以下医療費無料はモルモットに与えるエサであること、などが理由だ。

男の娘になりたい!めぐさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス