目黒中小企業&中小企業診断士受験研究会のブログ

目黒中小企業&中小企業診断士受験研究会のブログ

完全成果報酬制システムを提供し、お金を払っても教えたい合格者と絶対に合格したい受験生をマッチングします。事務所では自己学習の場も無償提供します。必要教材もほぼ甲羅しています。「めぐけん」で合格人生をつかみましょう!


テーマ:

是非読者登録をお願いいたします。(登録サイトへリンクしています。)
https://www.youtube.com/channel/UCQSEIvurJUDgvLOpJt50QMw?sub_confirmation=1

小中高校生対象の個別指導塾経営者がお送りする

商売塾/為替取引(fx)編

為替取引(fx)で生き残るコツは「負け犬」になることだった!?!

 

 

 

 


20年間の投資生活の中で中崎一樹自身が掴み取ってきた「投資」における「一番大切な事実」をすべてさらけ出しています。

・ どうしても為替取引(fx)で生き残りたい!
・ 勝ち残りたい!
そして、
・ 幸せになりたい!

また一方で、
・ 為替取引や株取引で多額の損失を出してしまった
・ このままでは終われない!
・ 何とかリベンジしたい!

そんな風に思っている皆様!
絶対にご視聴ください!
必ず、あなたの人生を前進させることができるメッセージになっていると思います。

もちろん、小・中・高校生の生徒達への学問的メッセージにもなっています。
日々解けない問題に挑戦し、負け続けるからこそ、試験本番でデカい勝利を手にすることができます!
100000回負けても、どデカい試験で勝つこと、それが人生を幸せに生きてゆくコツです。

そんな事実を体感できる面白さが為替をはじめとする投資にはあります!


以上です。
 

お読みいただきましたことに心より感謝申し上げます。
 

目黒中崎塾HP   : http://meguro-nakazaki.com/
目黒慶應研究会HP : http://meguro-keio.com/
市が尾慶應研究会HP : https://sites.google.com/view/ichigao
目黒中崎塾家庭教師グループHP
https://sites.google.com/view/meguken...
目黒中崎塾・幼児/児童教育サポートセンター
https://sites.google.com/view/meguken...
目黒中崎塾生涯教育サポートセンター
https://sites.google.com/view/meguken...
目黒中崎塾blog   : http://ameblo.jp/meguken-goukaku
目黒慶應研究会blog : http://ameblo.jp/meguken-keio
twitter                        :  http://twitter.com/nakazakikazuki


テーマ:
いつもお支え頂き心より感謝申し上げます。
今日も朝から沢山の生徒たちと一緒に学ぶことができておりますこと心より感謝申し上げます。

皆様は

創業補助金制度

を知っていますか?

新規事業を創業する皆様に200万円を上限に事業資金を助成してくれる!という制度です。助成制度ですので、返金の必要性はありません!

※詳しくはこちらのサイトをご覧ください!
http://sogyo-shokei.jp/sogyo/



目黒中崎塾主宰の商売塾では、私中崎自身がこの制度を利用して助成金を得たときに、私自身が作成した申請書をテンプレートとして皆様に「無料」でプレゼントしています!

皆様の創業を強力に支援します!☆創業補助金200万円獲得済みテンプレートプレゼント実施中!

確かに、200万円はとても大きなお金ですし、私自身もそのおかげで創業時期に沢山広告を出すことができましたし、そのおかげもあって沢山の生徒たちが塾に来てくださいました。感謝しかございません。

でも、やっぱり大手の企業が莫大な資本を投下して実施する新規事業に比べるとスケールが落ちてしまいます。

地に足をつけて地道に

もとても大切だと思いますが、その先に「小さく」と続ける必然性はないんですよね。でも「大きく」できる許容性がない。じゃあどうしたらいいのか。折角もらえる創業補助金の効果を10倍・20倍にできないだろうか。

 

地に足をつけて地道に「大きく」

 

そのためには

 

創業補助金プラットフォーム

 

を作り、そこに集う新規事業者が自分の実施する事業とコンセプトを同じにする事業者と手を組み、個別で補助金を申請しながらも、補助金獲得後は協力体制でその補助金を使用していく、という

 

緩やかな結合体

 

をいくつも作っていくことが必要だと思っています。コンセプトを同じくする事業が20個集まり、補助金を申請したとして、私中崎のテンプレを使っていただければ20個の事業者が補助金を獲得できます!嘘だ!と思うかもしれません。でも、絶対的な自信があります!!!そうじゃなきゃこんなこと企画できないですよね。

********************

<中崎一樹の職歴>

☆2001年4月~2002年1月
事業計画推進部(セルフメディケーションプロジェクト)
内容    ビール酵母を素材とするグループ横断事業開発のためのプロジェクト
目的    セルフメディケーション関連ビジネスの立ち上げ
担当業務  マーケティング活動の補佐 ビール酵母セミナーの開催等

<ビール酵母啓蒙活動担当>
内容 プロジェクトにおける基幹素材であるビール酵母の啓蒙活動担当
・ ビール酵母HP立ち上げ・運営(WEBビール酵母研究所)
・ ビール酵母啓蒙媒体の創刊・マスコミ各社への配布(ビール酵母通信)
・ 本社内勉強会の開催(0からの挑戦者の集い)
成果
・ マスコミ各社に対してビール酵母の効果効能を啓蒙
・ 各種健康雑誌(日経ヘルスなど)にビール酵母関連商品について掲載
<児童書出版>
内容 ・ ビール酵母キャラクター使用絵本出版
・ いっしょにコーボくん!ムギッポのまんぷくクレープ
出版社: 岩崎書店 (2002/06) / 発売日: 2002/06
目的 ・ 新たなマーケティングの確立
・ 出版事業の立ち上げ
・ 20歳以下の年代へのアプローチ
成果
・ 絵本の全国出版
岩崎書店とのコラボレーション(発行部数2000部)
・ その後のグループにおける出版活動の契機

2002年2月~2003年8月
経営戦略部(新規事業開発担当
<社内新規事業公募制度運営担当>
制度目的
・ グループ財産の活用
・ 新たな事業確立
・ 組織の活性化
協力会社
・ HRインスティテュートジャパン / 野口 吉昭先生
期間 / 約半年
検討事業
・ ハーブ事業 / 経営喫茶事業 / 飲食店コンシェルジェ事業など
その他
・HRインスティテュートジャパン
・ 野口吉昭先生による事業開発講座の運営
http://www.hri-japan.co.jp/index.html
成果
・ 検討事業の基幹事業への活用・発展
ハーブ事業   → 中国における農業事業の実施
経営喫茶事業 → 直営飲食店の経営改善実施
飲食店事業 → うまい樽生ビールチャレンジ企業の紹介プロジェクト

<生活産業創出コンソーシアム(島田晴雄教授)担当>
内容     内閣府特命顧問(当時)である島田教授による事業検討会
検討事業   プライベート事業共同事業
参加企業
萬有製薬 / キッコーマン / NTTコミュニケーション / アサヒ社
成果
萬有製薬担当者による事業の実現。現株式会社グローバルヘルスケア
http://www.globalhealthcare.co.jp/index.html

<自社OB中小企業派遣事業>
企画立案担当
ビーインキュベーションジャパン(現:株式会社テクノアソシエーツ)との共同開発
http://www.technoassociates.com
内容
・ OB活用型事業
・ 中小企業と企業OBをマッチング
・ 収支0の社会貢献型ビジネスを思案
目的 OBが培ってきた技術・ノウハウを世の中、中小企業に還元してゆくこと
成果
・ 調査実施時における法律的な妥当性等について厚生労働省より最終確認
・ 事業性調査実施について経営会議にて承認
結果
・ 事業発案者である私が9月より別部署(首都圏本部広域支社)へ異動となり、後任へ引継

2003年9月~2004年8月
埼玉支社量販営業
カルフール狭山店等量販営業担当
・ 埼玉所沢・狭山・飯能エリアを担当
・ 派遣社員やパート社員を構成員とするチーム(7名)のリーダー
・ チラシ連動型のデモンストレーション販売の企画・実施
埼玉支社ワインリーダー担当
成果
(カルフール)
・ 経営縮小の中、各カテゴリー前年比100%を達成
・ ワインフェアにおける自社ワイン100ケース受注
・ ワインオープナー等拡販品を活用
・ デモ販における食料品とのタイアップ販売を実施
・ ワイン売り場における年間コマーシャル機器設置権の獲得
・ 横断幕活用型大五郎フェアの企画・実施、100ケース受注など
(ナカヤ)
・ 各カテゴリー前年比110%以上を達成
・ ワインネクタイフェア等の企画・実施
・ 冷ケースフェース年間提案権の獲得など
(バイゴー等薬局)
・ 担当店前年比200%以上を達成
・ チームによる徹底訪問の実施
・ 売り場陳列権の獲得の徹底
・ パート社員(主婦)の活用
その他
・ クレーム対応 ご自宅個別訪問・説明の徹底

2004年9月~2005年3月
本社 企画部
営業部門の経営戦略を担う部署
営業経験を活かした経営企画の実現を求められ配属
<M&A担当>
対象企業
・ JINRO社
担当内容
・ 営業サイドからの数字の積み上げ・売り上げ予測(人口動態による)
・ 競合(サントリー鏡月など)分析
・ 経営サイド(経営戦略部)との調整
成果
・ 優先交渉権不獲得(相手先企業の労組問題を見越して撤退)

<役割等級制度構築>
営業各支店における人事制度構築
・ 売り上げに連動した数式による支社支店の点数化
東京支社4点・大阪支社4点など
目的
・ 支店ごとに点数をつけ人事制度を明確にすること
成果
・ 役割等級制度実現による人事制度の明確化
・ 各支社の責任の明確化

講義受講等
・ フィリップ・コトラー教授による法人向け日本講演
・ グロービス マーケティング講座
・ ウィルキャピタルマネジメント マーケティング講座
古我 知史先生(http://www.willcapital.com/index.html
・ 現代経営技術研究所 企業研修
鈴木成裕所長(http://www.gen-ken.co.jp/)など

その他
アサヒビール株式会社 瀬戸雄三会長(当時)への事業提言(3月)
『沖縄県におけるアサヒビールのあり方』
沖縄県稲嶺知事への政策提言(3月25日・琉球新報掲載)
『沖縄県における産業確立のあり方』
オリオンビール社 金城社長との会食(オリオンビールの今後について進言)

2006年4月~2009年3月
早稲田大学大学院法務研究科
・ 憲法・民法・刑法・会社法・民事訴訟法・刑事訴訟法・行政法・労働法などを履修
・ アサヒビール社総務法務部にて夏季インターンシップ実施(2週間)

株式会社 法学館(アルバイト)
司法試験講座の企画立案などを担当

2009年4月以降
目黒にて目黒中崎塾開始

2018年4月
市が尾にて教室開室、現在に至る

********************

一団体平均100万円の補助金を獲得したとして、合計で

 

2000万円

 

の事業資金を獲得できます。一団体で広告を打つのではなく、緩やかな事業体として共同して広告を打つことで獲得した資金以上の広告が打てるでしょう。場合によっては、不動産も一緒に借りることで、かかる経費を2分の1,3分の1もしくはそれ以上に削減していくことができます。

そのためには「緩やかな共同体」を緩やかにまとめる事業リーダーが必要ですが、そのリーダー役を私、中崎一樹が勤めさせて頂きます。まだまだ未熟ですが、精一杯やらせていただきます。

 

目黒中崎塾「商売塾主宰」

創業補助金プラットフォーム

 

に参加されたい方は、以下メッセージをお願いいたします。

アドレス : nakazakikazuki@kdn.biglobe.ne.jp
表題   : 目黒中崎塾「商売塾主宰」創業補助金プラットフォーム
内容   :
お名前
年齢
ご職業
事業名
事業種類
事業年(すでに創業されている方)
この記事をみたきっかけ

以上です。

お読みいただきましたこと心より感謝申し上げます。

中崎一樹



優良家庭教師紹介所HP
https://nakazaki-juku.com/
目黒中崎塾HP
http://meguro-nakazaki.com/
目黒慶應研究会HP
http://meguro-keio.com/
市が尾慶應研究会HP
https://sites.google.com/view/ichigao
目黒中崎塾家庭教師グループHP
https://sites.google.com/view/meguken
目黒中崎塾・幼児/児童教育サポートセンター
https://sites.google.com/view/meguken
目黒中崎塾生涯教育サポートセンター
https://sites.google.com/view/meguken
目黒中崎塾blog
http://ameblo.jp/meguken-goukaku
目黒慶應研究会blog
http://ameblo.jp/meguken-keio
twitter
http://twitter.com/nakazakikazuki




引用元:創業補助金プラットホームで合計2000万円獲得を狙う!目黒中・・・


テーマ:

 

はじめまして。
 

私は中崎一樹と申します。元アサヒビール株式会社所属、現在目黒と市が尾で学習塾を経営しております。中小企業診断士の資格も保有しております(現在資格停止中です。30年間、わずらわしい更新手続きなしで停止させることができるようです。)

目黒中崎塾HP
http://meguro-nakazaki.com/

自分自身の経験を活かして皆様の創業活動を強力にサポートさせて頂きます!

 

さて皆様!

 

創業時に事業計画書を作成しそれが認められれば上限を200万円とした事業資金を「もらう」ことができる!
 

って知っていましたか?

 

今回は、な、な、な、なーんと!

 

創業補助金200万円を獲得した私の申請書のテンプレート「無料」でプレゼントさせて頂きます!
※中崎一樹が資金獲得した際に掲載頂いたHPはこちらです。


皆様は、この申請書のテンプレートを自分のやりたいことに書き換えて提出いただくだけで、上限を200万円とする創業補助金簡単に手にすることができます!!!

もちろん、結果に対する責任は一切持ちません!でも、このテンプレを使って補助金をGETできなかった生徒は今までいませんでした!(既に取得者は10名を超えます!)この点プレを使って資金獲得できなければ、事業を見直す必要があります!


創業時は固定費や広告宣伝費など何かと資金がかさむものです。この資金を借り入れることなく「もらえ」たら、それほど有難いことはありませんよね!


 

※創業補助金の詳しい内容はこちらへ
「創業・事業承継補助金事務局」
http://sogyo-shokei.jp/sogyo/

 

 

って言っても、

 

あなた誰ですか?

 

って感じですよね!

 

以下、私の職歴になります。

********************

 

<中崎一樹の職歴>


☆2001年4月~2002年1月
事業計画推進部(セルフメディケーションプロジェクト)
内容    ビール酵母を素材とするグループ横断事業開発のためのプロジェクト
目的    セルフメディケーション関連ビジネスの立ち上げ
担当業務  マーケティング活動の補佐 ビール酵母セミナーの開催等

<ビール酵母啓蒙活動担当>
内容 プロジェクトにおける基幹素材であるビール酵母の啓蒙活動担当
    ・ ビール酵母HP立ち上げ・運営(WEBビール酵母研究所)
    ・ ビール酵母啓蒙媒体の創刊・マスコミ各社への配布(ビール酵母通信)
    ・ 本社内勉強会の開催(0からの挑戦者の集い)
成果
    ・ マスコミ各社に対してビール酵母の効果効能を啓蒙
    ・ 各種健康雑誌(日経ヘルスなど)にビール酵母関連商品について掲載
<児童書出版>
内容 ・ ビール酵母キャラクター使用絵本出版
   ・ いっしょにコーボくん!ムギッポのまんぷくクレープ
     出版社: 岩崎書店 (2002/06) / 発売日: 2002/06
目的 ・ 新たなマーケティングの確立
   ・ 出版事業の立ち上げ
   ・ 20歳以下の年代へのアプローチ
成果
   ・ 絵本の全国出版
     岩崎書店とのコラボレーション(発行部数2000部)
   ・ その後のグループにおける出版活動の契機

2002年2月~2003年8月
経営戦略部(新規事業開発担当
<社内新規事業公募制度運営担当>
制度目的
・ グループ財産の活用
・ 新たな事業確立
・ 組織の活性化
協力会社
・ HRインスティテュートジャパン / 野口 吉昭先生
期間 / 約半年
検討事業
・ ハーブ事業 / 経営喫茶事業 / 飲食店コンシェルジェ事業など
その他
 ・HRインスティテュートジャパン 
    ・ 野口吉昭先生による事業開発講座の運営
 http://www.hri-japan.co.jp/index.html
成果  
・ 検討事業の基幹事業への活用・発展
  ハーブ事業   → 中国における農業事業の実施
  経営喫茶事業 → 直営飲食店の経営改善実施
  飲食店事業 → うまい樽生ビールチャレンジ企業の紹介プロジェクト

<生活産業創出コンソーシアム(島田晴雄教授)担当>
内容     内閣府特命顧問(当時)である島田教授による事業検討会
検討事業   プライベート事業共同事業
参加企業 
萬有製薬 / キッコーマン / NTTコミュニケーション / アサヒ社
成果
萬有製薬担当者による事業の実現。現株式会社グローバルヘルスケア 
http://www.globalhealthcare.co.jp/index.html

<自社OB中小企業派遣事業>
企画立案担当
ビーインキュベーションジャパン(現:株式会社テクノアソシエーツ)との共同開発
http://www.technoassociates.com
内容
・ OB活用型事業
・ 中小企業と企業OBをマッチング
・ 収支0の社会貢献型ビジネスを思案
目的 OBが培ってきた技術・ノウハウを世の中、中小企業に還元してゆくこと
成果
・ 調査実施時における法律的な妥当性等について厚生労働省より最終確認
・ 事業性調査実施について経営会議にて承認
結果
・ 事業発案者である私が9月より別部署(首都圏本部広域支社)へ異動となり、後任へ引継

2003年9月~2004年8月
埼玉支社量販営業
カルフール狭山店等量販営業担当
・ 埼玉所沢・狭山・飯能エリアを担当
・ 派遣社員やパート社員を構成員とするチーム(7名)のリーダー
・ チラシ連動型のデモンストレーション販売の企画・実施
埼玉支社ワインリーダー担当
成果
(カルフール)
・ 経営縮小の中、各カテゴリー前年比100%を達成  
・ ワインフェアにおける自社ワイン100ケース受注 
・ ワインオープナー等拡販品を活用
・ デモ販における食料品とのタイアップ販売を実施
・ ワイン売り場における年間コマーシャル機器設置権の獲得
・ 横断幕活用型大五郎フェアの企画・実施、100ケース受注など
(ナカヤ)
・ 各カテゴリー前年比110%以上を達成
・ ワインネクタイフェア等の企画・実施
・ 冷ケースフェース年間提案権の獲得など
(バイゴー等薬局)
・ 担当店前年比200%以上を達成
・ チームによる徹底訪問の実施
・ 売り場陳列権の獲得の徹底
・ パート社員(主婦)の活用
その他
・ クレーム対応 ご自宅個別訪問・説明の徹底

2004年9月~2005年3月
本社 企画部
営業部門の経営戦略を担う部署
営業経験を活かした経営企画の実現を求められ配属
<M&A担当>
対象企業
・ JINRO社
担当内容
・ 営業サイドからの数字の積み上げ・売り上げ予測(人口動態による)
・ 競合(サントリー鏡月など)分析
・ 経営サイド(経営戦略部)との調整
成果
・ 優先交渉権不獲得(相手先企業の労組問題を見越して撤退)

<役割等級制度構築>
営業各支店における人事制度構築
・ 売り上げに連動した数式による支社支店の点数化
   東京支社4点・大阪支社4点など
目的 
・ 支店ごとに点数をつけ人事制度を明確にすること
成果 
・ 役割等級制度実現による人事制度の明確化
・ 各支社の責任の明確化

講義受講等
・ フィリップ・コトラー教授による法人向け日本講演
・ グロービス マーケティング講座
・ ウィルキャピタルマネジメント マーケティング講座
 古我 知史先生(http://www.willcapital.com/index.html
・ 現代経営技術研究所 企業研修
鈴木成裕所長(http://www.gen-ken.co.jp/)など

その他
アサヒビール株式会社 瀬戸雄三会長(当時)への事業提言(3月)
 『沖縄県におけるアサヒビールのあり方』
沖縄県稲嶺知事への政策提言(3月25日・琉球新報掲載)
『沖縄県における産業確立のあり方』
オリオンビール社 金城社長との会食(オリオンビールの今後について進言)

2006年4月~2009年3月
早稲田大学大学院法務研究科
・ 憲法・民法・刑法・会社法・民事訴訟法・刑事訴訟法・行政法・労働法などを履修
・ アサヒビール社総務法務部にて夏季インターンシップ実施(2週間)

株式会社 法学館(アルバイト)
 司法試験講座の企画立案などを担当

2009年4月以降
目黒にて目黒中崎塾開始

2018年4月
市が尾にて教室開室、現在に至る

 

********************

 

こんな感じのキャリアです。

事業計画のプロとしてアサヒビール社では新規事業を企画立案してまいりました、そして自らも学習塾を創業し、現在に至ります!皆様の創業を強力にサポートすることができます。

私自身は大学時代からマーケティングを学び、会社でも運よく新規事業開発やM&Aに関わらせていただくことができましたので、簡単に創業補助金を獲得することができました。育ててくださった皆様に感謝しております!自身の事業も安定してきましたので、皆様の創業をサポートすることで、日本活性化に光景させて頂きたいという気持ちで今いっぱいです。

 

ただし、プレゼントをさせて頂くにあたって、1つだけお願いがあります!

それは、

 

申請前後で400字程度の使用感想文

 

をお願いさせていただきたいのです。

 

申請前400字、申請後(結果発表後)400字ですので、合計800字のお願いになります。

申請前の感想文は資料送信後1週間以内に、申請後のメールは結果発表から1週間以内にお願いいたします。

 

大変お手数ですが、プレゼントご希望の方は

 

1.読者登録を頂き、

 

2.以下のご記載頂き私までメールをください!

メールアドレス : snowwhite_faulist@yahoo.co.jp
タイトル名   : 創業補助申請書雛形プレゼント希望

 

(1)登録したときのブログ名

(2)現在のご職業(商社・製造業・自営業など)

(3)本ページを知ったきっかけ

(4)創業のご予定(既に、今年、一年後など)

(5)その他ご質問あれば何でも!

(6)申請前後感想文400字以上の可否(可能の方のみのプレゼントです)

 

皆様からのご応募を心よりお待ちしております。

お読みいただきましたことに心より感謝申し上げます。

 

 

中崎一樹


優良家庭教師紹介所HP
https://nakazaki-juku.com/
目黒中崎塾HP
http://meguro-nakazaki.com/
目黒慶應研究会HP
http://meguro-keio.com/
市が尾慶應研究会HP
https://sites.google.com/view/ichigao
目黒中崎塾家庭教師グループHP
https://sites.google.com/view/meguken
目黒中崎塾・幼児/児童教育サポートセンター
https://sites.google.com/view/meguken
目黒中崎塾生涯教育サポートセンター
https://sites.google.com/view/meguken
目黒中崎塾blog
http://ameblo.jp/meguken-goukaku
目黒慶應研究会blog
http://ameblo.jp/meguken-keio
twitter
http://twitter.com/nakazakikazuki


テーマ:
皆様いつもお支え頂き心より感謝申し上げます。

私は目黒・市が尾で個別指導の学習塾を経営しております 中崎一樹と申します。

今回は、社会人の皆様へ

家庭教師の募集

をさせて頂きたいと思い筆を執らせていただきました。

 

************

※家庭教師の検索/家庭教師のご登録はこちらへ
優良家庭教師紹介所

************

社会人の皆様のそれぞれの専門分野を活かして、是非これから皆様のようになりたい生徒たちを教えて頂けませんか。




この記事の続きはこちら

テーマ:

いつも感謝しております。


塾とは別の記事のご紹介になります。


私、中崎一樹はアサヒビール社の出身です。


そして、現在、自分が新入社員時代に企画立案し、

経営戦略会議まで通しながら、実現できなかった

『 アサヒビール社OB活用型事業 』について、

個人経営者としてリベンジしたいと考えております。


教育機関の経営者がビールに関する会社を立ち上げるのか、

という疑問の声が上がるかもしれません。


私は教育者として、子供たちに自分の背中を見てほしいと思っています。


私が、なぜ勉強するのか?というと、


Oから1を創造する力を蓄えるため


です。


なので、私の塾で学ぶ生徒たちにも、

0から1を想像してゆく人間になってほしい

と願っています。


だからこそ、塾での指導者としての顔だけではなく、

新規事業を立ち上げてゆく経営者としての、

後姿を生徒たちに見せたいと思っています。


塾での指導や塾の経営をおろそかにすることは絶対にしません。


一人では何もできないのですが、私の信念を理解してくださる皆様に

支えて頂いていますので、自信をもってお伝えできます。


どうか、私の信念、ご理解いただきたく存じます。


詳しくはこちらの記事をご覧ください。


http://ameblo.jp/beerstand-nakazaki/entry-11975807049.html


以上です。


お読みいただきましたことに心より感謝いたします。




目黒中崎塾/目黒慶應研究会
代表社員 中崎一樹

(HP)  http://meguro-keio.com/
(電話) 03-5843-8491
(携帯) 090-8301-0334


テーマ:


新年あけましておめでとうございます。

本年度も何卒宜しくお願いいたします。


中崎一樹です。


いよいよ新年のスタートです。

受験が近い方もそうでない方も、それぞれの立場で気持ちを新たにされていることと存じます。


今日は、皆様に「気合!」をお届けすべく、当研究会に所属してくださっています慶應大学医学部生の「受験日記」をお届けしたいと思います。


10代の子供たちが書いた日記ですが、自分の甘さに気づき、これからの生活を見直していく契機になる日記だと思います。


お子様にも是非届けてあげてください!


【受験日記作成の経緯】


受験生には、それぞれのストーリーがあります。


目標校への合格は決して機械的なものではなく、それぞれの受験生がそれぞれの生活の中で人間的な苦悩や喜びを感じながら、人間として手に入れていく一つの経験なのだと私は考えております。


今、当塾は慶應大学医学部をはじめとする優秀なメンバーに協力をいただきながら、運営をさせていただいております。


どんなに優秀な講師も一人の人間であることには変わりません。今頑張っている生徒と同じように悩み、同じようにもがき、同じように苦しみながら、受験勉強に向かい、人間として目標を達成してきました。


私は、「教える」「教えられる」という関係を機械的なものにしたくありません。ひとりの人間とひとりの人間が向き合い、お互いに学び合いながら学力を向上させていく、それが人間らしさだと思っています。


当塾のメンバーにそれぞれの人間らしさを生徒の皆様に伝えていただくために、受験日記の作成を依頼しています。


みんな、忙しいにもかかわらず、快諾し取り組んでくれています。


温かい言葉でくくられている当塾のメンバーの受験日記をお読みいただくことで、皆様の受験や日々の活動がより充実したものになると考えております。


是非、御一読をお願いいたします。


【受験日記のお申込方法】


全文は掲載できないので、一部をご紹介させていただきます。


続きをお読みいただけます方は、


snowwhite_fabulist@yahoo.co.jp


まで「慶應大学医学部生受験日記希望」


として、


・ お名前


・ 現在の(お子様の)学年(中学3年生、高校1年生等)


をご明記いただきメールをください。


折り返し、受験日記の完成版を『無料』にてプレゼントさせていただきます。


完成版の内容(1月1日現在)は、


・ 慶應大学医学部生A君の受験日記(16,262字)


・ 慶應大学医学部生C君の受験日記

・ 慶應大学医学部生D君の受験日記


・ 研究会代表 中崎一樹(慶応大学経済学部卒業)の受験日記


となります。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::


【A君の大学受験日記※一部抜粋】

※A君のブログ記事はこちらです!


・・・ここで一つ述べておきたい事が有る。高校では「受験は団体戦」などという安い言葉を耳にすることがあったが、そんなことはない、明らかに個人戦である。自分が落ちたときに同じ大学を合格した友人を素直喜べるならそれは真かもしれないが、私にはできない。
 


そして勉強は孤独である。勉強にも馴れ合いを求め、独りでできない者はまず間違いなく落ちている。私は周りに友人がいると喋ってしまい集中できないことに早くから気付いていたので、本当に集中して勉強したい時は会話の出来ない自習室や、父の事務所を利用していた。喫茶店で友人と勉強するときは「今日は最悪勉強出来なくても良しとしよう。」という心積もりでいた程である。・・・


・・・帰りに友人達と3人で、その一人の母親にステーキをごちそうになることになった。
 

 ところが食事の最中に友人達2人が数学の答え合わせを始め、それが悉く自分の解答と異なる。もはや美味しかったであろうステーキの味もしなくなる。憂鬱な心持ちで、とうとう解答速報を見てしまった。数学はできたと思っていた2問も答えが違う。計算ミスをしていたようだ。
 

 1日目は最悪のテンションでホテルに戻る。翌日何点取れば良いのだろうか、などと考えながら更に気は沈む。まさかこれほどに数学を失敗するとは。
 

 しかし、二日目の理科英語は私の得意教科。そう考えて自分を奮い立たせ、寝ることにした。これでは眠れないと思い、睡眠導入剤を飲んだ。9時には寝ることができたはずだ。

 

 翌日、気を切り替えて本郷に向かった。・・・


:::::::::::::::::::::::::::::::::



続きをお読みいただけます方は、


snowwhite_fabulist@yahoo.co.jp


まで「慶應大学医学部生受験日記希望」


として、


・ お名前


・ 現在の(お子様の)学年(中学3年生、高校1年生等)


をご明記いただきメールをください。


皆様からのご応募を心よりお待ちしております。



中崎一樹








テーマ:

いつも支えてくださいますことに感謝いたします。


中小企業診断士の中崎一樹です。


先日、11月7日(水)にアサヒビール社時代の大先輩であります松浦端さんと対談をさせて頂きました。



目黒中小企業診断士受験研究会のブログ-松浦さん02


松浦さんは現在アサヒビール社の流通部に所属されています。


松浦さんとは、私が初めて配属された事業計画推進部時代から退社後も、ず~っとお世話になっていて、頭の上がらない大先輩であります。


松浦さんは、中小企業診断士として本も書かれていらっしゃいます。


職業、企業内診断士―アサヒビールグループ診断士の会の挑戦/同友館
¥1,575
Amazon.co.jp

松浦さんは、社内では中小企業診断士の研修や個別指導、社外では某予備校での講義を実施されるなど、社内診断士として大活躍をされています。



■ 4名中3名合格の実績 ~秘訣は個別指導~


松浦さんが社内で実施されている個別指導は


合格者2名と受験生4名のゼミで一年間通じて答案練習会を実施するというものでした。


初めは月一回、直前3か月は週一回というペースで実施されていました。


そのゼミでは受講生4名中3名が合格されています。


合格率75%


私が会社にいたときに社内で中小企業診断士の講座があり、私も受講しましたが、40名ほどいた受講生のうち合格者は私を含めて2~3名でした。


合格率5%


どっちが普通かというと、5%が普通です。


75%というのは驚異の数字です。


その理由を松浦さんにお伺いしたところ、



・ 合格者の意見を『直接』聞くことができる。


という点に秘訣があるように感じました。


予備校の講座では1週間後に採点された答案が返ってくるので、何を「どうして」書いたか返却された時点では忘れてしまっています。かつ、採点者も直接書いた人間と話しているわけではないので、作成者の思考そのものを是正することはできません。ようするに表面的な採点をするに留まるということになります。


一方で、『直接』作成者と合格者がやり取りをしながら答案を作成・修正していくことで、合格者に共通する思考方法を直接伝えることができます。


予備校が出してくる模範解答は合格者が現場で書いている答案とは程遠く、真に受けて真似しようとすると、血の通わない、メッセージ性のない答案が出来上がってしまいます。


そもそも、中小企業診断士は中小企業を支援するためのコンサルタントですから、支援したい!という気持ちがかよっていない答案は、いくら書いても評価されません。


どうしたら、支援したい!という気持ちを採点者に伝えられるのか、それこそが合格者との『直接』のコミュニケーションによってのみつかむことができる「コツ」なのだと思います。


■ 無料相談会の実施


上述のように「直接」性の重要性を松浦さんとの対談を通じて痛感しました。



そして、合格者と「直接」ゼミを組む機会を受験生の皆様に提供することで、少しでも、受験生の皆様のお役に立ちたいと考えるようになりました。


そこで、まずは『無料相談』という形で、受験相談会を実施させていただきたいと思います。


具体的には、以下の通りになります。


☆ 対談方式の場合 ☆


【場所】 目黒中崎塾事務所(私の事務所で、東京の目黒駅から3分のところにあります。)またはスカイプ


(事務所風景)
目黒中小企業診断士受験研究会のブログ-教室


【時間】 1時間程度(ご都合のよい日時をご相談ください。平日夜は対応可能です。)


【内容】 試験相談(なんでも!作成していただいた過去問をお持ちいただければその場でコメントします。)


【回数】 お一人様3回まで


【対応者】 原則、中崎一樹(中小企業診断士)が対応させていただきます。

       

       お仕事の都合がつけば、松浦 端さん(アサヒビール社・中小企業診断士)が駆けつけてくれます!


       その他、アサヒビール社の診断士の先輩方は後輩の面倒見がとても良いので、お願いすればきっと駆けつけてくれるはず(笑)・・・!!!お願いします☆☆


【お申込み】 snowwhite_fabulist@yahoo.co.jp まで、


1: お名前


2: お電話番号


3: ご住所


4: お勤め先


5: 相談内容(塾について、教材について、答案採点希望など)


をご明記いただき、「中小企業診断士・無料相談希望」と標記のうえ、メールをお送りください。


折り返し、詳細をメールさせて頂きます。


☆ メール相談の場合 ☆


 snowwhite_fabulist@yahoo.co.jp まで、


1: お名前


2: 受験歴


3: 相談内容


をご明記いただき、「中小企業診断士・メール相談」と標記のうえ、メールをお送りください。


折り返し、回答をメールさせて頂きます。

※ 相談内容は匿名でブログやHPに掲載させていただくことがあります。その点ご了承ください。


■ 無料プレゼント実施中


中小企業診断士の1次試験は、中小企業政策や経営情報システムなど覚えなくてはいけないことも多く受験生はとても大変です。


そこで、一日に100個でも、1000個でも覚えたいことが自由に簡単に覚えられる方法をまとめた練習ノートを「無料」でお配りしています!!!


記憶への心の制約がなくなることをお約束いたします。


是非、以下のフォームよりお申し込みください。



「中崎式幸せ記憶法・練習ノートプレゼント応募フォーム」(リンクしています)




以上です。


お読みいただきましたことに感謝いたします。


皆様が良い受験生活をお送りくださいますことをお祈りしております。



中崎一樹


テーマ:

いつも支えてくださる皆様に感謝しております。


今日は涼しくて過ごしやすい一日ですね。


私はこれから生徒が来るので23時まで塾です。


さて、私中崎は縁あって慶應大学の医学部の学生さんたちと食事などさせて頂いております。


慶應の後輩ではありますが、皆、達観しているので、関心させられることが多いです。


医学部生は忙しく、家庭教師なども取りまとめる時間がないようなので、私は医学部出身ではないですが、


慶應大学医学部家庭教師研究会


を運営させていただきます。


以下、よろしくお願いいたします。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::







目黒中崎塾 ~ 中学・高校・大学受験生から日常の学習まで ~-慶應大学医学部家庭教師研究会



塾高水球部&慶應大学経済学部出身者が、医学部出身ではないにも関わらず、運営する研究会です。



・ 最良の家庭教師をお探しの皆様


・ 理系に強くなりたい皆様


・ 国語苦手を克服したい皆様


・ 暗記科目を得点源にしたい皆様


・ 勉強の面白さを感じたい皆様



是非以下のHPをご訪問ください。


目黒中崎塾代表 中崎が惚れ込み、一人ひとり説得した



『慶應大学医学部の中でも特に輝いているメンバー』



が皆様をお待ちしています!!!


(クリックしていただくとHPに飛びます。)



https://sites.google.com/site/keioigakubu/


テーマ:



いつも感謝しています。


めぐけん、代表・中崎一樹です。


そもそも私自身が中小企業診断士の資格をとったのは、商売人を少しでも応援したかったからです。


そんな『原点』を思い出させてくれる出来事があったので、皆様にお知らせさせてください。





■大企業に勤めていた20歳前半、自社OBを中小・個人企業に派遣する事業開発を目指しました


新入社員の頃、事業計画推進部という部で新規事業開発の担当をさせて頂いていました。


その時に、自社のOBを中小企業に派遣することで、中小企業と上場企業の架け橋になるようなビジネスの開発を推進していました。


商売人の息子である自分にとって、自分の勤めた1兆円企業と自分の父のような商売人を結びつけることは、夢だったんですね。


今でも、そう願って頑張っています。


OB派遣事業には自分なりに「ねらい」がありました。


それは、一部上場企業のOBが中小企業に派遣されることによって、中小企業の技術向上につながることはもちろん、派遣先の中小企業を上場会社のフィールドにのせる、という狙いでした。


上場会社のOBが40年かけて築き上げた人脈を派遣先である中小企業につなげて欲しい、と23歳の時に考えて、一生懸命に経営者に向かってプレゼンしていました。


経営会議では、「もう他がやっているだろ。」などと役員に言われたりしましたが、上司も全面的に応援してくれて、何とか開発にGOサインをもらいました。


っところが、


その経営会議を通った翌日に、


『辞令』


です。


もちろん、新規事業開発にのめり込み、本業から離れていく自分を本業に戻すという会社の親心は理解できたのですが、やはりやるせない気持ちでした。


その後その事業は他の人に引き継がれましたが、ポシャリました。


っていうか、潰されました。


当然です。


新規事業開発なんて、本当に会社を辞めてその事業にかけるという思い入れがないと、できないものです。


サラリーマンを続けようと思っている人間が手を出すべき代物ではないと思います。


あの時、辞令をもらった瞬間に会社を辞めることができなかった自分は「弱かった」のかもしれません。




■ 芸能人と中小・個人企業を結びつけるというメディアの事業スキームに「ほ~。。。」と思う!


そんな具合なので、何とかして中小・個人企業を上場企業と同じフィールドに持ち上げることができないか、ということは今でも自分のテーマです。


上場会社と同じフィールドにたつというのは、わかりやすいのは「上場すること」だと思っています。


中小企業診断士としてもやはり中小・個人企業を上場させていくことは、一つの大きなテーマです。


その仕組みづくりを常に探しています。


そんな中で、「芸能人と中小・個人企業を結びつけるメディア」を発見しました。


すごく色々な意見もあり、もちろん叩かれている部分もあるのですが、私は純粋に「面白い」と思いました。


なにか浮上するきっかけを作り出すときに、正攻法では中々うまくいきません。


多少筋が通っていなくても、多少強引であっても、グイっと引っ張り上げる仕組みが大切だと思います。


私の場合はその仕組みが、『上場会社のOB派遣』というスキームでした。


この仕組みって悪く言えば、終身雇用回避、リストラ対策です。


それでもいいと私は考えていました。


上場会社がそれを避けて通れないのであれば、私は逆に利用して、中小企業浮上のきっかけにしたいと思いました。


たとえ、世間になんと言われようと、商売人が幸せになれば良いのです。


そう言う意味で、このメディアが提案する仕組みはプロモーションとしては、すごく強力です。


名の知れている芸能人を使ってパブリシティを仕込めば、数十万は当たり前、数百万かかる時だってあります。


私は会社で各出版社向けに素材の啓蒙雑誌を作成し、配布していましたが、それでも月50万は優に超えてました。ペラ4枚で、内容は全て自社の研究所の社員のインタビュー記事です。


たった数万円で皆が知っている芸能人を呼んで、事業説明をし、自身のPRにそのネタを自由に使えるとしたら、このインターネット時代にこれほど強力なプロモーションはありません。


名前が売れればいいのか?という方もいるかもしれません。


HPやブログにアクセスが来ることがそんなに大切か?と疑問に思われる方もいるかもしれません。


もちろん、全く商売につながらない冷やかしの読者がHPやメールに来ても意味が薄い、という側面もあります。


でも、私自身はとにかく人を集めることが大切だと思います。


出来るだけ沢山の人に興味を持ってもらうこと、まずはそこが大切です。


その興味を持ってもらうこと、というきっかけ作りに芸能人の知名度は絶大な効果があります。


そのメディアは雑誌も発行しているそうですが、仮にその雑誌がなくても、自分のHPやブログで十分すぎるくらい破壊力があります。


ブログやHPの見た目・デザインに数十万かけている方はザラにいると思います。


その一部を芸能人の知名度を借りるために使ってもらっても、いいのではないか。


そもそも、テレビコマーシャルって番組を含めて芸能人の知名度を借りているのではないか。


だとしたら、このメディアが実施しているビジネスのスキームは十分に「あり」ではないか、と感心する方向に心が動いていきました。


少なくても新規事業として「自社OBを中小・個人企業に派遣する」というビジネス開発を志していた頃の自分にはなかった発想やスキル、キャリアの詰まった、中小・個人企業支援事業といえると考えるようになりました。





■記者の中川さんと対談


めがね&ボウス!コンビ名「☆サイズ・33☆」

目黒中小企業診断士受験研究会のブログ-shikii


今私は、目黒にて中崎塾を経営しています。中学~大学受験及び各種資格受験のための塾です。


中でも、中小企業診断士や司法試験の受験生に向けたカリキュラムでは、「完全成果報酬制」をメインに据えています。


完全成果報酬制とは試験に合格出来れば費用を頂戴するが、しなければ一切頂戴しない、というカリキュラムです。


生徒によっては先払いしておきたいという生徒もいますので、その場合は「全額返金制度」ということになりますが、要は合格しなければ費用を頂戴しないということです。


どうしてこのような制度を大学生や社会人には提案するか、それは、試験を受験することの本当の意味は「合格するための環境づくり」にあるからです。


環境を作らずに知識をお金で買って試験に合格しようと思っている受験生は本当に多いです。


・・・


この「完全成果報酬」若しくは「全額返金保証」制の資格取得支援プログラムをどうしたら多くの人の、企業の目に、耳に届けることができるか、思案している時に、「芸能人と中小・個人企業を結びつけるメディア」を私自身が活用してみようと思いました。


そして、記者の中川さんとお話させていただくことになりました。



スーツ的な中川さん(S54組)と私服的な中崎(S53組)。
目黒中小企業診断士受験研究会のブログ-nakagawashi


■ +αの仕掛け


・・・、とはいっても単純に芸能人と中小・個人企業を結びつければ良いというのではあまりに面白みにかけます。


そこで、中川さんにこの事業スキームに隠れる「+α」の仕掛けをぶっちゃけて聞いてみました。




■ 芸能人の川村ひかるさん(以後、川村先生)は・・・。



実は対談が決まった後、中川さんからのメールがうまく届かず(セキュリティ解除していなかった私の責任です!)、川村先生についての情報が入ってきていませんでした。


家がすごく厳しく、雑誌やTVもかなり制限されて育ったので、基本的にTVや雑誌は今でもみません。


芸能情報は電車の中吊りが便りで、よく2~3車両移動しながら中吊りだけを読んでいます。


もちろん、川村先生のお名前は拝聴していましたし、すごく有名な方だとは存じていました。


しかし、キャリアの詳細は不明でした。


そこで、TV局に勤めている部活の後輩に依頼して、川村先生の情報をガラケーでも見られる形に修正してメールで送ってもらいました。


というか送るように頼みました。


すると、誕生日などの基本情報のほかに、


プロレスのリングによじ登り、リング姿で拳を突き上げている川村先生(と思われる方)の動画写真と川村先生のプロレスラーとしての華々しい戦績が送られてきました。(そのほかにもリングのポールに向かって拳を叩き込んでいる姿の写真も送られてきていました。)


(・・・どこのテープからアホ後輩が引っ張り出してきたのか良く分からないので、公開は控えますね。本当に川村先生かも良く分からないですし。。。)

バカな後輩に頼んだ自分も自分でしたが、TV番組から抜いて作った写真にすっかりだまされてしまい、川村先生は元プロレスラーで、だから栄養管理のため健康管理のスペシャリストになったと当日まで信じきっていました。


「パイプイスがないと怒るから、パイプイスを用意しておいたほうが良いですよ。」


というドアホな後輩のアドバイスを、


「そういうものなのか。。。でも、敬意を表さなくては。」


と真剣に捉え、急遽パイプイスを用意しました。


ですから、私がイメージしていたのは、ダンプ松本さんやアジャコングさんを一撃で倒す闘神・神取忍先生の現役時のような女性です。




神取先生の公認写真!
目黒中小企業診断士受験研究会のブログ-kanndori
絶対的なオーラ!まさに闘神!





「『本当に』すごくかわいい女性ですから。」という中川さんの言葉は、内面の話しか、そういう認識/PRをご本人/関係者がされているから「強さ」に関する質問などはNGですよ、という忠告なんだろうなぁと曲解していました。


・・・すごく緊張していました。


つい最近まで全日本女子プロレスでチャンピオンとして活躍されていた現役版・神取忍さんが来る!


偉い方には若いときから沢山お会いさせていただいてきたので、「人と会う」ということでは、普段あまり緊張とかしない自分が、緊張していました。


つい最近もとても有名で優秀な先生と一緒にサーフィンにご一緒頂いたばかりなのに!


・ ベンチプレス100kgという目標をもっと早く達成しておくべきだった。。。


・ もっと激しく坊主頭にしておいたほうが良かったか。。。


・ ジャージとかの方が良かったか。


・ レスラーの方にはお水とかを用意しておかなくてはいけないのではなかったか。


・・・


緊張すると普段考えないようなことをあれこれ考えます。


いよいよ神取忍先生と会える!


33歳、俺!正念場だ!


大丈夫、神取先生は俺のすべてを受け入れてくれるはずだ!


ここを乗り越えれば、自分の事業はさらに飛躍していく!


猪木さん、ありがとう!!!


俺、 頑張ります!!!


全力で、神取先生にぶつかっていきます!!!





神取先生の公認写真2。すべてを見抜く鋭い眼光!
目黒中小企業診断士受験研究会のブログ-神取2




~結構、33年間の人生ではじめてくらいドキドキしていました。~




もしかしたら、腕相撲という展開にもなるかもしれない!


さらには、軽く組んでみましょう!という展開になるかもしれない!


お互いを理解するのは、お互いの得意分野で真剣勝負をするのが一番!!


そしたら、きっと全力で技を受けなくてはいけないだろう!




こんな風に!


目黒中小企業診断士受験研究会のブログ-tatakai02



神取先生、俺は細く見えますが、結構大丈夫です!


高校時代は水球部で鍛えていました!




引退試合(日吉50mプール)にて!
目黒中小企業診断士受験研究会のブログ-水球



朝から晩まで泳いでいました。


今でも筋量、体重は現役当時と変わりません!


だから、神取先生、全力でお願いします!


僕も全力でいかせていただきます!!

いざ!


戦いのリングへ!!!


勝負だ!



現役版・神取忍先生!!!


目黒中小企業診断士受験研究会のブログ-pasuteru



■ kag u yah i me ・・・


で、いよいよ覚悟を持って、事務所の玄関を開けました。


すると、、、




目黒中小企業診断士受験研究会のブログ-kaguyahime



???


しばらく呆けてしまいました。。


きっと、竹をきったおじいさんもこんな感じだったんだろうと思います。


今、自分の前にいるのは、本当に手のひらの上にのりそうな、小さな小さなお人形さんのような女の子です。


・・・


えっと、かん・・・どり先生は、、、。

もしかして、


「ゆうかい?」された子か?


いや、神取先生は絶対に「ゆうかい」なんてしない。


でも、、、


・・・



目黒中小企業診断士受験研究会のブログ-kaguya


じゃあ、目の前にいる、、、この子は?


・・・


・ 迷子か?


・ 家なき子か?


・ 安達祐実ちゃんか?(細野先生ごめんなさい!)


いや、祐実ちゃんとはプールが一緒だったから、間違うはずはない。。。


・・・


やっぱり、かぐや姫か。。。


そういえば、ちょっと光ってるし。。。


そうすると、神取先生は?


・・・


でも、アホの後輩が送ってきたプロレス姿の写真とお顔が似てるんだよなぁ。。。


やっぱり、このかぐや姫が現役版神取先生なのだろうか。。。



■ かぐや姫とのコミュニケーション



もし本当に川村先生がプロレスラーだったら、きっと必殺技はムーンサルトだな、、、と。


そうすると、初代タイガーマスク vs かぐや姫か。


結構面白そうだなぁ。。。


とくだらないことを考えているうちに取材は始まってしまいました。


でも、女性は小さくても強いレスラーは多いんですよね、、、。


川村先生の声は小さなお体に反比例するようにかなり「低い」と思いました。


うーん、結構修羅場を潜られて来ていらっしゃるような感じがする。。。


「写真にとられる水着の仕事だからなめられたくなかった。」


というお話をされているのをなんとなく聞いていて、


プロレスラーはいわゆる水着の仕事だよなぁ、、、写真も撮られるわな。。。


「男らしい女性が多い。」


そうだろうな。。。


やっぱり、リングの上がお仕事場なのかな。。。


うーん、思い切って聞いてみるかな?


川村先生との話に集中できなくて、困っていました。




ただ、小さなパイプ椅子にすっかり収まってしまう川村先生を拝見していて、


「やっぱり、プロレスラーじゃないな。」


という疑念が、確信に変わりました。


いくらムーンサルトができても、レスラーにしてはやせすぎです。




ドアホの後輩はどーしようもないな。。。可愛いけど。。。




はい、やっぱり川村先生はかぐや姫に決定!


自分にそう言い聞かせて、やっと取材に集中できるようになりました。


そこまで、川村先生と玄関でお会いしてから10分はかかりました。


ほんと、申し訳ないです。



■ 教えあうこと。


よし!取材だ!


と自分の気持ちを仕切り直しして、考えました。


やっぱり、私は私塾を経営しているので、初対面の方とのコミュニケーションは、


「教えあう。」


ということがしっくりきます。


自分が大切にしていること、大事に思っていることを教えあうことで、相手との距離は縮まると考えているからです。


ですから、川村先生には私が大切にしている記憶についての考え方を具体的にお伝えしました。



【私が川村先生に記憶のコツをお伝えしているところ】
目黒中小企業診断士受験研究会のブログ-川村ひかる先生01 目黒中小企業診断士受験研究会のブログ-川村ひかる先生02
出典(クレジット):カンパニータンク 2012年12月号(国際情報マネジメント有限会社 発行)



川村先生に、


「芸能界という神出鬼没の社会でその地位を築き上げられ、今なお活躍されている中で、大切にされている考え方を教えてほしい。」


とお伝えしました。


すると、川村先生は嫌な顔一つせずに、ご自身の知見をお教えくださいました。


川村先生よりはマインドマップに時制を取り入れることをお教えいただきました。


その際、川村先生には、結婚と恋愛の違いについて例を挙げて、ご説明されていました。


【川村ひかる先生に私が『自分を変える』について講義いただいているところ】
目黒中小企業診断士受験研究会のブログ-川村ひかる先生03   目黒中小企業診断士受験研究会のブログ-川村ひかる先生04
 



・ 結婚する場合は相手の嫌なところもある程度我慢しなくてはいけない。


・ 恋愛の場合はそうでもない。



という川村先生のお話は記憶したのですが、この辺りは専門外でよくわかりません。


川村先生はそうおっしゃっているなら、そうなんだろうなぁと思います。


ただ、その直後に川村先生は、


「相手は変わらないので自分が変わらなくてはいけない。」


とおっしゃっていました。


これを総合して考えると、


相手の嫌な部分を嫌だと感じているのは自分自身なんだから、自分自身が嫌だと思わなくなれば、相手の嫌なところはなくなるでしょう?


ということを私に伝えるための問いかけだったように理解しています。


これは仏教の考え方に基づく大切な教えで、


川村先生は私の精神面の未熟さを見抜いたように感じました。


「中崎先生はおぼっちゃんだから。」


と諭されてしまい、恥ずかしかったですね。。。

お教えいただいたマインドマップは、その名の通り、心を投射する地図です。


僕自身は、大学を終えてカナダのプリンスエドワード島(言わずと知れた「赤毛のアン」ですよ!)に語学留学しているときに、ノバスコッシアのキース・ビールブルワリーの演劇で主役をやっていた本当に本当にきれいなお姉さまにマインドマップ(みたいなもの)を教えていただいたんです。


自由にやりたいことを書いてみて!って言われました。

marryという文字もあったように記憶くしています。


家から離れて初めて、そういう文字を書けたこと自体に感動していたように記憶しています。


しかも、プリンスエドワード島だし。。。



川村先生からマインドマップを改めて教えていただいて、その時の記憶がよみがえっていました。


ちょっと、遅咲きの初恋っぽい感じでしたね。。。



だから、つまり、僕自身は、TVや雑誌のことはよくわからないですが、


こうやって、人のためにいろいろと頑張ろうとしている川村先生は、


きっと、幸せになるし、良いお嫁さんになると思いましたよ。


と余計なお世話すみません。。。



■ かぐや姫の『期限』か・・・。


そんな感じで、川村先生にマインドマップで過去と未来を分けてなりたい自分を 『期限』 をつけて書き出していく方法を教えてもらいました。


マインドマップの中に現在・過去・未来という時間の流れを表現するということを初めて教えていただき、とても興味深く感謝してます。


川村先生は自分のとても素敵な白いお洋服が汚れるのも気にせず、一生懸命にホワイトボードにマインドマップを書いてくださいました。


大変有難かったです。


ただ、そのお話しを拝聴していて、私は、本当に申し訳ないのですが、頭の4分の3くらいでは、別のことを考えていました。


私は未熟なので別のことを考えたことがすぐ、表に出てしまいます。


川村先生にもそういうシグナルは伝わっていたようで、スミマセンです。。。


でも、引っかかったことを隠しておくほど器用な生き方をしてきていないのと、したくもなかったりするので、相手を傷つけない範囲ではやむを得ないかと思っています。


で、僕が引っかかっていたのは、川村先生が


「目標に 『期限』 を」


とおっしゃったことです。




『川村先生はかぐや姫なので、月に帰る「期限」があるんだろうなぁ。。。』




とふと思いながらも、




かぐや姫には 『 期 限 』 という言葉は似合わないんじゃないかなぁ。。。



とか、思ったりしていました。


結構、『期限』という言葉が、気になっていて、川村先生との面談の後、10日間ぐらい考えました。


もちろん、ずっとそのことばかり考えていたわけではないですけど。。。


ちょこちょこは考えていました。


で、


やっぱり、


どうしても、


ど~しても、


腑に落ちない。。。!


という結論になりました。


だって、




川村先生に『期限』なんてないでしょう?




正直に話せば、川村先生のお話を聴いているときに、


川村先生にマインドマップをお伝えされた方がいるとしたら、どうして『期限』という言葉が川村先生の口から出てくるような形で、川村先生に方法をお伝えされたのかなぁ、、、


と、ちょっとそのお伝えされた方の悪意(「故意」とか「知ってて」とか「そうなることが予測できたのにもかかわらず」って感じの意味です。感情論は含んでません。。。分かりにくくてスミマセン。)を感じてました。


だから、話しに集中できず、川村先生に嫌な思いをさせてしまったかなぁと思います。。。


トニー・プザンから「期限」という言葉は出てきていないはずです。


夢や目標に「日付を打つ」ということと、「期限を付す」ということは、その後全く別の展開になるような気がします。



~ 夢に日付を ~



そんな風が、かぐや姫っぽくて。。。



細かいことを気にしてすみません。


こういう細かいことが、すっごく気になるたちなのです。


こまったものです。。。


でも、



人間に『期限』なんてない!



だから、



川村先生にも『期限』なんてない!



と、どうしても、お伝えしたかったのですね。。。


伝えるべきかどうか迷っていて、結局、直接は伝えないという選択をしました。


その上で、


「自分の場合は流れで・・・」


と、間接的な差しさわりのない形をとることにしました。


いくじがない、優柔不断、甲斐性なし。。。


こういう時、ちゃんとズバッと「伝えられる人」がうらやましいです。。。



■ 中崎式「幸せ記憶法」練習ノート編





テーマ:

中小企業診断士受験生の皆様へ



ブログをお読み頂き誠にありがとうございます。


心より感謝申し上げます。


いよいよ明日から診断士の試験が始まります。


初日は4科目5時間に及ぶ長丁場です。


今日はゆっくりと寝てください。


もし中々寝付けなくても、部屋を暗くして目を閉じるだけで、十分疲れは回復します。


一睡も出来なかったとしても、大丈夫です。


自分自身に「ちゃんと休めたね。最後まで頑張ろうね、」と語りかけてあげてください。


潜在する自分が皆様を助けてくれます。


そして、少し糖分を多めに取ってください。


気力が充実してきます。


頑張ってくれた自分に感謝しながら、淡々と問題をこなしていってください。


試験の場にあるのは、自分と問題とそれを包むように存在する空間だけです。


他人は介在しません。


多くの方が会場にいるのに、皆様が感ずべき宇宙は自分と問題とそれを包み込む空間だけです。


試験はちょっとした神秘だと私は考えています。


この人間社会でその場にいる他の多くの人たちの存在を無に出来る空間は試験会場だけといってよいのではないでしょうか。


何が言いたいのかというと、


神秘的な空間にいる自分を感じてみて欲しいということです。


そうすると、少し時間の流れがゆっくりとなります。


ゆっくりとした時間を感じられれば、穏やかな気持ちで肢を切ることが出来ます。


周りのことが気になりそうになったら、一度深呼吸をして、2秒で良いので、問題用紙に向かって微笑みかけてみてください。


自分の周りに綺麗な雪が降っているシチュエーションをイメージ出来るとなお良いです。


雑音が消えてくれます。


皆様がきっとこの肢だなと感じた肢が皆様の正解です。


悩まないでください。


試験会場で皆様が作り出した神秘的な空間では皆様が正解者です。


少し抽象的なお話しになりましたことをお詫び申し上げます。


是非、体調に気をつけて、頑張ってください。



中崎 一樹

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス