H30慶應湘南藤沢中学・国語第1・2問の解説をさせて頂きました!目黒慶應研究会・目黒中崎塾 | 目黒慶應研究会(目黒教室・市が尾教室)のブログ

目黒慶應研究会(目黒教室・市が尾教室)のブログ

慶應内部進学者のために内部進学者が経営する塾です。明治大学付属中野→慶應義塾高等学校→アサヒビール株式会社→早稲田大学大学院→独立開業して現在に至ります。やはり慶應は素晴らしいと感じています。慶應生の独立自尊を応援します。


テーマ:

 

いつもお支え頂き心より感謝申し上げます。

今日も朝から沢山の生徒たちと学ぶことができておりますこと心より感謝申し上げます。

 

生徒達とよく話すんですけど、

 

うまくいっていることをけいぞくすること

 

って難しいです。

 

単語帳を写経し、覚え始めたんだけど、少し成果が見え始めたところで、別のことをやってしまう。

問題集1冊を決めて数学の問題に取り組みだしたんだけど、あと少しで成果が表面化しそうになっているところで、投げ出してしまう。

 

逆に、

 

うまくいっていないことをつづけること

 

って簡単です。

 

全然成果が出ていないのに、ひたすら定期テストの過去問にしがみついてしまう。

ありもしない楽して効率的に学力を向上させるという教材を探し続けてしまう。

 

なんでだろうなーって思います。

 

一つは、人間が本能的に持っている

 

破壊衝動

 

なのかもしれません。

 

今回解説させていただいているSFC中等部の国語の問題の第2問に

 

「創造と破壊」 「場の共有と個性の発揮」、ひいては、命の在り方

 

を問う問題のようにも感じられました。

 

 

 

 

破壊することを避けていては、せっかく育てたものを食すことはできない。でも、破壊し続けてしまってはいずれ我々自身が破滅してしまう。

 

ではどうしたらいいのか。

 

宗教的な言葉に聞こえてしまうかもしれませんが、私自身は

 

感謝する

 

ことかな、と思っています。

 

有難い物事、事象に対する感謝の念を持ち、一度その場を離れ、自分の心と向き合う時間を作る。なぜ破壊しなればいけないのか、己が何を恐れているのか、本当に恐れるべき現状がそこにあるのか、そういう意味で一人になる時間って大切なのかもしれません。

 

SFC中等部の問題は、簡単といえば簡単な問題なのですが、人生に対するメッセージが込められた良い問題たと思います。テクニックやシステムとして解(と)いてしまうのではなく、感受性で解(ほど)くように解いていってほしいなと思います。

 

以上です。

お読みいただき心より感謝申し上げます。

 

 

中崎一樹

 

優良家庭教師紹介所 : https://nakazaki-juku.com/

目黒中崎塾HP   : http://meguro-nakazaki.com/
目黒慶應研究会HP : http://meguro-keio.com/

市が尾慶應研究会HP : https://sites.google.com/view/ichigao
目黒中崎塾家庭教師グループHP
https://sites.google.com/view/meguken...
目黒中崎塾・幼児/児童教育サポートセンター
https://sites.google.com/view/meguken...
目黒中崎塾生涯教育サポートセンター
https://sites.google.com/view/meguken...
目黒中崎塾blog   : http://ameblo.jp/meguken-goukaku
目黒慶應研究会blog : http://ameblo.jp/meguken-keio
twitter                        :  http://twitter.com/nakazakikazuki

 

 

 

 

慶應生・慶應を目指す皆様はこちらへ~目黒慶應研究会~さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります