病院で珈琲タイム | 美沢めぐみ セカンド ブログ

美沢めぐみ セカンド ブログ

美沢めぐみ水里のブログに投稿していましたが、IDとパスワードを忘れて、行けなくなりました。よって、こちらに、投稿を開始致します。

昨日は、朝方寝たと思ったら、どうした事か?ひたすら寝てしまって、夜の8時過ぎに、電話が来て、起きた。母の病院に、行こうと思っていたのに、面会は夜の7時まで。とうに過ぎてしまった。仕方ない。疲れているんだな。初めての食事が、夕飯だった。夕飯の後はまた、大掃除。今度は居間の大掃除を始めてしまった。身体を壊すから、24時までにしとこ。と思ったが、又エスカレートしてしまった。

額縁に付いた蜘蛛の巣や、天井の蜘蛛の巣。椅子に昇り、小型の掃除機を片手で持ち上げて、吸引する。みるみる綺麗になってゆくのが、楽しい。掃除し甲斐がある部屋だ。ひとつとして片付いている部屋がない。それが、ひとつ、ひとつ片付いてゆく。

23時半頃になって弟が、2階から降りて来た。「そろそろ私は寝ますんで、宜しくね〜。」寝るから、掃除機の音が煩いから、お静かにって意味なんでしょ。「分かった。後10分ね。きりがつくから。」沢山飾ってある感謝状や、カラオケ等の表彰状を綺麗にし、最後にあまり使ってない古いへんてこなエアコンの外部の埃を掃除機で、吸いたかった。

寝静まってしまったら、こっちのもの。と、暫くは、雑巾でタンスやタンスの上を拭き取る作業。隣の奥の部屋に移ったら、そこは、2階の私の部屋の下だから、掃除機かけても、音は響かないだろう。と、掃除機をかけ始めた。広い範囲を念入りに掃除機するのではなく、まず、ブラシで、1ヶ所に埃を集めてから、一気に掃除機で吸う方法をとった。万が一、掃除機の音が煩いと言われたら、困るからだ。親しき仲にも礼儀ありかな?(ちっとも、親しくないが。ただ昔から、知ってると言うだけ。小さい時から、喧嘩ばかり。馬が合わないんだろうな。同じ母親の胎内から、産まれてもネ。) 

憎たらしい弟だが、最近は、昔の出来事が、思い出されてならない。昔、私は学校で、虐めに合い、家では、3つ下の弟を虐めていた。弟は、学校で同級生の女の子を虐め、その虐められた女の子のお兄さんから、私が虐められた。正にどんどん巡り。

小学校の時に、私はオルガンを。弟は、自転車を買ってもらったのに、真面目にオルガンをしないで、弟の自転車を取り上げては、乗り回していて、挙げ句の果てには、当時住んでいた東京都東村山市から、母の勤める所沢まで、私は自転車に乗り、弟は後から走らせた。「お姉ちゃん、待ってよ〜。」と、泣きながら、付いて来た。あの頃は、ちっとも、悪い事だとも、可哀想だとも、思わなかったのに、今は不憫(ふびん)でならない。

罪滅ぼしと云う訳ではないが、母が入院した今、家に居る時は、夕飯作りをしている。まあ、大したものは、作れないが。今日は、カレーを作って出て来た。買い置きは、バーモントカレーしかなかった。しかも、最初は、気がつかなかったが、甘口が2個しか見当たらなかった。甘口じゃあな。やっぱりカレーは、辛いからカレーなのだから、中辛が良い。バーモントカレーは、今は亡き、西城秀樹さんが、コマーシャルしていたのは良いが、やっぱり、カレーは、ジャワに限る。ジャワの中辛。

よく見たら、使いかけのルウ(半分残り)が2つあった。どちらもバーモントの中辛。中辛ならまだ良いか。暑くて買い物に出るのも、かったるい。ジャガイモと人参はあった。お肉は鶏肉が冷凍庫にあった。だが、玉ねぎが少ししかない。そこでネギを刻んで冷凍してあった、納豆の薬味に使う為に、保管しといた物で代用した。

4時過ぎに、病院に行くと、母は気持ち良く眠っていた。だから、私は売店近くの休憩所で、アイスタイムに、珈琲タイム。滅多にアイスは、食べない私だが、この暑さ。


150円だって。レジで高い〜と思ったが、1個辺りに換算すると、25円。安い〜と思った。珈琲は、一番高いのをチョイス。高いと言っても、自販機だからね。250円。砂糖もミルクも、珈琲の濃さも、マックスを選択。欲張りな私。


たまには、こんな、ゆったりした時間も良いな。そろそろ母が起きたかな?