シャンプーは正しくやらないと逆効果!覚えていて欲しい5つの事 | 駒沢大学駅 美容室mi-naミーナ 中村めぐみのブログ

駒沢大学駅 美容室mi-naミーナ 中村めぐみのブログ

田園都市線 駒沢大学駅徒歩1分 セットアップが超得意!美容室ミーナ「mi-na produced by Tominaga」 店長中村めぐみの気まぐれブログ


テーマ:
駒沢大学駅の美容室ミーナ店長なかむらです(@megumich_mina)

突然ですが、正しいシャンプーできてますか?
「毎日シャンプーしてるよ!」「ちゃんと洗ってるよ!」
…って答えが帰ってくるでしょう。

では、果たしてそのシャンプーは“正しく”できてますか?
答えはきっと「?」かもしれません。

シャンプーには界面活性剤といういわゆる“洗うための成分”が入っています。
食器洗剤にも洗濯洗剤にも入っています。
これは油分を分解したりキレイにしたりするものです。
だから、シャンプーで洗えば皮脂も取れれば整髪料も取ってくれます。

ただ間違ったシャンプーをすると、キレイになるどころかかえって頭皮や髪の毛に良くないのです。


正しいシャンプーでツヤツヤにしましょう!

正しいシャンプーは髪を濡らす前から始まっている。

では、その「正しいシャンプー」とは何ぞやという事で、覚えていて欲しい5つの事をご紹介します!

①ブラッシングをしましょう。
まず、髪を濡らす前にブラッシングをしましょう。
静電気を起こさない猪や馬の動物の毛のブラシがおすすめです。
毛先のもつれを取り、地肌もブラッシング。
そうする事で日中付いた汚れや目に見えないホコリが取れます。

②髪を濡らす時は地肌をよく流しましょう。
髪をただ濡らすだけではダメです。
地肌を指の腹でゴシゴシ(強くやったり爪を立ててはいけません)しながら濡らせばそれだけでも結構な汚れが流れていきます。

③シャンプーは付けすぎない
ついムクムクの泡で洗いたくなります。
でも付け過ぎ厳禁!!
ポンプ1プッシュで充分です。
しかし、整髪料を付けていたり風邪ひいて洗えなかったなんて時は全く泡立ちません。
なので、その時はシャンプーを付け足すのではなく、1度軽く流しましょう。
そして2度洗い。
この時もたくさんのシャンプーを付ける必要はなく、1度シャンプーを流したおかげでたくさんのシャンプーでなくても泡立ち抜群になるでしょう。
そして洗うのは“地肌”!

④嫌になる程しっかりすすぐ。
ここが1番大事です!
シャンプーが地肌に残っていると、それは「汚れ」になってしまうからです。
シャワーを上から当てて流すだけだと表面しか流せていません。
手のひらで地肌にお湯を溜めながら流すと対流がおきて地肌のシャンプーも流してくれます。
美容室でチャプチャプやっているのはこの為です。

⑤コンディショナーは髪の毛だけに付ける。
絶体に根元からベターっと付けてはいけません。
これが難しければ、コンディショナーを付けずにタオルドライをしてとかした後、米粒1つ位を手によく伸ばして毛先を撫でてあげれば充分です。

なんか文章にするととても大変そうに見えますが、いつものシャンプーを少し気を付けてもらうだけです!

大事なのは地肌!!!
覚えていてくださいね!



日本ヘナ協会認定店
電子トリートメント正規取扱店
電子トリートメント普及委員会
エグータム正規取扱店

駒沢大学駅 西口徒歩2分
美容室ミーナ
03-3421-4604
ご予約はお電話でお待ちしております!

なかむらさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス