運が悪いときは宝くじを買え! | 幸運を導く「占いのトリセツ」

幸運を導く「占いのトリセツ」

東京新宿にある占いのお店メグーア、代表のクーアのブログ。

*****************

 

 

パワーストーンショップメグーア

 

 

 

 

Twitterもやってます

よく、たわいもないことつぶやいてます。

 

 

 

image

大アルカナ 22枚

 

¥2,700(送料込)

 

配達方法は郵送になります。

(店頭での受け取りも可能)

ご注文はこちら

 

クーアタロットの使い方・占い方法はコチラ

 

 

*****************

 

「金運がいい」というと、

「宝くじ当たるかな?」と言う人がいます。

 

 

宝くじ運というのは、占いでは「事故り運」なので、

運が良いときには、宝くじは当たりにくいのです。

 

 

運が良いときというのは、仕事も問題なくこなせたり、

穏やかに過ごせるとき、すべてにおいて順調なのです。

 

 

逆に、宝くじに当たるようなときというのは、アクシデント続き、

どん底のときに当たりやすかったりします。

 

「車にぶつかって骨折しちゃったのよ~」なんか最近ついてないな。

というときこそ、宝くじを買うべき。

 

 

現状は良くないかもしれませんが、

宝くじを買うなら、すっごく良いときです。

 

 

以前、テレビかどこかで見たのですが、

事故ってボロボロのとき、宝くじをかったら当たった、

という人がいました。

 

当選したと、申し出たら「事故って宝くじが当たる人って多いんですよ」

と言われたそうです。

 

 

同じような人が何人もいた、ということなんでしょうね。

 

 

私も、実際にどん底のときに競馬で勝って、

借金が返せた。という人に会ったことがあります。

 

 

大きく当たるには、もともと「あぶく銭運」というのがなければ当たらないので、

すべての人には当てはまるわけではないですが、

なくても小さくは当たるかもしれません。

 

 

ちなみに、「あぶく銭運」をもっている人の特徴というのは、

人生が波乱万丈、水商売や芸能関係など、水ものの商売で上手くいっている。

破天荒な性格、お金を大きく使うなどがあります。

 

 

そして、もしも当たったら、自分だけのためでなく

困っている人のため、に使うことで変なことが起こらなくなります。

 

 

当たる人は、何度も当たりますが

だれかのため、必要としているところに使っていれば

破産したり、詐欺にあうことはなくなります。

 

お金はクッションの役割をしてくれて、

悪い事を吸収してくれるんです。

 

 

++++++++++++++++++++++

 

書いた瞬間から叶い始めるテキストブック♡

PDFファイル 全47ページのテキストブックです。

 

⇒詳細はこちら

 

【関連記事】

 

-本気で「決める」と願いが叶いはじめる

 

-願望達成!イメージトレーニングのトレーニング

 

AD