価値のない人間とは | 幸運を導く「占いのトリセツ」

幸運を導く「占いのトリセツ」

東京新宿にある占いのお店メグーア、代表のクーアのブログ。


テーマ:



以前、どこかの動画で、

「価値のない人間と食事しても時間の無駄」

と語っていた人がいました。

 

 

その人の言う、

「価値のない人間」

とは、話の流れでいくと、

 

 

・一緒にいてもエネルギーだけ取られて、何も学ぶところがない人。

・お金持ちでない人。

・自分の得にならない人。

・大きな事を成し遂げたことのない人。

・経験が少ない人。

 

 

こんな感じの意味で言っているのだと、

私は解釈しました。

 

 

でも、これはその人が感じる

価値のない人間。

 

 

では、価値のある人間というのはどんな人間なんだろうと、

 

 

自分が思う価値のある人間とは絶対的に、

 

 

何かを生み出すことができる人たち。

超一流の技術を持っている人たち。

 

 

マンガ家でも、デザイナーでも小説家でも。

創作能力の高い芸術家たち。

 

家具職人、食品、物づくりをする人たち。

 

 

何かを超一流の技術で生産する人たちが、

もっとも価値のある人間だと思っています。

 

 

そんな人たちがいるからこそ、

私たちは、感動したり、楽しんだり

ときには、夢を与えてもらったり、

心も体も豊かにしてもらうことができます。

 

 

感情をおもいっきり味わえることができるからこそ

私たちを人間らしくしてくれるのだと思います。

 

 

だから、私にとって何も生み出さないお金持ちは、

価値のない人間になります。

 

 

金融、不動産で儲けていたって、

それは自分たちが生み出しているわけではないので、

私にとってはすごくないのです。



 

それが、神業的、伝説的なくらいスキルがあったら別ですけれど、



ただ、人間の価値とは仕事だけでは決めつけられないとも思うので、性格的に素晴らしい人もいるでしょう。



 

みなさんの思う、価値ある人間とはどんな人たちでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Cooa(クーア)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス