ニコニコご訪問いただきありがとうございますニコニコ

 

おうちオタクでDIYアドバイザー

インテリアコーディネーターの資格を持つ

 

恵比寿の断捨離トレーナー講習生

メギーですニコニコ

(詳しいプロフィールはこちら

 

本日は第二回

断捨離トレーナー講習

 

講習の後、全員で宴会!

そして、レインボーさん我が家にお泊まり爆笑

 

というわけで、深夜もう3時です!

トーク炸裂爆  笑

 

子育てのこと、これからのこと、

色々としゃべりまくりでございました。

 

 

同じ思春期の息子を持つ母親同士。

息子との関係に苦悩し、

それでも何らかの光が見えて来たのは、

 

パラダイムシフトが起こったからキラキラ

 

(課題図書である「7つの習慣」P25より

下記写真内容をぜひお読みください)

 

本日、断捨離トレーナー講習にて

私たち断捨離トレーナー講習生に必要な事は、

 

クライアントさんが

パラダイムシフトを起こせるよう

に導くこと。それが仕事。

 

そう、やました先生から教わった。

ここは本質的な部分。ブレてはいけない。

 

 

実は私もレインボーさんも

道山ケイ先生の思春期の子育て法と

断捨離でパラダイムシフトが起こった同胞?!

 

 

実は道山先生のこのマニュアルも

「7つの習慣」がベースになっており、

何度も繰り返し読むことを提案されてます。

 

やはり普遍的な事というのは、

どの分野でも対応可能なのだと改めて思います。

 

レインボーさんと特に話をしていたのは、

「子どもを甘やかす事」について。

 

問題行動の根源は「愛情不足」

 

それまでの私の概念では、

 

子どもを甘やかしてはいけない

キチンと躾けなくてはならない。

自立させるために、苦言は必要。

 

書き出したらキリがありません。

そんな風に思っていました。

 

でも子育て法に出会って、

 

しっかり親に甘えることができた子は

結果的に早く自立するなんて・・・

 

これは私にとってショーゲキ的で

実は自分の生きて来た人生そのものが

足元から崩れるくらいのショックでした。

 

私も叱られ、厳しく育てられた身。

 

「それが親からの愛情だったのだ」

 

と思うことで自分を

納得させていたのだと思います。

 

事実私自身が、今尚親への甘えが

足りなかったためにサバイバル中なのです。

 

「過干渉」と「過保護」についても

マニュアルで学びました。

 

私は「過干渉」タイプでした。

両極端であるほど、本質は近い。

 

結局、子どもをコントロールしようとし、

彼らの力を奪ってしまうのです。

 

詳細は過去記事ご覧ください。

子育て法で意識改革中(2018.3.23)

内容レポート(2018.6.10)

 

この度、ようやく2回目が終了し、

3回目にエントリーしようと思います。

 

道山ケイ公式ホームページ

 

 

もうお一方ご紹介したい先生。

 

飯田先生の「聴き方」セミナー

にも一緒に行って来ました。

 

その時の記事はコチラ

聴き方セミナーに参加

 

話を聞く時、

つい何度も念を押してしまったり

(信頼していない)、

意見してしまったり(命令)という

「母親あるある」を具体的に解説

 

日々普通にやってしまいがちなことを

具体的に説明され痛い痛い!

 

ツボと同じで「痛い」ことは

効くということ・・・

 

いずれにせよ、

 

今まで正しいと思い込んでいた

概念がひっくり返る時、

ダウン

目の前の事実が全く違って見える

ダウン

違って見えるから対応が変わる

ダウン

結果、物事の成り行きが変わる

 

ただそれだけの事なんだ・・・

 

そんな風に淡々と思えるように

なって来たのは自分でも驚きです。

 

そしてそのためには、

 

子どもの言動で自分の感情を

振り回されないよう

「自分のご機嫌は自分でとる!」

ダウン

断捨離で「ご機嫌空間」を

自分のために与えていく!

 

まだまだ上手く伝えれませんが、

少しでもお役に立てたら幸いです。

 

お願いお読みいただきありがとうございましたお願い

 

この記事が良かったと思ったら

断捨離バナークリックしてね

下差し     

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離トレーナーへ 

にほんブログ村 にほんブログ村 

       上差し

断捨離トレーナー・講習生のブログは

コチラからまとめてご覧いただけます♪

 

あなたの応援が励みになっています

お願い にほんブログ村に参加中 お願い