夫婦別寝室の是非 | 快適な終の棲家を

快適な終の棲家を

家づくりの記録


テーマ:

20代の頃に建てた旧居は、ごく一般的なよくある間取りの4LDKでした。
4LDKの「4」とは、1階の和室(客間)、2階の子供室×2と主寝室の4部屋です。

 

子育てを終え、リタイアまで数年となった50代夫婦二人暮らしが建て替えた家は、3LDK。

 

まず、1階の和室(客間)は不要なので、設けませんでした。
来客があれば、ダイニングスペースに通します。

 

成人した子どもたちは巣立ったので、子ども室も不要なのですが、帰省して泊まることもあるので、予備室として2階に和室をつくりました。

 

結果、3LDKの「3」は、
泊り客のための予備室
夫の個室
妻の個室
です。

 というわけで、我が家は夫婦別寝室です。

→過去記事: 「家庭内別居」という選択
 

あるリフォーム会社の研究で、「50~60代の夫婦は5割が別寝室を望む」という報告がありました。
「あ~やっぱりね」と(笑)。

 

いや、しつこいようですが、仲が悪いわけではないんですよ爆  笑
↑の記事にも書きましたが、「就寝時間帯の違い」「お互いのイビキ」により、別寝室の方が夫婦円満・家庭平和につながっているのですニヤリ

「夏場の冷房設定温度問題」で別寝にするご夫婦もあるようです(あるある?)。

 

安眠できるだけでなく、自分だけの個室があることによって、ひとりの時間を楽しめる=ストレス解消というメリットもあります。

 

一方でデメリットもあります。
それは、「相手の異変に気付きにくい」ということです。
この年になると、健康上いつ何が起こるか分からない不安もありますからね。

 

今のところ二人とも健康体なのでしばらくは現状維持ですが、将来的には、2階のベッドを1階に移動させることも視野に入れています(介護も含め)。

 

あと、別寝室は若い人には積極的に推奨しません。
夫婦の距離が離れる可能性がないとも言いきれないのでね(笑)。

 

少なくとも我々夫婦にとってはすこぶる快適ですニヤリ

 

 

 

こちらでもブログを連載しています。

↑もしお時間ありましたらクリックお願いします。

 

 

 

 にほんブログ村テーマ Louis Poulsen ルイスポールセンへ

新築一戸建て

 

ねこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス