布団収納としての押入れへのこだわり | 快適な終の棲家を

快適な終の棲家を

家づくりの記録


テーマ:

布団を収納するための押入れが2カ所あります。
1階に1カ所、2階に1カ所。
どちらも、幅は芯々で1200mm、開き戸です。

 

1階

2階


※下部はオープンにしました。
→過去記事:小ぶりな和室の狭さを感じさせないために
 

一般的な1間幅で引き違い戸の押入れはつくりませんでした。
これは、旧居でも同じです。

 

というのは、1間幅の押入れは、戸を開けたときの有効幅が案外狭く(80cmくらい?)、布団の出し入れがしにくいのです。

 (画像お借りしました)

 

布団を一旦折り曲げた状態で出し入れしなくてはなりません。

ラクラクと布団の出し入れができるように、幅1200mm&開き戸でお願いしました。
開き戸なら全開できますし、布団を折り曲げなくても済みます。

 

我々夫婦はベッドを使っていますので、掛け・敷きセットの布団は客用の2組のみ。
冬用の羽毛布団はかさばりますが、使わないときはクリーニングに出し、そのまま保管もお願いしていますので、押入れに入れることはほぼありません。
→過去記事:
引っ越し直前に布団クリーニング
エアコン(暖房)切りました&冬布団を仕舞うタイミング

 

 

なので、2カ所の押入れも余裕があり、布団の出し入れも簡単だし、布団以外の物(扇風機や布団乾燥機など)も収納しちゃってます。

 

 

 

 

こちらでもブログを連載しています。

↑もしお時間ありましたらクリックお願いします。

 

 

 

にほんブログ村テーマ 押入れ~クローゼットの収納へ
押入れ~クローゼットの収納

 にほんブログ村テーマ web内覧会*収納・クローゼット♪へ
web内覧会*収納・クローゼット♪

にほんブログ村テーマ マイホームの収納計画へ
マイホームの収納計画

 にほんブログ村テーマ Louis Poulsen ルイスポールセンへ

新築一戸建て

 

ねこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス