セックス博物館で『セックス関連特許展』が開催中 らしい‥ | はい、グラビアで満足!日記
2005-06-22 18:34:52

セックス博物館で『セックス関連特許展』が開催中 らしい‥

テーマ:ブログ

Yahoo!コンピュータニュース - 6月22日(水)17時22分 より

セックス博物館って(笑 しかもコンピューターニュース?

いやー面白いですね。飯島愛もびっくりかな?


セックス博物館で『セックス関連特許展』が開催中(下)

  http://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20050621204.html (6/21から続く)

 私はこの特許展についてもっと知りたいと思ってセックス博物館に立ち寄ったが、2時間ほど過ごしてみて、セックス博物館は、テクノロジーがよくわかっているのが理解できた。実際、展示品の多くはさまざまな意味でテクノロジーを扱っており、民主党のアル・ゴア氏がインターネットの生みの親だなどと自称するずっと前から、セックスとテクノロジーは切っても切れない関係にあったのだということを、あらためて実感させられた。

 たとえば、展示品の1つ、 http://www.wired.com/news/images/manual/sexdrive_0617_3.html 『スタッグズ・スモーカーズ・アンド・ブルームービーズ』(写真)はビンテージポルノの愛好家にとっては夢のような作品であるばかりではなく、映画の歴史の一面を示す証しでもある。照明を落とした展示室では、通常通り垂直に吊るされたスクリーンや、さまざまな高さの平らなテーブルの上にモノクロ映画が映し出されていて、鑑賞にとどまらず自分も作品の一部になったような気分が味わえる。

 上映されるポルノにも本当に驚かされるものがある。たとえば、映像のフレームの間に会話を記した文章が挿入された無声映画などだ。照明はお粗末で、役者は指示を求めて絶えずカメラ以外のところに目を向ける。

 アニメの短編映画が1本とゲイ映画が1本ある。さらに、映画技術は変化しても、セックスはさほど変わっていないことを証明するような作品も何本かある。

 また、『 http://www.museumofsex.com/USAmap/ マッピング・セックス・イン・アメリカ』――これも博物館内とオンラインで同時公開されている――は、博物館の訪問者から性体験の話を収集し、その場所を地図上にマッピングしたものだ。地図上の点をクリックすると、初めてのレズピアン体験や、ある男性の見知らぬ相手とのフェラチオ体験、10代の処女(童貞)喪失体験などが表示される。

 これまでのところ、体験談はニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シカゴ、マイアミに集中している。最終的に地図上が点で埋め尽くされれば、近所の人が買ったばかりのSUV(スポーツタイプ多目的車)の中で何をやっていたのか、米国に住む他の人たちと比べて自分の体験談はどうなのかがわかるようになる。

 常設展示品のなかで私が気に入ったものの1つに、各時代の性教育ビデオを集めたものがある。淋病、10代の妊娠、きちんとした少女が性悪の少年と長い時間2人でいたらどんな結果を招くか、十分に警告してもらった。

 セックス博物館では、写真やイラスト、彫刻、器具やビデオなど、 http://www.wired.com/news/images/manual/sexdrive_0617_5.html 刺激的なものをたくさん目にする(写真)が、ここはポルノ博物館ではない。ミュージアムショップの店員から広報担当者、バルマー氏まで、私が話を聞いた博物館の関係者はみな、ここの本来の使命が、歴史的、学術的視点に根差した性知識の伝達であることを強調していた。

 確かに学べたものがあると思う。セックスを巡る事情が変わってきたことと、その理由や過程を知ったというのがまず1つ。さらに、1960年代以前の事物を実際に見られたのも、もう1つの収穫だった。

 性を抑圧する装具が物語る残酷さには背筋が凍る。また、学校の保健の時間用の映画に出てくる、完全に間違っている、あるいは誤解を招きかねない性情報は、 http://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20041116203.html 今日の「禁欲教育」(日本語版記事)に関しても興味深い視点を提供してくれる。

 女性のヌードが載った雑誌表紙を使ったコラージュは、何も身に付けていないヌードモデルたちの姿でもって、ファッションの移り変わりを教えてくれる。また、米国議会図書館で主閲覧室の管理者を務めていた http://www.gettingit.com/article/524 ラルフ・ウィッティントン氏が寄贈したポルノコレクションの巨大さにはあ然としてしまう。

 セックス博物館はペンシルベニア駅(ペン・ステーション)から800メートルほど歩いたマンハッタンのミッドタウンにある。履き慣れた靴を準備して、午後を費やしてゆっくり眺めてみたらいかがだろうか?

 では、また来週。
 レジーナ・リン

レジーナ・リンはまた読者と会えるのを喜んでいる。連絡をとりたい人は http://www.reginalynn.com セックス・ドライブ・フォーラム、あるいは直接電子メールで mailto:ginalynn@gmail.com?subject=MuseumofSex ginalynn@gmail.comまで。

[日本語版:緒方 亮/長谷 睦]日本語版関連記事

megastaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス