昨日いきなりですが、

ミニアルバムがデジタル配信リリースとなりました!


『MEGAHORN / Sunny Side-EP』





既に沢山の方からの「聴いたよ」というメッセージ。ありがとうございます!

それと拡散してくれる皆様や仲間たちに心から感謝です!

いきなりのリリースで、そこに向けてかなり無茶を言いました。皆様、急がせてすみません。イカくん、コフちゃん、コウノさん、浦田さん、魚住さん、ヤンさん、ワンくん、本当にありがとうございました。


ここ一年、暗い話も多いので、タイトル通り、明るく暖かい楽曲を収録しました。


簡単に楽曲を紹介させて頂きます。



1.あかしとあしあと


ライブの出だしでよく歌ってる曲です。アレンジャーに沖縄の音楽クリエーターのKUGANI。完全なるライブ仕様の楽曲です。


2.居場所


これも既にライブで歌ってますが、

今回はアニメーションでMusicVideoを制作しました。アニメーションは、以前、楽曲「寝ても覚めても」でお仕事をさせて頂いた魚住さん。彼の描くキャラクター「勇ましき毛無し(体毛がないフレンチブルドックの人面犬)」が、最初にお会いしたときにそのステッカーを頂いたって事もあるし、お互いの愛犬がフレンチブルドッグってこともあるし、とにかく気に入ってました。

『自分の居場所』。捉え方によっては重くなりそうなメッセージをライトかつPOPに映像で伝えてくれました。何度見ても飽きないし、もの凄く好きです!

納品の最後の最後まで、本当に細部まで拘って頂きました。この映像に込めたメッセージを、それぞれの解釈で捉えてくれたら嬉しいです。



3.冷奴


この曲は「冷奴」という漢字からの発想です。

時代が変わっても年齢を重ねても、それが格好悪いと言われようが熱さを持っていたいなって、もしかしたら自分自身を鼓舞する歌かもしれない。

冷奴ということで、ワンくん(102)が、インスタで挙げているワンオークッキングにあやかって映像をまたUPします。



4.ええ夜(CV:浦田哲也)


関西のイベントでよくお世話になっている浦田さんの楽曲のカバー曲。特にこの楽曲と浦田さんの人柄が大好きで、浦田さんご自身でまだこの楽曲をリリースはしてないのに、無理言って先にカバー曲としてリリースさせて貰いました。浦田さんの人柄同様に人情味に溢れ、情景が目に浮かぶリリック。しゃがれた哀愁のある声で歌う『ええ夜』のステージを観て何度も食らいました。

カバーさせて貰い、とても幸せです!いつか一緒に歌えたら嬉しいな。これからも宜しくお願いします!



最後に、ジャケットデザインは、カワノさん

Instagramで紹介頂きました。

楽曲とタイトルの明るいイメージに、躍動感と力強さがプラスされていて、凄く気に入ってます。ありがとうございました!