今日は老眼のお話 | メガネのキタダ店長日記

メガネのキタダ店長日記

店長の日常と、面白い発見をレポートしまーす


テーマ:

 

「老眼を掛けると老眼が進むのは本当か?」
という質問を受けることが良くあります。
あるいは、
「老眼が進むから老眼鏡は嫌だ」
という声も聞くことがあります。


それは全くの誤解です。

老眼鏡を掛けるから老眼が進むのではなく、

 

老眼は加齢とともに進行し、


そこに老眼鏡の使用・不使用は関与しません。

老眼は、ピント合わせの能力(調節力)の低下によって起こります。

 

調節力の低下は、水晶体の硬化によって起こります。

 

水晶体は次第に硬化していきます。

 

この加齢によって起こる過程に、老眼鏡は無関係です。

 

つまり、老眼は、老眼鏡を掛けても進行するし、

 

掛けなくても同じように進行するという事です。

 

それなら 毎日無理して裸眼で見ないで

 

早めに老眼鏡をかけた方が目のためには

 

イイのではないでしょうか?

 

 

メガネのキタダさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ